2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ブラックスワン | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第7週 »

2011年5月22日 (日)

チャレンジド ~卒業~ 後編

公式サイト

依然として次の学校が決まらない啓一郎。
受験期の生徒たちに動揺をあたえないために、そのことを生徒たちに黙っているよう、同僚たちに頼みます。

啓一郎のような教師になりたい、という夢を語っていた江藤ですが、家業が倒産したために進学をあきらめようとします。
江藤を励ますために、自習時間に「生徒が教師となって生徒を教える」というプログラムを考えつきます。
教師役をこなした江藤は教師になる夢を取り戻します。
そして受験当日。
看護士になりたいという夢を持つ比夜は、緊張から過呼吸の発作がぶりかえし、教室に入ることができず、受験に失敗。落ち込んでしまいます。
啓一郎が進める二次募集にも、再び発作が起きることが心配で耳を貸そうとしません。
しかし江藤の励ましを受けて、受験を決意。当日は、啓一郎やクラスメイトたちが受験校へ駆けつけて応援。無事に試験を受けることができました。

しかし、そのために面接に行かなかった啓一郎は、ついに次の学校をがみつからないまま、卒業式を迎えます。
啓一郎がこの学校を去ること、次の学校が決まっていないことを知って動揺する生徒たちに、啓一郎は、目が見えなくなって絶望した自分を支えてくれたのは家族と君たちだったと礼を述べます。
でも、贅沢を言わせてもらうなら、君たちの顔が見たかった。

終業式が終わって自分の荷物をまとめ、学校を去る啓一郎を待っていたのは生徒たち。
啓一郎に手作りの卒業証書を渡します。
本当はこの学校に未練があったと、啓一郎。しかしこの卒業証書をもらったことで次の一歩を踏み出す勇気が出た、とお礼を述べ、再び教壇に立つことにチェレンジし続けることを誓って、歩んでいきます。
.

あれ、これは新シリーズを作るつもりなのかな?という終わり方でした。(汗)

生徒たちは全員受かったのでしょうか、中には落ちてしまった子もいるんじゃないのかな?
そういう時に、目の見えない教師、啓一郎がどう動くのかを見たかったです。
あと、校長の比重が軽くなっていたなぁ、とか。連ドラの時は皮ジャンにバイクで奔走していたのに。幸江の恩師、という設定も生かされてませんでした。
面接も事前に一言言っておけば、就職はできなくても「えらくご立腹」という事態にはならなかったのでは・・・とか、ついつい突っ込んじゃいました。(汗)

全体的に時間が足りなかったような気がします。
シリーズの時は目が見えないからこその苦労が織り込んであったのに、前編はともかく、後編はその時間もなかったように見えてしまいました。
ま、特別編だから、これでいいのかな。

啓一郎という熱い教師が、生徒たちに忘れられない存在になったであろうことは、感動をともなってコンパクトに描かれていたと思います。

ベタで直球なドラマでしたが、目が見えなくなった時の啓一郎の苦悩を見てきただけに、最後の最後、学校から遠ざかって行く啓一郎の決意の表れなのか、思いつめた表情が、一番印象に残りました。

・・・心配になるじゃないですか。すっきりするドラマのはずなのに。←NHKの思う壺?

.

.

~卒業~ 前編
#1 #2 #3 #4 最終回

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ブラックスワン | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第7週 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

コメント

いや~ホント直球も直球、思いっきりまっすぐなドラマを久しぶりに見せてもらいました。
連ドラでの啓一郎や家族、同僚たちや校長の紆余曲折を見てきたから、今回の『卒業』は特別な気持ちで見守りましたよ~
でも、逆に、連ドラを見なかった人には伝わりずらかったかも・・って思ったり。
>そういう時に、目の見えない教師、啓一郎がどう動くのかを見たかったです。
確かに~。
本当に子供達と啓一郎の『卒業』に焦点を当てたアレでしたもんね。
もっと啓一郎と新谷の教師としての姿をじっくり見たかったですよね。
>・・・心配になるじゃないですか。すっきりするドラマのはずなのに。←NHKの思う壺?
そうですよ~!
啓一郎、これから無職?幸江が働いて家計を支えるのか?とかいろいろ考えちゃいました。
このままじゃ安心できないですよね~


こんばんわ。

啓一郎が教師を続けられるもの、と思ってみてたためか、結構辛口な感想になってしまったかも(汗)。

>でも、逆に、連ドラを見なかった人には伝わりずらかったかも・・って思ったり。
>もっと啓一郎と新谷の教師としての姿をじっくり見たかったですよね。
そうなんです。
江藤、比夜のフォローで描かれてはいたのですが、シリーズの時はもっと生徒との関係が濃かったので、少し物足らなく感じたのかもしれません。
ですので、ラストの感動は連ドラを見ててこそ、かもしれない、と思っていました。

>啓一郎、これから無職?幸江が働いて家計を支えるのか?とかいろいろ考えちゃいました。
家計だけでなく、感情の起伏の激しい啓一郎を支えてきた幸江の姿をみてきただけに、心配です。幸江なら、きっと明るく乗り越えてくれる思うのですが・・・

>このままじゃ安心できないですよね~
安心できません!(きっぱりw)
続編を作って欲しい、と思わざるおえませんよ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジド ~卒業~ 後編:

» 「チャレンジド」 〜卒業〜 前編 さよなら熱血教師! [トリ猫家族]
 うぅ・・(´;ω;`) 泣かされっぱなしの1時間だったよう・・・ 「頑張る」って言葉は、時に重くのしかかることがあって好きじゃないけど、「前を向いて踏み出す」ってことなん ... [続きを読む]

« ブラックスワン | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第7週 »

作品一覧