2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« JIN-仁- 完結編 第4話 | トップページ | 新選組血風録 第6回「沖田総司の恋」 »

2011年5月10日 (火)

江 姫たちの戦国史 第17話

公式サイト

いつにも増して、短い感想をメモっておきます。

家康を上洛させるため、妹を離縁させて家康の正室として送り込み、それでも出てこないので、実母まで差し出す秀吉のお話でした。

「大事なものを差し出せば?」@江

そんななりふり構わぬ秀吉の姿に少しずつ惹かれていく茶々を複雑な思いで見守る、江。

・・・どうしても秀吉に惹かれる茶々の気持ちが理解できないんです。少なくとも、このドラマの秀吉に。
何度か書いていますが、側室は当たり前の時代なんだ、とわかっていても、ホームドラマの体裁をとっているので、広い大阪城とはいえ、正妻と同居しているのに露骨に茶々に色目を使う姿が、気持ち悪いとしか思えないんです。
あ、信長だったら許せるかもしれない?(笑)
秀吉、熱演されているのですが、徳川家のシーンとのギャップが激しすぎるような。秀吉と家康の対面のシーンは見応えがありました。加えて、大広間にたくさんのお侍さんたちが揃って畏まるシーンも珍しかったです。

「別に」@江
うーん。笑うべき所なのかな・・・
少なくとも、もう立ち聞きパターンは止めにしませんか?

秀勝が登場しました。江の気持ちが動きそうです。
来週は初の恋。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« JIN-仁- 完結編 第4話 | トップページ | 新選組血風録 第6回「沖田総司の恋」 »

△大河:江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江 姫たちの戦国史 第17話:

» 江~姫たちの戦国~ 第17話「家康の花嫁」 [ぷち丸くんの日常日記]
秀吉(岸谷五朗)は関白宣下を受け、天下人への道を着々と歩んでいた。 江(上野樹里)は関白となった秀吉の執心に、茶々(宮沢りえ)が屈しない かと気がかりだった。 そんな秀吉にも思い通りにならないものがあった。 家康(北大路欣也)だ。 小牧、長久手の戦い以来、秀吉... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第十七回 家康の花嫁 [レベル999のgoo部屋]
『家康の花嫁』 内容 天正13年、 ついに関白宣下を受け、名実ともに“天下人”となった秀吉(岸谷五朗)。 なか(奈良岡朋子)は“大政所”、おね(大竹しのぶ)は“北政所”となり 秀吉は、ふたりに対し、、江(上野樹里)を“江と呼べ”と言い始める。 一方で“利休”と名乗り...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.17家康の花嫁 [Refreshing-wind-blows※別館※]
  【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第17回「家康の花嫁」 【あらすじ】 秀吉(岸谷五朗)は関白宣下を受け、天下人への道を着々と... [続きを読む]

» 〔NHK大河ドラマ〕江〜姫たちの戦国〜 第17回「家康の花嫁」 笑ってるだけでのAKIRA秀勝 [しっとう?岩田亜矢那]
一部静岡県人が熱狂的に盲信する 徳川家康であるが、 島根県人である田渕久美子が どうして、ここまで美化する? きっどさんら大阪人は 幼少の頃から正しい教育を受けているので 家康が如何に 小ズルくて、セコくて、卑怯の塊で、 極悪非道の本性を隠した「狸オヤジ」 で...... [続きを読む]

» 〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第17回「家康の花嫁」 笑ってるだけでのAKIRA秀勝 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
一部静岡県人が熱狂的に盲信する 徳川家康であるが、 島根県人である田渕久美子が どうして、ここまで美化する? きっどさんら大阪人は 幼少の頃から正しい教育を受けているので 家康が如何に 小ズルくて、セコくて、卑怯の塊で、 極悪非道の本性を隠した「狸オヤジ」... [続きを読む]

« JIN-仁- 完結編 第4話 | トップページ | 新選組血風録 第6回「沖田総司の恋」 »

作品一覧