2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ドン・キホーテ 第2話 | トップページ | ご冥福をお祈りします。 »

2011年7月19日 (火)

花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011 第2話

公式サイト

原作:『花ざかりの君たちへ』中条比紗也 (白泉社 「花とゆめ」)

原作未読です。

うわー・・・。

瑞稀と泉の接点は、アメリカ遠征中の泉が、瑞稀を自殺者と間違って声をかけてきたこと。
泉が自動車事故で助けたのは元マネージャーの理香になっていました。

仲間はずれにされて落ち込んでいた時に、声をかけてもらったから・・・かぁ。
アメリカからわざわざ追っかけてくるほどの理由には思えなかったですよー。というより、自分のために怪我をしてしまったから、という理香の気持ちの方がはるかに重い、と思わせてしまうのはまずいんじゃないかなぁ。
なーぜ変えたのだろう???

もっと言うと、初回の時は様子見だったのですが、2話を見ても、どうしたって女の子にしか見えないし・・・

他の男子たちがわちゃわちゃしているのは楽しいです。
中津は・・・中津劇場を継承させるのねぇ。原作を読んでいないのでわからないのですが、これが原作の中津のキャラなら仕方がないのかな。

でも、ドラマとして見ると、絡んでいるのは萱島だけで、瑞稀はおろか、泉との友情関係もちゃんと描いていないので、一人芝居になっちゃてるのがお気の毒に見えます。

飛べないのは怪我のせいじゃない、飛ぶのが怖くなったからだ、という言葉は真面目な感じの中村さん演じる泉に似合っているとは思いました。

キスシーンにもドキドキしなかったし・・・来週、感想を書くの、どうしようかなぁ。
夏らしくてお気楽に楽しめるドラマではあるのですが。

.

.

第1話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ドン・キホーテ 第2話 | トップページ | ご冥福をお祈りします。 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/52251398

この記事へのトラックバック一覧です: 花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011 第2話:

» 花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス2011 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『佐野に彼女が!?突然現れた恋のライバルに瑞稀は動揺・・・。  中津は男としての瑞稀に心ときめき、イケナイ三角関係が動き出す。  そんな中、佐野は瑞稀に本心を告白し・・・』 内容 3か月後に廃校になる桜咲学園。タイムリミットがある中で瑞稀(前田敦子)は、 佐野...... [続きを読む]

» 意外に面白い「華和家の四姉妹」第2話」と、ボーイッシュ女子主演「イケメン☆パラダイス」第2話 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「華和家の四姉妹」第2話」と 「イケメン☆パラダイス」第2話 【 華和家の四姉妹 】 藤子(吉瀬美智子)の部署に三宅ハルミ(東風万智子)が転勤してきて、取引先との打ち合わせでも藤子への憧れをかくさず「私のことは”華和妹”と呼んでください」といい、藤子をお姉さんと呼ぶ有様・・・。 この時点で、三宅はかなり気持ち悪い。 後日、三宅は上方から服装まで藤子をコピーして出社していて、ますます気色悪い。 企画会議で三宅は雑誌のオマケの重要性を分析したペーパーを配布して持論を展開したんだけど、... [続きを読む]

« ドン・キホーテ 第2話 | トップページ | ご冥福をお祈りします。 »

作品一覧