2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リバウンド 第5話 | トップページ | 来年の大河:女性キャスト »

2011年5月27日 (金)

ハガネの女 2 第6話

公式サイト

原作:深谷かほる「ハガネの女」

本当は勉強ができるのに、友だちに嫌われたくなくて、学校のテストにはわざと間違った答えを書いていたさくら。
人の注目を浴びたくてすぐバレる嘘をつき続ける美月。
美月の嘘のために負った怪我を、酔っ払って電信柱にぶつかった、と生徒に告げるハガネ。

三つの大きな嘘が描かれていました。

今回は久しぶりに「99%嘘でも行く」と突っ走るハガネが描かれていたので面白かったです。

そして、突っ走るハガネをフォローする教師たち。
嘘をつくな、とは言わないけれども、君の事を見守っている人がいることを忘れないで欲しい、と美月を諭す先崎。
覚悟はしていたものの、結局嘘だったことに、怪我以上にショック・・・無力感を感じるハガネに、100%嘘だとわかっていてもあなたは行くでしょ?、と語りかける藤間。
職員室に集まる校長、教頭、水嶋たち。教師達のチームワークも描かれていていたと思います。そう、あの教頭まで。
今までハガネ以外の教師たちの活躍を描いていたことが効いていた・・・と、思いたい(汗)。

さくらが嘘をついていたのは、私立に進んだ姉が公立の時の友だちをなくしてしまった様子を見ていたから。
しかし夏希は自分たちを信用してくれてなかったことを怒っています。
ハガネに後押しされて、さくらは夏希たちに、これからも友だちでいたい、でも勉強も好き、と嘘をついていたことをあやまります。
強情っぱりな夏希。ほんと、憎たらしいぐらい強情なお子さんです。
でも友喜や京子たちのとりなしで仲直りできました。とりなしてくれるのを待ったいたのかもね。京子たちも夏希の取り巻きじゃなくて、どちらも心配する本当の友だち、という感じで、良かったです。

しかし。
美月の方は一筋縄ではいかないようです。
虚言癖かぁ。これは大変。親は子供を信じたいから、家庭だけでは直しにくいだろうし。
今回の事件でもまだ懲りていない様子。というより、悪いことをしているとは心の底から思っていないのでしょう。
なので、ラスト、ハガネが美月に近づくシーンは緊迫感があって良かったです。
きょとんとした顔に悪い顔がちょっぴり混じっている美月。うまいです、石井さん。

後、さくらの告白を聞いてしまった、私立を目指している二宮敦子も気になりました。今、すでに、かつての友だちに冷たくされているのですが・・・それは今後のお話ですね。

水嶋が前回よりさらに熱い教師になっていました。←結局自分的にはここなのですね、今シリーズの目玉は(大汗)。
どうやら複雑な生い立ちで、色んなコンプレックスを抱えて大きくなったようなので、その分、心に何かを抱えている子供の気持ちがほとんど本能的にわかるようです。
だからでしょうか、友喜に慕われるのは。友喜との関係はお互いにとって、いい方向にいって欲しいなぁ。
ラスト、美月の肩を抱いて教室に入るハガネを眩しそうに見ていたのが印象的でした。

ともかく、ハガネ自身が生徒に向き合って動いていたので、今までで一番面白かったです。ハデな立ち回りはオプションってことで・・・

水嶋の体験的プロファイリング(っていうのかな;;)があるのだから・・・上川っているのかな?という疑問はまだ消えていませんが。今後に期待です。

.

.

1 2 3 4 5

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« リバウンド 第5話 | トップページ | 来年の大河:女性キャスト »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□ハガネの女 2」カテゴリの記事

コメント

今シーズンはハガネの活躍よりも、教師全体で解決に向かうってアレなんでしょうね。
寂しいわ~
今回、ハガネらしくボーリング場に向かって行ったのはよかったけどなんか「ごくせん」ぽかったなぁ・・・
今回、藤間先生のセリフのおおさにちょっと笑ってしまったわ。
>上川っているのかな?という疑問はまだ消えていませんが。今後に期待です。
結局、たいして役にたってないし・・(オイオイ)いらないような・・・
カウンセラーという立場ではなく、普通に同僚としてならいいと思うんだけど。
>水嶋が前回よりさらに熱い教師になっていました
いい感じですよね~(笑
もっと水嶋のバックボーンが知りたいです。
徐々に変わっていく感じが。ハガネに恋愛モード入りそうな予感もするけど・・・

