2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« マルモのおきて 第6話 | トップページ | リバウンド 第6話 »

2011年6月 1日 (水)

高校生レストラン 第4回

公式サイト

原案:村林新吾 著「高校生レストラン、本日も満席。」「高校生レストラン、行列の理由。」(伊勢新聞)

原作未読です。

さっくり感想。

「花御膳を食べて食中毒になった」と一人の老人から訴えがあった。@公式

しかし、病院に行って症状を確認した板谷の冷静な判断もあって、結局それは老人、高科の狂言だったことがわかり、胸をなでおろす新吾たち。

だが、改めて気を引き締める新吾や生徒たち。

岸野は、新吾の父、定俊の示唆をうけて、高科を訪ねます。
妻に先立たれた後、結婚した娘もめったに帰ってこず一人ぽつんと暮らしている高科の状況を知った岸野。
かつては道々で人々が自然におしゃべりをしていた、活気ある町だったのだが、と定俊。

街を活性化する手段として「若者が居つく街」を押してきたが、それは人口の多くをしめている老人たちを置き去りにしていることになっているのでは、と迷い始めます。

生徒たちも同じことを考え始め、老人向けのメニューの開発を新吾に提案します。

戸倉の、絵に書いたような悪役というか「いらんこといい」のキャラはご愛嬌として、ここまではいい流れでした。

最初は食中毒が狂言だったと知って、なぁんだ、と一気にひとごとになってしまった生徒たちが、もし、自分の店から食中毒が出たら・・・という真衣の言葉に、自分の身に置き換えて想像してみて、改めて気を引き締めるところ。

坂本の店の常連客のお年寄り。一人で食事をするのは寂しいんだろうね、という祖母の言葉から、高校生レストランとして何かできないか、と坂本たちが思い始めるところ。

生徒の熱い気持ちに教えられた、と、教師として彼らと接することでだんだん成長していく新吾。

みんな、それぞれが自分で考えて動いていました。

ここまで、熱く丁寧に描かれていたため、後半はあまりにも展開が速すぎたような気がしました。
高科老人が嘘をついたのは結局「祭りの後の寂しさがいやだったから」なんですね。
かといって、人付き合いも苦手だから、老人会にも参加しない。
でも、周囲の呼びかけに心を動かし、「まごの店」にやってきて皆と会話を交わす。

自分の生活スタイルを壊したくない老人の習性を思うと、性急過ぎるような気もしたのですけれどもね。これ以上描くのは時間的に無理だ、といのはわかりますが。
それと、お年寄り限定の店って、行きたいかな?
老人会の延長線上にあるだけなような気もしました。
働いている生徒を孫代わりに思うってことなのでしょうけれども。

いや、実話を元にしているのだから、「まごの店」というアイデアそのものに突っ込む、というより、ドラマのエピソードの時間のさき方が気になっただけです。

あと、個人的に食材の松坂牛。
生徒たちが練習でたっくさん使っていたのが、もったいなくてもったいなくて(大汗)。
ひとつのメニューを仕上げるには試行錯誤がつきもなのはわかるのですが。
貧乏性なもんで、反射神経的に気になってしまいました(汗)。

ドラマ開始が遅くなったので、後、長くても4話くらいなのでしょうか。
その影響が出ているのかもしれません。
でも、一つの話を無理に引っ張っるよりは、テンポがあっていいとは思います。
生徒たちが、きらきらと前向きなのもいい感じ。

来週は、いつもどこかしらテンパっているように見える坂本の事情が描かれるようで、楽しみです。

.

.

#1 #2 #3

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« マルモのおきて 第6話 | トップページ | リバウンド 第6話 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□高校生レストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/51824944

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生レストラン 第4回:

» 高校生レストラン まご茶漬 [のほほん便り]
なんと、開店して、間がないのに食中毒? でも、それが1人だけ… ってあたりに疑問を感じ、調べた結果。それは心寂しい老人の仮病だったのでした。 そこから、なんとか彼等にも満足していただける食事を提供できないものか… みんなで、考え、足を使って街にリサーチに出かけ、集計し、検討した結果。御年配の方向けのお出しする、そういう日をもうけることはできないかと、と考えつきます。 この企画自体、若者の将来のため、のみならず、町おこしの一環、でもあったのです。住民の4割がお年寄り、だったのにも気がつきま... [続きを読む]

» 高校生レストラン 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
高校生レストランから食中毒が出たという知らせを聞き、新吾(松岡昌宏) と宏(伊藤英明)はレストランへ駆け付ける。 病院からの連絡によると、救急車で運ばれた老人・高科(織本順吉)が、 昼に「花ご膳」を食べたという。 やがて、高科の食中毒は仮病の可能性が高いことが... [続きを読む]

» 高校生レストラン 第4話 まご茶漬 [レベル999のgoo部屋]
『まご茶漬』 内容 高校生レストランの花御膳を食べ食中毒になったと病院に運ばれた老人がいると 知らせを受ける新吾(松岡昌宏)と岸野(伊藤英明)は、 すぐにレストランへと駆けつける。 すでに、岩瀬校長(平田満)戸倉課長(金田明夫)がいた。 プロの新吾がついて...... [続きを読む]

» 高校生レストラン (第4話 5/28) 感想 [ディレクターの目線blog]
5/7から日テレで始まったドラマ『高校生レストラン (公式)』の第4話『まご茶漬』の感想。 村木と岸野のW主役風で、村おこしのお話で成功かも? これまで、村木新吾(松岡昌宏)と生徒の高校生レストラン開店までのお話がとんとん拍子に進み、視聴率もトントンと下がってきた。 しかし、今回から村木と岸野宏(伊藤英明)のW主役っぽくなり、村おこしの話に仕立ててきた。そもそも実話では、高齢化の進んだ過疎の村おこしありきの高校生レストランだから、むしろこれで軌道修正が終わったと言うだけ。 で... [続きを読む]

« マルモのおきて 第6話 | トップページ | リバウンド 第6話 »

作品一覧