2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 高校生レストラン 第6回 | トップページ | ハガネの女 2 最終話 »

2011年6月16日 (木)

リバウンド 第8話

公式サイト

文中のセリフは概略です。

先週からオバカコメディから普通のラブコメに大きく方向転換したこのドラマ。
今週もその方向で、信子が恋に、友情に、仕事に悩む姿が描かれていました。

今までの自分ではいけない、変わるんだ!と、おせっかいも全方位外交もガニ又も封印しようとする信子。
しかし編集長の危機で、キレてしまいます。

モデル、有希の降板を決めたことでスポンサーから圧力がかかりますが、どうしても妥協できない編集長。スポンサーのために雑誌をつくってんじゃないわよっ」と勢いから会社を辞める、と去っていきます。
普段から独裁的な編集長のやり方に反感を持っていた社員たちは、引き止めないばかりか、ここぞとばかりに編集長の非難を。
確かに、理想主義的でキツイ上司ではありますが、編集長がいなくなったとたんに仕事をさっさと切り上げようとするのも、どうかと思うぞ、と思っていたら。

「あ~そうでちゅか。」

なぜ、そのことを直接編集長に言わないのですか。この中に編集長以上にEDENを愛している人がいますか!でも私はあきらめない。

信子が編集長を引き止めるためにとった秘策とは。
太一に、ケーキが嫌いな人でも食べれるケーキを作ってもらうことでした。
頭を下げて頼み込む信子。ケーキのことならすっと元に戻る二人。

それまで、研作の乱入(笑)やら、信子の瞳への思いやらですれ違っていた二人が、再び共同して新しいケーキを作ります。
試行錯誤の末できがったのはアップルパイ。編集長のためのケーキでした。

店を訪れた編集長に出されたのは、太一のアップルパイと、信子が持っていたEDENの創刊号。信子にとってEDENは本当に憧れの職場だったんですね。
思わずケーキを一口ほお張りつつ、信子のEDENに対する憧れを聞きながら、創刊号に見入る編集長。
やる気が蘇ったようです。ケーキの味を聞いた太一に「また来るわ」と去っていきました。

こうやって二人でケーキを作るのはやっぱり楽しい、と、改めて太一のことを好きな自分に気がつく信子。
かつてはケーキ作りで太ってしまったけれども、あの時はとても幸せだった。あのままでいいんじゃないの、あれが本当の私じゃないのかな、と、太一に仲直りをしたいと告げようとしますが、その前に、太一から瞳から告白されたことを聞かされてしまいます。
「よかったじゃない。」
二人を祝福して店を出て行きますが・・・

信子と心がすれ違ったままな太一のしょんぼりした姿も、瞳が告白する時の思いつめた表情も良かったです。
太一と瞳の方がお似合いな気もしないではないのですが(汗)、信子と太一がケーキを作っている姿を見ると、この二人は理屈ではなくところで繋がっているような気もしました。

研作のいい加減なところを突く信子には少しすかっとしたかな。研作はヘタレな方が面白いし(笑)。

普通に面白かったです。でも、普通・・・
「リバウンド」はいずこへ?来週はまた少し太るのでしょうか。

今回もドクターは頑張ってましたが。

10個の新作ケーキを作れたら、新生アンジュを開店できる@太一
あと2個いや、2話です。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 高校生レストラン 第6回 | トップページ | ハガネの女 2 最終話 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□リバウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リバウンド 第8話:

» リバウンド 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
蘭(若村麻由美)は上司から有希(西山茉希)のグラビアを使わないなら 辞表を出すようにと迫られていた。 蘭はこのまま自分の意思を貫いて、会社を辞めるのか。 一方、瞳(栗山千明)は太一(速水もこみち)に呼び出され、店に天使の絵 を描いてほしいと頼まれる。 太一はあ... [続きを読む]

» リバウンド 第8話 [ドラマハンティングP2G]
「やせるのやーめた」 瞳(栗山千明)との友情を取り、太一(速水もこみち)に別れを告げた信子(相武紗季)。だがそれを知った瞳はマンションを出て行ってしまう。大切な人をいっぺんに失ってしまった信子に、瞳の最後の言葉が響いていた。「いつも周囲に気を遣って、取…... [続きを読む]

» リバウンド 第8話 変えられない女 [レベル999のgoo部屋]
『変えられない女 “やせるのやーめた 内容 太一(速水もこみち)のことを巡り、自分が身を退いた信子(相武紗季) が。それがもとで親友の瞳(栗山千明)と大げんかし、瞳は出て行ってしまう。 恋人と親友、、、一気に失った信子は、どうして良いか分からない。 “いっつ...... [続きを読む]

» リンゴの国から来たシンデレラ(リバウンド#6・7・8) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『リバウンド』愛は永遠には続かなかった(爆)ちっちゃな頃からケーキ依存症、15でブー子と呼ばれた醜い女・大場信子@相武紗季は、フランス語で“天使”の意味を持つケーキ店「 ... [続きを読む]

« 高校生レストラン 第6回 | トップページ | ハガネの女 2 最終話 »

作品一覧