2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーオーズ/OOO #35「夢と兄とバースの秘密」 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第19話 »

2011年5月23日 (月)

JIN-仁- 完結編 第6話

公式サイト

原作未読です。

感想のみ書きます。

今回も見応えがありました。

連絡が途絶えた龍馬と合えれば、と思いつつ、ペニシリンの普及のために長崎にやったきた仁。
グラバーの手術を通じてボードウィンの信頼を勝ち得るエピソードを挟みつつ、変ってしまった龍馬との再会を軸に描いていました。

喜ぶ仁、ちょっとこそこそする、様子のおかしい龍馬・・・
人間的な龍馬が今週も目を引きました。

日本を一つにするためには幕府を倒さねばならない。そのために戦をする。
まず、相手をねじ伏せなければ前には進めない。平和も訪れない。(概略です)

その考えの下、長州の勝ち戦の様子を喜ぶ龍馬に、戦争を起こす人は必ずそう言う、と仁。
暴力は暴力しか生まない。あんたは単なる武器商人だ。

龍馬の言っていることは人類のたどってきた歴史が証明しており、仁の言っていることは理想でしかないこともわかる。
しかし、本当の戦場を見た時に自分だったら何を思うか。今更ながら、考えてしまいました。
自分が銃を持って戦わねばならない兵士の場合と、仁のように非戦闘員の場合では違うでしょうし。

助けた兵士達が、なすすべもなく無残に殺されていく。
いくら、この時代でできることに懸命になる、と決意したとしても、どこかこの世界の人間ではない、という意識が拭えない仁が見た、現実。

仁のスタンスは、画面を通じてドラマという虚構の世界を見ている自分と共通しているのかも。だからこそ、もし、あの場に自分がいたら、と考えてしまいました。
と同時に、「過去を未来からきた人間、仁の目を通じて見せる」というタイムトリップものの魅力をうまく描いていると思いました。
.

どのような戦争回避の意見が出たとしても、結局は正義を実現させるための戦争は必要なのだ、という理屈ではない、思念が勝つ。
相手を潰さなければ、こちらが潰されるのですから。
しかし、やらねばやられる、という事態になる前であるならば、回避できるかもしれない。

仁の言葉、行動に何かを感じた龍馬。
これ以上抜き差しならぬ事態にならぬように動き出す、ということなのでしょうか。
それこそ、暗殺される最大の原因となるかもしれません。

そして、そういう影響を仁が龍馬に及ぼすことを、神は止めなかったわけです。

保険の仕組みなど、未来の事物について話すことは許される。しかし、目の前でおきようとしていることには手を出せない。
それゆえか、龍馬にどうしても暗殺のことを言えない、仁。

「からくり儀右衛門」こと田中久重って、東芝の基礎を作った人なんですね。なぁる・・・
浅野和之さんの田中久重の「みんなが喜ぶ」には思わず和みました。
しかし、彼もまた歴史の渦に巻き込まれた人々のなかの一人だったのです。

歴史の渦の中で、仁は、仁の未来はどうなるのか。
次回も目が離せません。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

JIN-仁- 前シーズンの最終話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーオーズ/OOO #35「夢と兄とバースの秘密」 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第19話 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□JIN-仁- 完結編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JIN-仁- 完結編 第6話:

» 「JIN-仁-」第6話 感想~ [徒然”腐”日記]
昨夜は会合で出かけてたんで今しがた観た所ですう~~んついつい引き込まれて観ちゃいますね~~面白い!あらすじはJIN-仁-公式サイトからペニシリンの普及のため長崎の精得館で講義... [続きを読む]

» JIN~仁~2 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
ペニシリンの普及のために長崎にやって来た仁(大沢たかお)は 「精得館」で講義をするが、周囲の反応は冷たい。 そんな中、仁は暗殺の時が近づく坂本龍馬(内野聖陽)と再会する。 龍馬は、英国商人から仕入れた武器を、幕府と戦っている長州藩 に売っていた。 龍馬と共に長... [続きを読む]

» JIN−仁− 第六話 [レベル999のgoo部屋]
『坂本龍馬の闇』 内容 ペニシリンを広げようと奔走する仁(大沢たかお) その仁は、、いま、長崎の精得館に講義にやって来ていた。 松本良順(奥田達士)が設立し、ペニシリン普及に買って出てくれたのだった。 だが素性を誤魔化していることもあり、 教師のオランダ人...... [続きを読む]

» JIN-仁- 第二期(完結編)第六話 [ドラマハンティングP2G]
「坂本龍馬の闇」 仁(大沢たかお)は長崎の精得館にペニシリンの講義に赴くが、生徒の医師たちの反応は鈍い。原因は、ここの教師をしているオランダ人医師にあった。彼は留学もしたことがないという仁が自分たちも知らない医術を知っているはずがないと不信感を持ち、…... [続きを読む]

» JIN-仁- 坂本龍馬の闇 [のほほん便り]
ペニシリンの普及のため尽力する仁先生(大沢たかお)。ひとつには、龍馬への逢いたさもあって、長崎に講義にいくことに。 熱心な講義。だけど、最初は冷ややかだった周囲の反応が、グラバーの目の手術… その実力、技術力の高さを目の当たりにすることによって急に尊敬のマナザシになるのは痛快でしたね。 そして、今回は龍馬(内野聖陽)の変貌への当惑と、それによる微妙な衝突と心の葛藤も見どころのひとつ、でした。 あと、名前をかえて講義をうけにきてた、田中久重(浅野和之)との会話が味わい深かったかな? ... [続きを読む]

» JIN―仁― 第6話 [MAGI☆の日記]
JIN―仁―の第6話を見ました。 仁はペニシリン普及のために長崎を訪ね「精得館」で講義をするが、生徒達の反応は冷ややかであった。 それは、精得館で教師をしているオランダ人医師・ボードウィンの影響...... [続きを読む]

» 「JIN−仁− 完結編」 第6話 坂本龍馬の闇  [トリ猫家族]
 いや〜もしかして歴史っていうのは、時々こうやって未来から来た人間によって追加と修正を加えながら進んできたのかもしれない・・(どこが始まりなんだ?って話になるけど・・ ... [続きを読む]

» 〔感懐5.22〕いざなわれし義の仁の物語 [義風捫虱堂]
JIN−仁− 完結編 第六話「坂本竜馬の闇」 DOG DAYS EPISODE8 [続きを読む]

» 『JIN−仁−』(完結編)第6話 [悠雅的生活]
〜坂本龍馬の闇〜 [続きを読む]

» 『JIN−仁−』(完結編)第6話 [悠雅的生活]
〜坂本龍馬の闇〜 [続きを読む]

» 別館の予備(バブ&トリコ&JIN) [スポーツ瓦版]
5月24日 バブ&トリコ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10899995835/6516a71d [続きを読む]

» バブ&トリコ&JIN [別館ヒガシ日記]
バブはベル東条に突入で 男鹿の紋章が消えるも看病し 男鹿VS東条の手下は微妙も 男鹿VS東条は良い感じだけど 次は登場する回だね トリコは待望バトルウルフも... [続きを読む]

« 仮面ライダーオーズ/OOO #35「夢と兄とバースの秘密」 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第19話 »

作品一覧