2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 胡桃の部屋 第1話 | トップページ | ブルドクター 第4話 »

2011年7月28日 (木)

チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第3回 偽りの死亡時刻

原作:「アリアドネの弾丸」(海堂尊著/宝島社刊)

公式サイト

原作未読です。

笹井の亡き父は高名な法医学教授だった。
北山審議官は20年前のDNA鑑定に頼った取調べで、冤罪を生んでしまっている。
父もその時の鑑定に関係しているらしい。
斑鳩は白鳥の過去について何かを掴んだらしい。

北山が、新しい技術に信頼をおけない理由がわかりました。また、過去を悔いていることも。
しかし、斑鳩はともすれば弱気になる北山に、これは個人の問題ではなく、警察全体の問題である、と言い切り、「警察の正義は絶対である」と、謝罪しません。
そんな北山を心配そうにみつめる宇佐見。

一方、田口は笹井の助手、須賀から法医学が冷遇されているについての愚痴を聞きだします。
笹井自身も、自分が法医学に進んだ時に父ががっかりしたことを語りますが・・・では何故笹井は法医学に進んだのでしょうか。

友野の死因を推測する部分は、本格ミステリーぽくって面白かったです。
冒頭の一酸化中毒による不幸な事故からの流れもスムーズだったと思います。

殺害方法はおおよそ断定できたものの、死体が焼かれてしまった、つまり証拠がなくなってしまったので捜査もできない。もう、終わった「事件」になってしまいました。
ならば、犯人の自供を引き出せばよい、と白鳥。

犯罪を見逃しているのではないか、不安になる、と、玉井。彼はそのためにもAIが必要だと思っている。
ぜひ生き延びて(汗)、これからもグッチー&白鳥のコンビをバックアップして欲しいものです。

新しい技術であるAIが欠点も包括していることを島津も自覚していることがより鮮明になってきました。
今回はグッチーの本来の専門職である特別愁訴外来らしい動きもみられました。
原作ではどうなっているのか知りませんが、このドラマではグッチーは完全にワトソンもしくはポワロものにおけるヘィスティングス役なので、これくらいでもいいんじゃないかな、と思いつつあります。

友野を殺害した犯人は誰なのか、その動機は?
謎は続く。

.

.

第1話 第2話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 胡桃の部屋 第1話 | トップページ | ブルドクター 第4話 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第3回 偽りの死亡時刻:

» チーム・バチスタ3 第3話 stage1-3 偽りの死亡時刻 [シーズンXX]
[フジテレビ] ブログ村キーワード ドラマ チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第3話 stage1-3 偽りの死亡時刻 あらすじ エンジニアのログイン履歴から死亡時刻に疑問を持つ白鳥とぐ ... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第3話 [レベル999のgoo部屋]
『偽りの死亡時刻 内容 検死官の分析した死亡推定時刻と、パソコンにログインした形跡 友野(矢柴俊博)の生死に、、、3時間の誤差があることがわかってくる。 田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は、検死官が誤って鑑定したと考える。 2人は、死亡推定時刻を誤る...... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 (第3話 7/26) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/12からフジテレビで始まったドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 』(公式)の第3話『偽りの死亡時刻』の感想。原作は未読。 医療エンターテインメント… 何とまあ東城医大って病院は、殺人事件が次々と起こるのか?なんて事を言うのは野暮なのはだが、それでもAi(死因画像診断)と化学的トリックをうまく組み合わせて、医療エンターテインメントとして成立していると思う。更に推理モノとしてもなかなか面白い。ただ一点を除けば… グッチーの存在価値… その一点とは、な... [続きを読む]

« 胡桃の部屋 第1話 | トップページ | ブルドクター 第4話 »

作品一覧