2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ハガネの女 2 第6話 | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その17:ニュー・スコットランドヤード周辺散策 »

2011年5月27日 (金)

来年の大河:女性キャスト

以下敬称略

藤原璋子(待賢門院):檀れい、藤原得子(美福門院):松雪泰子、高階明子:加藤あい、平時子:深田恭子、常盤御前:武井咲、由良御前:田中麗奈、平滋子(建春門院):成海璃、藤原宗子:和久井映見、堀河局:りょう

「平清盛」は、武士が貴族たちから差別されていた時代、本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏の平忠盛の元で育てられた少年が、瀬戸内海の海賊を束ね“武士の王”となり、貿易こそがこの国が豊かになる道だと人々に説く……という視点で描かれる。清盛の20~30代をメーンに、清盛の死後、壇ノ浦の戦いまでをドラマ化する予定。(毎日新聞デジタル)

だ、そうです。

常盤御前はやっぱり登場するのね。当然かぁ・・・義朝の側室にして、清盛の側室(伝承)だものなぁ。歴史上の人物としてですが、あまり好きじゃないんです(汗)。

檀れいさんの璋子と松雪泰子さんの得子の争いは・・・怖そう(^^;;

たまにはがっつりした大河も見たいので(汗)、できたらドロドロ系のシーンは少なくして欲しいなぁ。
しかし、平安王朝の末期のこの時代は、戦国時代よりはるかに女子が歴史に関与していた、というかそのように書かれた文書が多く残っているので、ある程度の覚悟はしています。

そこんとこ、バランスよく、うまく書いて欲しいです。(切望)

.

.

来年の大河

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ハガネの女 2 第6話 | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その17:ニュー・スコットランドヤード周辺散策 »

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年の大河:女性キャスト:

« ハガネの女 2 第6話 | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その17:ニュー・スコットランドヤード周辺散策 »

作品一覧