2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その16:ナショナル・ポートレート・ギャラリー | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第3、4週 »

2011年5月 4日 (水)

マルモのおきて 第2話

公式サイト

簡単感想メモです。

護が会社に入っている間に外に買い物に出かけた双子が迷子になる。
双子とムックの存在が大家親娘にばれる。
双子を引き取りに来た叔父、秋人。
引き取られた後は、双子は再び別れ離れに暮らさなければならない。

これたのエピソードを経て、護が双子を引き取る決意をするまでの心の動きを、100円玉、覚えたばかりのひらがななどのアイテムを、丁寧に使いながら描いていました。

双子の母親は育児ノイローゼで子供達を置いて失踪してしまい、そのことに怒った親戚たちは、純一郎が死んだことも知らせなかった、とのこと。
母親の居所はわからないままのようです。

丁寧、という言葉がぴったりなドラマだと思います。
そして、子役さんたちの好演はいうまでもありませんが、阿部さんが全力で引っ張っている感じ。

子供達の泣き顔など、反則やろ、と思える部分もあるのですが、その反則技にはまってしまう護の、人の良さというか、あたふたぶりが、あざとさを感じさせないのかな、と。
子育てモノの定番をきちんとふまえているように思いました。

「子どもは子どもらしく。犬は犬らしく。」

親戚ですら躊躇する双子の子育てを引き受けてしまった護。
養育費や教育など、どうするんだろう、と思ったら、本格的に子育てが始まる来週から描かれるようです。

ムックが喋る、という設定はまだ生きているとは思いませんが、今後もこの程度の方が、物語は安定するのかもしれません。
喋るときの口の動きがなんとなく気になったりはしました。(汗)

.

.

#1

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その16:ナショナル・ポートレート・ギャラリー | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第3、4週 »

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

□マルモのおきて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/51578793

この記事へのトラックバック一覧です: マルモのおきて 第2話:

» マルモのおきて 第2話 今日からここがおまえらの家 [レベル999のgoo部屋]
『今日からここがおまえらの家 内容 親友の子供・薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)と一緒に暮らすことにした “マルモ”こと護(阿部サダヲ) が、、、ふたりが連れていた犬が、喋ったことに驚き メンタルクリニックを訪れ、診てもらうことに。 医師の桜子(芳本美代子)に...... [続きを読む]

» お客様の声は、宝の山 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
子供&犬卑怯要素満載のドラマなので仙台では初回の視聴率は17.2%だったマルモのおきて第2話は、フィギュアのせいで1時間半遅れの放送となったがマルマルモリモリ♪芦田愛菜... [続きを読む]

» マルモのおきて [ドラマQ]
マルモのおきて 日曜 21:00 フジテレビ 2011年4月24日~  【キャスト】 高木護:阿部サダヲ 笹倉薫:芦田愛菜 笹倉友樹:鈴木福 ムック:ムック(ミニチュアシュナウザー) 畑中彩:比嘉愛未 真島孝則:小柳友 塩沢民子:千葉雅子 尾崎凛花:外岡えりか 牧村かな:滝沢沙織 鮫島勇三:伊武雅刀 畑中陽介:世良公則 【スタッフ】 脚本:櫻井剛、阿相クミコ 音楽:澤野弘之、山田豊 主題歌:薫と友樹、たまにムック。『マル・マル・モリ・モ... [続きを読む]

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その16:ナショナル・ポートレート・ギャラリー | トップページ | おひさま 不定期観測メモ:第3、4週 »

作品一覧