こんばんわ。

>今回、ハガネらしくボーリング場に向かって行ったのはよかったけどなんか「ごくせん」ぽかったなぁ・・・
なんでネタが「暴力高校生」なのかなってね、思っちゃいました。
第1シーズンでは生徒本人や家庭環境に体当たりしていたような気がするのですが、今回も美月の家庭環境は置き去りっぽい感じでした。今後再登場するのでしょうかね~。回数的にはなさそうですが。

>カウンセラーという立場ではなく、普通に同僚としてならいいと思うんだけど。
そうなんですよ。今のところですが、なんとも謎のキャスティングだなぁと。

>もっと水嶋のバックボーンが知りたいです。
水嶋のキャラがたってますね。個人的には嬉しいのですけれども(汗)、「ハガネのドラマ」としてはどうなのかなぁ、と思ってしまいます。

>ハガネに恋愛モード入りそうな予感もするけど・・・
少なくとも、水嶋の方は入る可能性がありそうですね。

第1シリーズを見ていない人はどのように感じているのかなぁ。

ともかく、見守ることにします(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハガネの女 2 第6話:

» ハガネの女2 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
ある日、さくら(原舞歌)が学力テストでズバ抜けた成績を収める。 しかし、ハガネ(吉瀬美智子)がそれを本人に告げると、彼女はテスト結果を 公表することを頑なに拒む。 さくらは友だちである夏希(鍋本凪々美)たちから避けられるのを恐れ、テスト のたびにわざと答を間違... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 第6話 [ドラマハンティングP2G]
「天才少女と嘘をつく少女!?」  ある日、さくら(原舞歌)が学力テストでズバ抜けた成績を収める。しかし、ハガネ(吉瀬美智子)がそれを本人に告げると、彼女はテスト結果を公表することを頑なに拒む。さくらは友だちである夏希(鍋本凪々美)たちから避けられるのを恐…... [続きを読む]

» ハガネの女season2 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『天才少女と嘘をつく少女!?』 内容 土曜日の授業が実施されることになった。 基本的に大学生のボランティアが行うが、場合によっては教師も参加するという。 成績次第で、学校の評価、教師の評価にも関わってくるということだった。 そんななか、 ハガネ(吉瀬美智子...... [続きを読む]

» ハガネの女2nd 第6話〜虚言癖少女・美月が怖い [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『ハガネの女』2ndシーズン第6話 物語的には、毎度申し上げてるとおり1stシーズンに遥かに及ばなくって残念・・・。 ただ、嘘と分かる嘘に嘘を重ねる虚言癖少女・美月(石井萌々果)の、あざといまでの作り笑いが不気味で印象に残ります。 あの笑みに下から照明当てたら怖いもの・・・。 で、ハガネの熱意で簡単に虚言癖が治ったとしたら、最悪でしたが、そこはギリギリセーフって感じで余韻を残しましたね。 褒め言葉にならないかもしれないけど、石井萌々果ちゃんは美月役がバッチリでした。 −◆− ... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 [ドラマQ]
ハガネの女 season2 木曜 21:00 テレビ朝日 2011年4月21日~(初回20:00~2時間SP) 【キャスト】 吉瀬美智子、要潤、設楽統(バナナマン)、有村架純、大橋のぞみ、清水ミチコ、横山めぐみ ほか 【スタッフ】 原作:『ハガネの女』深谷かほる(集英社YOU) 脚本:大石哲也 音楽:朝倉紀行 主 題 歌:ケツメイシ(トイズファクトリー) 監督:唐木希浩/常廣丈太 チーフプロデューサー:佐藤凉一 プロデューサー:中込卓也/飯田 爽/... [続きを読む]

» ハガネの女 season2 (第6話 5/26) 感想 [ディレクターの目線blog]
4/21からテレ朝で始まったドラマ『ハガネの女 season2 (公式)』の第6話『天才少女と嘘をつく少女!?』の感想。 二つの話を「嘘」でくくって、サクッと乱闘して終了… 今回は「嘘」くくりの二つの話がメイン。さくら(原舞歌)が仲間外れを恐れて友だちに嘘をつくことと、美月(石井萌々果)の虚言癖、これって「嘘をつく」と言う意味では同じだが、本来全く異なるお話。 それを単純に「嘘」くくりで描いて、無意味な乱闘をして終わり。なんだかなぁ。 乱闘くらいしかやることない…... [続きを読む]

« リバウンド 第5話 | トップページ | 来年の大河:女性キャスト »

作品一覧