2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« マルモのおきて 第3話 | トップページ | 来年の大河 »

2011年5月12日 (木)

リバウンド 第3話

公式サイト

信子が痩せたと思ったら、こんどは太一が激太り。
実は太一は信子と同じで子供の頃からの肥満体質。あだ名はブタイチ。
痩せていたのは両親が亡くなったショックを受けた、ここ最近だけだった。
デブの彼女は絶対にありえない、と言い切ったのも、自分のコンプレックスから、ということですね。

太一の気持ちがわかる信子は、これからもケーキ作りの手伝いをする、「愛の重さは体重とは関係ない」といい、編集長命令でその体験期を赤裸々に記事に。

しかし。そうはいったものの。太った太一にどうしてもときめかない信子。
暑苦しい顔でキスされることに生理的拒否反応を起こしてしまいます。

太一のどこが好きになったのか、との瞳の問いに、格好良かったから、など、容姿を挙げていく信子。結局人間、外観なのね。自分が太っていた時は、人は外観じゃない、っていってたのに。いざ、自分の時になったら、と暑苦しく自己嫌悪に落ち込みます。

元カレの研作は、痩せた信子にドキドキ。再び交際を申し込みます。君の笑顔が好きだった(概略です)なんて、調子のいいことを言ってますが。初回の、信子をふった時のあのひどい態度、忘れてませんから(笑)。

そこへチョコレートケーキが届きます。太一、3作目のケーキです。
頭の中で鐘がなる、美味しさ。

「人は人の何を好きになるかなんて、理由はない」
太っていようが関係ない、と、研作をほっぽり出して、ケーキを置いて去っていった追いかける信子。
そこには痩せて王子に戻った太一が。
君のために痩せたんだ。
そして、ふたりはめでたし、めでたし、「The End」。

とは、いかないわけで(爆)

人は人のどこを好きになるのか。外観じゃない、なんて奇麗事?

と、けっこう真面目なテーマを扱いつつ、実際の画は、オバカそのものでした。(激爆)
ともかく、太ってからの太一のうじうじ男っぷりに、無条件で笑えました。ほんまにうっとーしー!!
太一から信子へのストーカーまがいのメール、ここ、画面処理が可笑しかったです。(爆)

元々ある、何事も自分で決められない優柔不断さ、できなかったことを他の事のせいにしちゃう責任転嫁体質、加えて信子がだめならチヨコがいるさという調子の良さと人の気持ちを思いやれない俺様気質が、体重と比例して大幅に増幅し、暑苦しいダメ男に。

「もっと太ってやるからな!」(爆)

そんな太一に、うちのお父さんも太っているけど、素敵だ、と信子。
お父さん、そのお父さんに惚れたお母さんの影響でしょうか、信子は研作にふられるまでは、太っていることにはあまり劣等感はなかったようですし、それも暑苦しくありますが、明るく心優しい"デブ"だったから、うじうじ太一にキレる資格はあるかも。

「つまんない原稿とケーキを見るとアレルギーがでる」という編集長にも、何かありそうな気がします。
痩せた信子を見ておろおろする研作もどう出る?
痩せた信子を理想の女性、と言う携帯男は何者?どう絡んでくるのでしょうか。
相武さん、さすが宝塚出身。安心して関西弁が聞けました。
あのヤバイ薬が神谷の顔になって喋っているのには、あまりに違和感がなくて、思わず噴出してしまいました。

なんと言っても、このヤバーイ薬が気になります。
さてさて、これからどうなりますことやら。

このドラマ、特殊メイクがなければ、信子と太一が喧嘩したり仲直りしたりして、次第に結びつきを固めていく、というごく普通のラブコメなんでしょうね。やはり企画の勝利かも。普通のラブコメ自体が少ない昨今、貴重かもしれません。
即ベッドイン、といのはハリウッドテイストかな、それでもサバサバしている感じが良かったです。

信子とチヨコの二役でアタフタする相武さんに座布団2枚。
脚本が同じ人のためか、まくし立てるセリフ回しにちょっと「曲げられない女」が入っているかな?

速水さんのダメっぷりに座布団5枚。
太っても小顔は隠せないのが、妙に可笑しかったです。

.

.

#1 #2

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« マルモのおきて 第3話 | トップページ | 来年の大河 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□リバウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リバウンド 第3話:

» リバウンド [ドラマQ]
リバウンド 水曜 22:00 日本テレビ 2011年4月27日~  【キャスト】 大場信子 - 相武紗季 今井太一 - 速水もこみち 三村 瞳 - 栗山千明 風見研作 - 勝地 涼 内藤有希 - 西山茉希 神谷貴之 - 半海一晃 大場智恵 - 伊藤かずえ 大場睦己 - 石塚英彦 森中 蘭 - 若村麻由美 【スタッフ】 脚本:遊川 和彦 音楽:池 頼広 チーフプロデューサー:田中 芳樹 プロデューサー:大平 太   太田 雅晴 演出:南雲 聖一 ... [続きを読む]

» リバウンド 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
信子(相武紗季)は、ケーキの試食で太ってしまった太一(速水もこみち) に抱き締められるが、好きな人に抱き締められたのに全くときめかなかった。 後日、信子が太一の店を訪れると、太一から「太っていてもいいなら、 付き合ってくれ」と正式に交際を申し込まれ、勢いで承諾... [続きを読む]

» リバウンド 第3話 [ドラマハンティングP2G]
「外見は…関係ない」 減量に成功した信子(相武紗季)は太一(速水もこみち)の店で、すっかり太った彼を見詰める。太一は信子がしばらく来てくれず、ケーキの試食など全て自分でしたからだと言い訳する。 その後、太一は子供のころから太っていたと告白。それが原因でいじ…... [続きを読む]

» リバウンド 第3話 外見は…関係ない [レベル999のgoo部屋]
『外見は…関係ない』 内容 薬の力を借りて、ようやくリバウンドから、痩せた状態になった信子(相武紗季) これで、太一(速水もこみち)に会える!! と思っていたのに、、、現れた太一を見て愕然とする。 試作のケーキ、、、シュークリームを食べ過ぎて、デブになって...... [続きを読む]

» 《リバウンド》#03 [まぁ、お茶でも]
「愛の重さは体重とは関係ありません。」 そう言ってみたものの、太一は、見るも無残に変貌していた。 元々太っていたので、子供のころからは、「ふといち」と呼ばれていじめられていた。 両親の葬儀が終わって、何も食べる気が起きず、その時初めて痩せた。 好きな人に初めて抱きしめられたのに、信子はちっとも喜べなかった... [続きを読む]

« マルモのおきて 第3話 | トップページ | 来年の大河 »

作品一覧