2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ドン・キホーテ 第7話 | トップページ | 胡桃の部屋 第6話 最終回 »

2011年8月30日 (火)

おひさま 不定期観測メモ:第21週

公式サイト

先週、良子と仲良くなったと思ったら、もう、退職・・・ドラマの中では2年くらいたっているのですが、見ているほうとしては・・・ね。

陽子の後釜は、経理の仕事に就く事を熱望していたケイコでした。
人事も任されている良子さん、すごいー(棒)

振り返って見ると、1年間のできごとを第17週あたりから20週まで、おおよそ一ヶ月近くかけて描いていたわけです。
こんなに時間をかけて描かれた年は他になかったと思います。
ということは、ここ数週に渡って描かれた話が、製作者が伝えたかったことなのでしょうか。

全てが終わってからでないとなんとも言えませんが、今のところ、お話が停滞していた時期、としか思えません(滝汗)。

さて、内容は。
真知子が結婚。旦那さんは物凄く真面目そうな人でした。二人で会社を興したいとのこと。
どんな会社なのでしょうか?
生臭い話は決してしないのが、おひさまテイスト。

しかし大事な大事な一人娘が式を挙げないのをはじめ、なんにも頼ってくれないので、剛三、がっかり。
そうそう、剛三は代々のお金持ち出身だったんですね。それにしてはエネルギッシュです。だからこそ相馬家は没落しなくてもすんだのでしょう。
お金持ちゆえ、友人が出来なかった剛三。良一は始めてのお友だち。

一方育子はラジオで謎の大演説。
たまたま聞いた真知子さん。あ、NHKしかないからか。
この演説がもとでトラブルに巻き込まれるらしいのですが、さてはて。

「真知子さん」と「真知子」。ま、どちらでもいいです(冷)
言い習わした名前って、親しければ親しいほど、お互いの境遇がどうなっても変えれないし、変わらないところがいいんじゃないのかなぁ。

そして川辺で語る、皆の夢。
どこか違うところに住んでみたかった、という徳子の言葉と、あの水車小屋が今後に繋がるのでしょう。

そこへボロボロになったスナフキン、じゃない川原が登場。
金子さんはやはりダークサイドに落ちるのか・・・似合っていましたが。

茂樹はまだ元気@今の陽子

ほっとしました。たとえお医者さんになっていなくても、元気がなにより。

現代パート、房子と家族の関係などですが、落としどころは描かれるのでしょうか。

色々突っ込んでいますが、歴代の朝ドラの中では、普通に面白いと思います。
ただ、中盤くらいまでのクオリティーが異常に高かったので、落差が激しくって、ついついいぢわるなことを書いてしまうのです。
お許し下さいませ。

.

.

01 02 03、04 05 06 07 08 09 10 11 12 13、14 15 16 17 18 19 20

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ドン・キホーテ 第7話 | トップページ | 胡桃の部屋 第6話 最終回 »

□朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おひさま 不定期観測メモ:第21週:

« ドン・キホーテ 第7話 | トップページ | 胡桃の部屋 第6話 最終回 »

作品一覧