2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 江 姫たちの戦国史 第30話 | トップページ | ドン・キホーテ 第5話 »

2011年8月 8日 (月)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第24話 「愚かな地球人」

公式サイト

もう、このタイトルからして異端の匂いがプンプン。
ストーリーを書いても、雰囲気は伝わらないだろうな、と思いつつ。

ジェラシットは粗大ゴミから生ゴミへ格下げ?されてしまったジェラシットはたこ焼きに釣られてたこ焼き屋のペットになります。
美味しい顔のジェラシット、キュートです。効果的なCGの使い方でした。

さて、そこへすごく美味しいたこ焼き屋あるんです、という銀色君に連れられてやってきたゴーカイジャーたち。
ペットになっているジェラシットを見て、関わらない方がいい、と去ろうとしますが、そこへザンギャックのセンデン登場。
人間のペットになったジェラシットを見て、プライドがないのか、と怒り爆発、飼い主のたこ焼き屋を攻撃。
仕方がないので、戦うゴーカイジャーたち。

センデンは形勢不利と見るや、「逃げるタイプ」。
たこ焼き屋は、宇宙人をペットにするなんて、不遜だったと反省。
でも、そうするとジェラシットの行き場がない。
だったら弟子になればいい、というゴーカイジャーのアドバイスで「宇宙人初のたこ焼き屋」になる夢を持つジェラシット。

それでは、ということで、女手一つでたこ焼き屋を育てた母親に、ゴーカイジャー一同とともに挨拶にいくと・・・その女性はジェラシットを生ゴミ認定した人でした。
どうでもいいけれども、たこ焼き屋さん、いいおうちに住んでます。

おふくろさんは、宇宙人なんかたこ焼き屋になれない、と大反対。
理由は。
トイレにいっても手は洗わないし、歯も磨かないから。
そうそう、ブルーさんも宇宙人でした。

そこへ武器を手にし、大勢のゴーミンを引き連れたセンデンが再登場。
ジェラシットを生ゴミ扱いにしたおふくろさんに、地球人のくせに、と襲い掛かります。
そもそも粗大ゴミにしたのはザンギャックですけれども、都合の悪いことはなかったことに。
舞台は空き地へ。

ゴーカイジャーがゴーミンたちと戦う中、センデンの攻撃から身を挺しておふくろさんを救うジェラシット。
倒れて、今わの際の言葉を残しますが・・・ここで死ねればドラマチックなんだけど、と、実はピンピンしてました。
助けられたおふくろさんは、宇宙人に偏見を持っていてことをあやまります。「愚かな地球人でした。」

さて、センデンを撃退したゴーカイシャーは宇宙人たこ焼き屋開店を祝う花輪を持ってたこ焼き屋を訪れますが、ジェラシットの姿が見えません。
何処へ?と問うと。
「おふくろと駆け落ちした」
「えーっ!!」 ←自分も同時に叫びました(爆)。

どこかの温泉宿で楽しそうに働く二人の姿。
「あのね、あんた、実は・・・」
えーっ?
「あい・らぶ・ゆぅ~!」・・・て。(脱力笑)

ラストカットはひとりぼっちのたこ焼き屋と、遠くに去っていくゴーカイジャーの姿。

なんと言ったらいいのでしょう。
アイデアてんこ盛りのコメディ仕立てではありますが、間が微妙にスカスカというか、ゆるい演出。このゆるさが空間及び登場人物たちに微妙な歪みをもたらしていて、たまりませんでした。細かい部分も丁寧に作ってありました。

とにかくBGMがとても効果的。前回はリゴレットでしたが、今回はサティ。「熱海の捜査官」でも使われていた曲ですね。

ですので、白昼夢のようにも感じれました。

どこまでもシュール。さすが伝説の作家さんです。
前回の交通安全の回も凄かったけれども、今回はさらにコアだったように思います。
見終わった後、あまりの衝撃にしばらく呆然となってしまいました。

居眠るあほボン、ジェラシットをちらっと見ただけで手を引いたインサーン、無言でセンデンを巨大化するダマラス・・・
PR活動がチラシまきだったりするお間抜けなセンデンも良かったのですけれどもね。

結局たこ焼きは食べれなかったゴーカイジャー。

宇宙にはタコはいないだろう、いや、火星人がそれっぽい、でもそれでは火星人焼きになる・・・ってなんてくだらない。(激爆)

「お前、本当はすごく強いだろう。」ジェラシットの鼻をいじくるブルーさんと、「ふん」と、とぼけたジェラシットの間がすごく印象に残りました。

今回、ブルーさんの小さいけれども的確な突っ込みが多かったような気がする。

ジェラシット、これで引退でしょうか。再登場してくれないかなぁ。その時は・・・ジェラシットの子供が登場する?!(うわぁぁ)・・・

映画「アダムスファミリー」を思いだしちゃいました。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 江 姫たちの戦国史 第30話 | トップページ | ドン・キホーテ 第5話 »

△特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海賊戦隊ゴーカイジャー 第24話 「愚かな地球人」:

» 海賊戦隊ゴーカイジャー 第24話 愚かな地球人 [レベル999のgoo部屋]
『愚かな地球人』 内容 ザンギャックに粗大ゴミとして捨てられたジェラシット。 街のおばさん(大島蓉子)から生ゴミ扱いされ、、、 そんなとき、空腹のあまり見つけたのは、、、たこ焼き屋だった。 店主(宮崎吐夢)にたこ焼きを恵んでもらい、結局ジェラシットは“ペッ...... [続きを読む]

» ゴーカイジャー「愚かな地球人」 [blog mr]
新聞の省略タイトル「トンデモナイ地球人!?」。身も蓋もない。  メイン視聴者層置き去りのエピソード。  巨大戦があったのが不思議なくらい。 「駆け落ち」って。 「あほくさ」って感じで海賊が去っていくラストカットがすばらしい。  しかしながら、おふくろさんとの会見を仕切るマーベラスとか、センデンが攻撃を仕掛けようとすると素早く体勢を整えるゴーカイジャーの面々がなんともかっこよい。  ジョーの「お前、本当はすごく強いだろ」という台詞、伏線だと思っていいのかな。期待しちゃうぜ。最後に、自分の家族を守... [続きを読む]

« 江 姫たちの戦国史 第30話 | トップページ | ドン・キホーテ 第5話 »

作品一覧