2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« マルモのおきて 最終回 | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第13週、14週 »

2011年7月10日 (日)

江 姫たちの戦国史 第25話、26話

公式サイト

しばらく感想を書く時間と気持ちがとりにくい状態なのですが、ここまで書き綴ったので、メモ程度にでも書き留めておきたいと思います。

25話「愛の嵐」は千利休の切腹を中心に江と秀勝が心を通わす様、そして結婚するまでを描いていました。
26話は、江と秀勝の短い結婚生活を。

江と秀勝が炭屋に扮して幽閉されている千利休の元へ行くシーンでは、ちょっと笑ってしまたが・・・
江が千利休の遺言を聞く、というシチュエーションを何がなんでも作りたかったのでしょう。
二人と知ってて通したのは上杉景勝ですが、顔を映さず、兜をいやに強調していたのがわざとらしいというか、印象的でした。
秀吉が江が利休に会いに行ったことではなく、決心を翻せなかったことを怒るシーンでは、秀吉の複雑な心境が伝わったと思います。

子を亡くして悲しむ茶々に次の子を生め、というおねのセリフは戦国の世ならOKなのかもしれませんが、なにぶん登場人物の心のあり方を現代として描いているこのドラマにあっては、励ましより苛めに聞こえてしまいました。

で、短い新婚生活を経て、引き裂かれる江と秀勝。
出征する秀勝に、誰の命も奪わないでくれ、という江。

愛する人の生還を思う気持ちは今も昔も変わらないし、他人の命を奪わない、ということが正論であることはよくわかりますが。

なにがなんでも生きて帰ってくれ、というのならわかるけれども、誰の命も奪うな、とは。そう言われたら、兵士は困るだろうなぁ、と。

秀次に意外な一面がある、というシーンは良かったかな。
老けてきた秀吉も。

相変わらずちぐはぐな流れではありましたが、江が本来のスタンス、年齢で動いていたためでしょうか、まだ落ち着いて見れました。

ただ・・・相変わらず父に反抗的な秀忠。ドラマの方向性として、なんだか嫌な予感がする。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« マルモのおきて 最終回 | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第13週、14週 »

△大河:江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/52171752

この記事へのトラックバック一覧です: 江 姫たちの戦国史 第25話、26話:

» 江〜姫たちの戦国〜 第二十六回 母になる時 [レベル999のgoo部屋]
『母になる時』 内容 秀次(北村有起哉)に関白を譲った秀吉(岸谷五朗)は、海外出兵を決断。 一方で、秀勝(AKIRA)に求婚され、結婚する江(上野樹里) そんななか、秀吉の命令で、居を聚楽第へと移し、兄・秀次の監視をすることに。 秀次、秀勝兄弟を微笑まし...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.26母になる時 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第26回「母になる時」 【あらすじ】 江(上野樹里)は秀勝(AKIRA)と結婚し、京の聚楽第に居を移す... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国 第26回〜新婚・江ちゃん「あれやこれやと、妻の務めに勤しんでおりました」 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『江〜姫たちの戦国』 第26回「母になる時」 『東日本大震災』から4か月。ハエ等に悩まされながら未だ避難所で過ごしていらっしゃる方がおられる中、自宅でゆったりとドラマを見られるのは申し訳ないような気分です・・・。 小生は『のだめ』の上野樹里ちゃんも大好きだし、映画『奈緒子』などの上野樹里ちゃんも大好きだし、『ラスト・フレンズ』の上野樹里ちゃんは飛びっきり大好きであります・・・。 しかしながら、江ちゃん役の上野樹里ちゃんは残念・・・。 こんな脚本で、こんな芝居を付けられている... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第26回... [徒然”腐”日記]
あーーーーすっげー腹立つ!!江の感想書いてた途中でログ消えたよ楽天ブログはそういうトコ使い勝手悪いよな!!気持ちが萎えたので一言だけねあらすじは「江」公式サイトから天正... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第二十六話 母になる時 [V36スカイラインクーペが欲しい!]
「文禄・慶長の役」がしょぼい感じがした ちょうど、昨日、yahooのGyaoで「不滅の李舜臣(イ・スンシン)」を見ていたので、余計そう感じた。なんせ「不滅の李舜臣(イ・スンシン) ... [続きを読む]

» 江「母になる時」 [blog mr]
 すまん、秀勝がなんて死んだのかわからん。脛を切っただけなんだよね。  その AKIRA、時々、なかなかいいじゃん、って思うことがある。今回のでは、妬ける、って言ったときの声がよかった。よかった、と思った途端に退場。  初が出てくるのはいいんだが、一度嫁に出た人間が、そう頻繁にやってこられるものだったんだろうか。  戦を嫌う江の姿勢は一貫してるなぁ。 ... [続きを読む]

« マルモのおきて 最終回 | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第13週、14週 »

作品一覧