2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2011年5月のまとめ:~春クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 2011年5月の読書 »

2011年6月 3日 (金)

ハガネの女 2 第7話

公式サイト

原作:深谷かほる「ハガネの女」

ある日、夏希の両親が離婚していることをからかったはるかを友喜が突き飛ばし、それをきっかけにクラス中が大騒動に陥る。@公式

ハガネははるかに、言葉の暴力が人を傷つけることを諭しますが、聞く耳を持っていないようで。

そのはるかの家では、両親が離婚を決意していました。
父親に懐いていたらしいはるかには晴天の霹靂。ショックを受けて、放送室に立てこもってしまいます。

一方、夏希の下には離婚して家を出て行った母、香が現れてます。
離婚の本当の原因を知らされていない夏希は、大喜び。言われるがままに自分の貯金通帳を差し出して、お母さんと一緒に住みたい、とお願いします。そうしたら父・達也はマナと一緒に暮らせるし・・・夏希なりに父の幸せを考えていたのですね。

そんな二人の様子を心配そうにみつめる友喜は、そのことを水嶋に伝えます。

部下との間に子供までもうける関係となり、娘が見てくれることを切望していた太鼓の発表会も仕事の都合で欠席する、はるかの父。
一緒に住もう、とやってきた夏希を、離婚してやっと自由になれたのに、と邪険に追い払う母。

今回は親の都合にふりまわされる、二人の子供たちのエピソードを描いていました。
また違う話を絡み合わせるパターンだな、とは思いましたが、二人が犬猿の仲であったことがラストでうまく生かされていたので、「離婚」をテーマにした話としてはまとまっていたと思います。

どちらの親も子供より自分が一番なんですね・・・
特に育児放棄の香は非常識ですが、実際にいるんだろうなぁこういう人、と思う、今日この頃。

プライドの高いはるかが放送室にたてこもり、よりによって自分の泣き叫ぶ声を全校放送してしまうエピソードは、突っ込みどころが満載すぎて書き出すとキリがないのですが。(汗)

ともかく、クラスの皆がはるかの傷ついた心を知り、誰も囃し立てたりしない、ということが大事なわけです。
たてこもりよりも、今までなら絶対に誰かがグッサリなことを言うのに、妙に静かなことの方が気になりました。
・・・ということは、今まで何かとキチキチと嫌味を言っていたのはすべて結局はるか主導だった、ということなのでしょうか、それとも、残り回数の都合?(汗)

夏希と同じ立場になってみて、はじめて夏希の気持ちがわかったはるかは、わりと素直にあやまろうとしますが、あやまりきれません。

母に暴言を吐かれて深く傷つく夏希。
自分勝手な香に我慢できずに平手打ちを食らわせるのは、ハガネ・・・ではなく、マナ。
そうねぇ、教師が父兄に暴力振るったらシャレになりませんからね。
しかし、それでも母を庇う夏希。マナに食ってかかる夏希、迫力がありました。
どんなにひどい母親でも、母は母。マナはしょんぼり去っていきます。

「母親に捨てられたのじゃない。子供だって親を選べる。自分から捨てたのだ(概略)」
とフォローするハガネ。
しかし、本当に夏希の心をフォローしたのは友喜でした。理屈より感情、そしてスキンシップの温かみ。
このシーンには、うっかり涙。
母親に嫌われたら、どんなにか苦しいか・・・。母と再会したときの嬉しそうな表情との落差が悲しかったです。

父親が欠席する中、太鼓の発表会に出場するはるか。
はるかといつもつるんでいる子供たちは、単なる取り巻きではなく、友だちだったようで、真剣にはるかを励ましています。

しかし途中でバチを落としてしまい、演奏を中断させてしまったはるか。
息を呑む観客。
そこへ仲の悪かった夏希たちが現れて、声援を送ります。彼らの声援に励まされて演奏を再開するはるか。
ハガネ、はやく拾ってあげてよ、というお約束も含めてのベタなシーンでしたが、バチを天に向ける最後のポーズに、父への思いを乗り越え、母と一緒に新しい生活を始める決意を感じました。
なにはともあれ、はるかの本気の表情が素晴らしかったです。彼女の表情でそこまでのツッコミ心が吹っ飛んでしまい、思わずうるうるしてしまいました。

