2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リバウンド 第7話 | トップページ | X-MEN シリーズ:「X-メン」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」 »

2011年6月10日 (金)

ハガネの女 2 第8話

公式サイト

原作:深谷かほる「ハガネの女」

仕事で時間がギッチギチ(_ _);;
ですので感想のみ。文中のセリフは概略です。

やはり今回合わせてあと、2話でおしまいなのですね。
最初からその予定だったとしたら、今回に限りませんが、エピソードの配置の仕方が悪いような気がします。

耳が聞こえない病気になったギター少年のあせりと、彼を心配する親友。
塾少女、敦子の孤独。
班の皆に受け入れられる友喜。その姿を見て涙する友喜の母。
上川の教室に出入りするようになった嘘つき少女美月の、友喜への思わぬフォロー。
夏希の父、達也とハガネの元教え子、マナの破局を、あれだけ反発していたのに、気にする夏希。

加えて4年3組OBの愛梨や真理衣まで登場するもんだから・・・こらまた詰め込んできたな、という感じ。
もう、いっぱいっぱいですわ(汗)。

ひとつひとつはいいお話なんです。

4つの班に分けて学習発表会。

夏希ははるか(前回の太鼓少女)と敦子たちと同じ班に。友喜は莉奈や美月と同じ班に。

自分(と、水嶋)にしか話が出来ない友喜を自分と違う班にしたことを怒る夏希に、かつて友喜に関わらないようにしていた子供たちが友喜を仲間として受け入れる様子を見せて、あなたも変らなければ、と諭すハガネ。

友喜に関することなら、素直に受け入れられる夏希。
自分も変らなければ。
そんな時にさくら(秀才少女です)から、敦子が塾でもハブられていることを耳にします。

意を決した夏希。
班の作業に参加しないで塾に行く敦子に文句・・・ではなく、「今まで言えなかったけど、友喜に一票入れくれてありがとう(第2話参照)。待っているから」と言います。
その様子をじっと見ている、おお、真理衣姫。敦子の塾の先輩でもあったのですね。
塾でも今は私立に通う元の親友に無視されて孤立している敦子に、真理衣らしい励ましの言葉をかけます。

敦子は元親友に「楽しかったことは忘れない」と告げて踏ん切りをつけ、学校に戻り「今までごめんなさい。雑用でもなんでもするから。」と頭を下げます。
快く受け入れる、仲間たち。

下校時間がとっくに過ぎたころ。研究発表は完成しました。
敦子は、自分が戻ってこれる場所があって良かった、と夏希に抱きついて泣きます。敦子を抱きしめる夏希。

遅くまで学校に居残る、という是非はさておき、校長と水嶋が差し入れのカレーがあったり、楽しそうでした。
校長が言う通り、こういうことってきっと記憶に残るでしょうね。楽しい思い出。
子供たちがわいわいやっている姿がなんとも自然で、今シリーズで一番微笑ましく感じました。あ、それからラスト近く、橋の上を行き来する子供たちの足だけを真上から撮ったシーンと。(道路の模様はよく見えなかったです;;)

帰宅時。夏希とはるかが手を繋いでいます。しかもはるかが「遅くなったから泊まっていかない?」なんて誘っているぞっ(^^)

この話だけで充分、濃かったと思います。
夏希と敦子のハグのシーン。
意地っ張りで孤独な夏希だからこそ、敦子の思いを受け止められた。夏希の成長に、敦子の寂しい心に、思わず涙。

つまり・・・ギター少年の話は、いらなかったんじゃないでしょうか。
だって、書くことがないもの・・・(汗)
ハガネの活躍を描くためだけのお話だったような。

今シリーズはハガネが言っているように「子供たちの力を信じて見守る」というお話で、第1シーズンのようにハガネ自身が体を張る話ではない、それならそれで徹底して欲しいかったように思います。
ハガネの活躍を見せるために、わざわざ別エピソードを差し込んだように思えました・・・ああっ、つまり今シリーズは教師が「ハガネ」でなくても良かったってこと? (大汗)

