2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« おひさま 不定期観測メモ:第18週 | トップページ | チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第5回 女解剖医の復讐 »

2011年8月10日 (水)

胡桃の部屋 第3話

原作:向田邦子「隣の女」収録作品(文春文庫)

公式サイト

原作未読です。

ざっくりと感想。

お正月の爆発以来、家事をすることもなく、部屋に閉じこってしまった綾乃。
かと思えば、訪問販売の商品をバカ買いするなど、今や自分が不安定な状態にいることを隠そうとはしなくなりました。

忠の方は相変わらず、立て看持ちのアルバイトを続けていますが、自分のことも、家族のことも、これからどうする、という気持ちもなく。
節子については、恩義を感じているだけで、積極的な感情はありません。
ただ、全てから逃げて、世間を傍観しているだけです。

おでん屋が暇なので、お昼に化粧品の訪問販売を始めた節子。
忠宛に来た桃子の手紙を見て、住所を知り、発作的に・・・おそらくですが、三田村家を、訪問販売員として訪れます。
一人で留守番をしていた綾乃は、節子を家にあがらせ、フェイスマッサージをやってもらうことに。

今回の見所はこの、綾乃と節子のシーンでしょう。

はじめはおどおどしていた節子。自分の正体がばれないことを確信すると、マッサージをしながら探りを入れ始めます。
綾乃の醸し出す「良家の妻」の雰囲気に引け目と反発を感じる一方、憔悴した様子をみて、最近一緒に住むようになった人がいる、家で人が待っているっていいですね、と挑発。さらには、夫婦なんて紙切れ一枚じゃないですか、と。
その言葉に対して綾乃は。

たった紙切れ一枚。その紙切れが鉄板みたいのに硬い、そう信じたい、女なら。

節子の手がとまった瞬間、むっくり起き上がり、だまって振り向く綾乃。
怖いです。

自分の正体がばれたのか?!
とこへ桃子が帰ってきて、あわてて逃げ出す節子。

いやいや、節子さん、迫力負けです。正体を明かさず相手の家に上がりこむのもなぁ。思わずこんなことをしていまうほど、忠に対して執着心が湧いてきた、ということなのでしょう。

その後、錯乱する綾乃。節子の正体を知ったわけではないようです?

私の何が悪かったのか、自分のことは全部我慢してひたすら夫のために、家族のためにつくしてきたのに。
会社を辞めさせられた、ということだけで出て行くのか。

必死になだめる桃子。私たちにとっては最高のお母さんだよ。

今まで見たこともない、母の姿を見つめる、自分もまた夫の浮気に苦しむ長女、咲良。
錯乱した母を見たくないのか、家を出る、長男研太郎。

戻った節子は、忠にもう、出て行って欲しいと告げますが、忠のことを恋る気持ちに嘘はつけない。言われるとおり素直に出て行こうとする忠に追いすがり、いかないで、と。
その現場を見てしまった桃子。見られてしまった忠。

忠はこんな精神的に密度の濃い関係を求めていたわけではないはず。どうするのでしょうか。

一方、桃子は都築に慰められ、心を許していきますが・・・

もう一つはまりきれないのは、このお二人と忠以外の「胡桃の部屋」がまだ見えてこないところでしょうか。
あ、咲良はわかります。しかし、彼女の闇は最初から見えていたし、彼女のようなタイプは夫に愛人がいる、という嫉妬というか屈辱感を、妻であることの優越感で押さえ込もうとしている限り、救われないのだから、別れればいいんじゃない?と冷たく思えてしまって・・・(汗)

登場人物おのおのの心理について思うところは一杯あるのですが、それってドラマというより向田さんの作品についての感想になってしまう気がする。

桃子の「部屋」は来週、描かれるみたいです。

.

.

#1 #2

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« おひさま 不定期観測メモ:第18週 | トップページ | チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第5回 女解剖医の復讐 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□胡桃の部屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胡桃の部屋 第3話:

» 胡桃の部屋 第3話 [ドラマハンティングP2G]
第3話【不器用な愛】 総合テレビ 2011年8月9日 午後10時 再放送:総合テレビ 2011年8月16日 午前0時15分  父の忠(蟹江敬三)が失踪してから二か月が経った。母の綾乃(竹下景子)は、これまですべてを捧げつくしてきた忠がいなくなり、次第に平常心を失っていく。 一方…... [続きを読む]

» NHKドラマ10『向田邦子ドラマ「胡桃の部屋」』第3回 不器用な愛 [レベル999のgoo部屋]
『不器用な愛』 内容 父・忠(蟹江敬三)の失踪から数ヶ月。 桃子(松下奈緒)は、とあるスーパーに呼び出される。 姉・咲良(井川遥)が、万引きをしたという。 風邪でボーッとしていたというが。。。咲良の自宅へ送り届けた桃子は、 姉に“何か”があったと感じるのだっ...... [続きを読む]

« おひさま 不定期観測メモ:第18週 | トップページ | チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第5回 女解剖医の復讐 »

作品一覧