終わった後、母親に抱きつくはるかを複雑な表情でみつめる夏希・・・
達也、マナとの関係はどうなるのでしょうか。つづく。というところですね。

今シーズンは、駿、京子、莉奈を描いた第4話に代表されるような、子供たちが自分たちで問題を乗り越える姿がメインで、ハガネたち教師たちはそのあと押しをするスタンスのお話が多いです。ドラマの出来不出来はともかく、少なくとも「前作以上にパワーアップしたハガネの活躍に期待です!@公式」ではないなぁ。

今は亮介の顔色を伺うことなく、屈託なく親友、翔太たちと遊ぶマルコメ少年。
発表会場に入れなかった、亮介と、塾通い少女の敦子。
そして嘘つき少女美月に声をかける上川。そうか、そういう風にもってくるわけですね。あのままほったらかし、というわけではなくて、ちょっとほっとしました。ていうか上川、それだけ?(汗)。

今週の水嶋はさらに教師になっていました。←やっぱりここ?(汗笑)
友喜に懐かれてとまどいつつもなんだか嬉しそうですし、なんと発表会を撮ってはるかに渡したりもしてました!
ラストは馴れない大きな声の「おはようっ」て。(爆)

月刊のテレビ雑誌から推察するに、あと2話くらいなのかな?

.

.

1 2 3 4 5 6

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2011年5月のまとめ:~春クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 2011年5月の読書 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□ハガネの女 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハガネの女 2 第7話:

» ハガネの女2 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
母親がいないことをからかわれた夏希(鍋本凪々美)が、はるか(遠藤由実) たちを相手に大喧嘩を起こす。 はるかは本当のことしか言っていないと、仲裁に入ったハガネ(吉瀬美智子) を突っぱねるが、帰宅すると思いがけず自分の両親が離婚することを聞かされる。 一方夏希は... [続きを読む]

» 「ハガネの女」 シーズン2 第7回 家庭の事情…負けないで!! [トリ猫家族]
 いや〜『シーズン1』と比べて、消極的に見えてしまうハガネに納得がいかなくて記事を書いていませんでしたが、今シーズンのハガネは、子供達が持っている力を信じるってことな ... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 第7話 [ドラマハンティングP2G]
「家庭の事情…負けないで!!」 母親がいないことをからかわれた夏希(鍋本凪々美)が、はるか(遠藤由実)たちを相手に大げんかを起こす。はるかは本当のことしか言っていないと、仲裁に入ったハガネこと稲子(吉瀬美智子)の前でも反省する様子を見せない。 ところがその日…... [続きを読む]

» ハガネの女season2 第7話 [レベル999のgoo部屋]
『家庭の事情…負けないで!!』 内容 ある日のこと、夏希(鍋本凪々美)のコトをからかっていた はるか(遠藤由実)が、友喜(浦上晟周)に突き飛ばされる事件が起きる。 駆けつけたハガネ(吉瀬美智子)は、友喜に注意した上で はるかに対しても“言葉の暴力はダメ”と注...... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 第7話 感想 [オタクと呼ばないで]
テレビ朝日系ドラマ「ハガネの女 season2」第7話の感想など。リアルタイムで見られなかったので、先ほど録画を見たところです。浅野達也(松本利夫さん)と娘の夏希は、この「ハガネの女 season2」には不要なキャストだと思っていましたが、この第7話で少し見方が変わりま... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 (第7話 6/2) 感想 [ディレクターの目線blog]
4/21からテレ朝で始まったドラマ『ハガネの女 season2 (公式)』の第7話『家庭の事情…負けないで!!』の感想。 今週は、二つの話を「親の離婚」でくくって、ナント生徒が自己解決して終了! season2になって、二つの話を同一テーマでくくって(実際には同一でも共通もしていないが)、ハガネがあれこれやってる雰囲気だけの本作。 今週は「親の離婚」でくくってはあったが、本質は全く違うお話。お陰でハガネが指導に集中できず、ほぼ何もしないまま逞しい生徒たちが自己解決して終了。... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 [ドラマQ]
ハガネの女 season2 木曜 21:00 テレビ朝日 2011年4月21日~(初回20:00~2時間SP) 【キャスト】 吉瀬美智子、要潤、設楽統(バナナマン)、有村架純、大橋のぞみ、清水ミチコ、横山めぐみ ほか 【スタッフ】 原作:『ハガネの女』深谷かほる(集英社YOU) 脚本:大石哲也 音楽:朝倉紀行 主 題 歌:ケツメイシ(トイズファクトリー) 監督:唐木希浩/常廣丈太 チーフプロデューサー:佐藤凉一 プロデューサー:中込卓也/飯田 爽/... [続きを読む]

« 2011年5月のまとめ:~春クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 2011年5月の読書 »

作品一覧