班が結束していく様子が面白く、感動もしましたので、おしい、というか、残念だったです。

友喜の話は背景になっていました。しかし、最終話は彼の話で閉めるようですので、フリとしては良かったと思います。
また美月は、なんと彼女が友喜を救うキーパーソンになる、という意外性が効いていました。それも彼女らしいスタイルで。

友喜は登場した時はこれでおしまい?と思ったのですが、夏希、水嶋の成長を促すキャラとして各話に絡んでしたし、存在感がありました。

今回、ついに「満面の微笑」(笑)を浮かべるようになった水嶋先生、アスペルガー症候群について勉強を始めました。
上川先生に曰く、100人いたら100通りの症状があるそうです。やはり、難しい・・・
最後はどうやってシメるのでしょう?

そうそう、大橋さんは大人の顔になってきたようです。子供の成長って早いなぁ。

予告を見る限りでは、新旧の子役さんたちが大集合、上川先生もかなり弾ける?
塩田も登場するようで・・・水嶋先生の生い立ちが語られる時間はあるのかな?←そこ?(笑)

.

.

1 2 3 4 5 6 7

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« リバウンド 第7話 | トップページ | X-MEN シリーズ:「X-メン」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□ハガネの女 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハガネの女 2 第8話:

» ハガネの女2 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
ある日、ハガネ(吉瀬美智子)はクラスを4つの班に分けて学習発表会を開く ことを提案する。 はるか(遠藤由実)の演奏会での子供たちの盛り上がりぶりを見て、この機会 にクラスの結束を高めようと思ったからだ。 寝台特急、天体観測、パンダの生態、作詞作曲と、テーマを決... [続きを読む]

» ハガネの女2  #8 [よくばりアンテナ]
あいかわらず、ハガネは何かするわけじゃないけれど、 子ども達の力を信じて見守るってやり方を貫いているハガネの 気持ちがところどころで語られていた。 【希望の教室】 ハガネの目指していたのはこれだ...... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 (第8話 6/9) 感想 [ディレクターの目線blog]
4/21からテレ朝で始まったドラマ『ハガネの女 season2 (公式)』の第8話『最終章そして希望の教室へ』の感想。 各エピソードは面白いが、強引さが否めない! 相変らず、毎週の生徒一人一人のエピソードは面白い。今の時代を捉えてフィードバックさせてると思う。しかし、とにかく盛り込み過ぎだし、教師たちのキャラクターも全く定まらないし… 更に最後の学習発表会でなんとなく解決したように見せているが、実のところ第1話から4年4組の問題は何一つまともに解決しておらず、結論先送り状態... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 第8話 [ドラマハンティングP2G]
「最終章そして希望の教室へ」  ある日、ハガネ(吉瀬美智子)はクラスを4つの班に分けて学習発表会を開くことを提案する。はるか(遠藤由実)の演奏会での子供たちの盛り上がりぶりを見て、この機会にクラスの結束を高めようと思ったからだ。  寝台特急、天体観測、…... [続きを読む]

» ハガネの女season2 第8話 [レベル999のgoo部屋]
『最終章そして希望の教室へ 内容 はるか(遠藤由実)の太鼓の発表会の様子を見て、 ハガネ(吉瀬美智子)は、先崎(設楽統)らに、学習発表会を開くことを提案。 上手くいけば、クラスの結束が高まるのではと思ったからだった。 先崎が了承するだけでなく、水嶋(斎藤工...... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 [ドラマQ]
ハガネの女 season2 木曜 21:00 テレビ朝日 2011年4月21日~(初回20:00~2時間SP) 【キャスト】 吉瀬美智子、要潤、設楽統(バナナマン)、有村架純、大橋のぞみ、清水ミチコ、横山めぐみ ほか 【スタッフ】 原作:『ハガネの女』深谷かほる(集英社YOU) 脚本:大石哲也 音楽:朝倉紀行 主 題 歌:ケツメイシ(トイズファクトリー) 監督:唐木希浩/常廣丈太 チーフプロデューサー:佐藤凉一 プロデューサー:中込卓也/飯田 爽/... [続きを読む]

« リバウンド 第7話 | トップページ | X-MEN シリーズ:「X-メン」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」 »

作品一覧