2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 高校生レストラン 第7回 | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その18:帝国戦争博物館 »

2011年6月23日 (木)

リバウンド 第9話

公式サイト

文中のセリフは概略です。

信子の父、睦己が心筋梗塞で倒れ、命はとりとめたものの店を閉じると言い出しました。
信子が太一と別れて今がチャンスとばかり、病院に駆けつけ両親にいい顔をする研作。僕が仕事を辞めて店を継ぐとまで言い出しますが、そこは口先男、仕事の呼び出しですっ飛んで帰ります。

編集長・・・元、ですが、から信子のことを聞いた太一から電話が。
九つ目のケーキの相談をしてくる太一に、瞳に相談したら、と、気持ちを封印して突っぱねる信子。

食欲もなく、塞ぎこむ父。父のトンカツを愛してくれている常連さんたち。
トンカツを作ってみてるが、父の味は出せない信子。
トンカツだけでなく人の喜ぶ食べ物を作ることの難しさ、やりがいを改めて感じます。

EDENでは編集長が辞めた後、再びモデルに復帰した有希がわがまま邦題。
いったん切れそうになる信子ですが、「もう、キレるのはやめたはず」と、諄々と初めて自分の写真がEDENに載った時の感動を思い出して欲しい、この世界にいたくてもいれない人が一杯いる、と説得。
有希も納得したようで、自らモデルをおります。←時間の都合でしょうが、わりとあっさり折れました。

そこへ研作が満を持してのプロポーズ。一緒にトンカツ屋をやろうよ♪(笑)
しかし信子は断ります。
断られた研作は逆ギレ。俺がこんなに思ってやっているのに、なんだよ。

そんな研作の態度に、もう、キレるのはやめようと思ったのだけど・・・

「そうでちゅか」

キレちゃいました。
あなたは私が何を考えているか、全然わかろうとしてくれない。
仕事を続けるか、店を継ぐか、こんなに悩んでいるのに。
ようは、自分にとって都合のいい女が欲しいだけ。私が太った方がいい、というのも、その方が自分が優位に立てると思っているから。
いつも検索ばかりに頼って。自分の意見を持っていない!

すごすご退散する研作。

さて、太一と瞳が見舞いに来てくれました。
お土産は九つ目のケーキ。それは、瞳の言葉にヒントを得た、プリンでした。
信子が病気になった時、お母さんが作ってくれたのはプリン。
そんな信子一家が羨ましかった、と瞳。

太一と瞳。お似合いの二人を前にして、信子は言います。
ずっと幸せの扉を探していたけれども、それは自分の家の扉だったことがやっとわかった。
なので、会社を辞めて店を継ぐ、お父さんの味を引き継ぐ、と。

後日、会社に辞表を出した信子。試作のトンカツを食べ過ぎたのか、また太ってます。
新編集長には引き止められますが、他の社員は残念そうな表情はしていますが遠巻きに見ているだけ。信子は結局浮いていたのかも。←ここ、流れから言うと詳しく描く部分じゃないものね。
引越し支度をしている信子を訪ねてきた瞳。もう絵はやめて普通のOLになる、と告げます。太一とも会わないことにした様子。

別れを言いにアンジェを訪れた信子は、9種類のケーキをたいらげます。

今でも好き、と信子。
だったら、という太一に、でも私はトントン亭を継ぐ。そしてご両親の天使として生まれた太一は、このアンジェを引き継がなければ。だから一緒にはなれない。それより絵を書くことをあきらめた瞳をひきとめて。

瞳にプロポーズする太一と、本当に会社を辞めてトントン亭で働き出した研作の姿で、つづく。

うーんと、あと、携帯男が店員に。電話の相手は母親だった。編集長は新しい雑誌を立ち上げようとしている。信子が治療をやめると聞いて残念そうなドクター・・・くらいでしょうか。

結局太一にはヤセ薬をやめた後遺症は出なかったのかな。
自分から告白した瞳は太一といるとなんだか困惑顔。それは信子に気をつかっているから?ま、これは来週わかることですね。

と、いうことで、なんだかんだと粗筋を書いてしまいました。
粗筋を書いたからといって面白かった、というわけではない。(笑)
すごく普通の話に納めることでまとめにかかってきたかな、という感じがしました。

信子が一大決心をする話だったから彼女に的を絞ったのでしょうが、それにしても太一の気持ちがほとんど描かれていなかったように思います。

オバカコメディからラブコメへ、そして「コメディ」が抜け落ちてラブ・ストーリーになったかと思ったら、「ラブ」まで希薄になってしまいました。

初回とテイストが全く変ってしまっています。今や全く笑うところがない、というか笑わそうとしていない。
信子の成長物語を描くつもりだったのなら、前半はもう少し違う切り口でも良かったのでは。
自分は前半のナンセンスなテイストの方が好きなので、やはりあのままでは突っ走れなかったのかなぁ、と残念なのですが。
もう1話あるので、ほんの少しだけ、期待します。

そうそう。
信子が病院に行ったりきたりするシーンが頻繁に出てきたので、思わず病院が都内にあるのかと思ってしまいました。
岐阜なんですよね。もし病院が岐阜羽島近辺だったら品川から2時間弱だから、ありえるか。←気になったので調べてしまいました。病院でのダイエットといい、お金持ちだなぁ、信子(汗)。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 高校生レストラン 第7回 | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その18:帝国戦争博物館 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□リバウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リバウンド 第9話:

» リバウンド 第9話 [ぷち丸くんの日常日記]
太一(速水もこみち)は瞳(栗山千明)に「付き合ってくれ」と申し出ていた。 自分を好きだと言ってくれた気持ちに応えるため、そして「瞳を幸せにして あげて」と去って行った信子(相武紗季)の思いに応えることでもあった。 そんな中、ついに蘭(若村麻由美)がエデンを去る... [続きを読む]

» リバウンド 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『捨てられない女 “止められない食欲 内容 信子(相武紗季)の父・睦己(石塚英彦)が、心筋梗塞で倒れた。 なんとか、手術は成功し一命を取り留める睦己。 そこに事態を知った研作(勝地涼)が見舞いにやって来る。 太一(速水もこみち)と別れたと知り、少し笑顔を見...... [続きを読む]

» リバウンド 第9話 [ドラマハンティングP2G]
「止められない食欲」 信子(相武紗季)の父・睦己(石塚英彦)が心筋梗塞で倒れた。手術は成功したものの、睦己はすっかり元気も食欲もなくし「トントン亭を閉める」と言い出す。信子は改めてトントン亭そして父親の大切さを感じ悩むのだった――父の言うとおり豚カツ屋…... [続きを読む]

« 高校生レストラン 第7回 | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その18:帝国戦争博物館 »

作品一覧