2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« さよならぼくたちのようちえん | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前) »

2011年4月 1日 (金)

TAROの塔 最終回「芸術は爆発だ!」

公式サイト

BSで先行視聴しました。
自分の解釈を交えつつ、とっ散らかった感想を書きます。
ネタバレもあるので、ご注意くださいませ。
.

.

70年安保闘争の真っ只中、タロウが感じていたのは、芸術には世の中を変える力はないのではないか、という無力感、「芸術の疎外感」。

万博のチーフプロデューサー就任を依頼されたタロウは、「体制に組するもの」として叩かれるからやめたほうがいい、と小松左京から止められますが、そのことが逆に引き受けるきっかけになったようです。
後押しをしたのは、敏子。

税金の無駄遣いだ、となどとバッシングを受ける中で、タロウが忙しく駈けずりまわる間、何もすることがなく時間をもてあます敏子は、自分の存在意義について考え込みます。女性としても、この生き方で良かったのか。自分は何も残していないのではないか。
再会した旧友にも、鋭さがなくなった、とタロウを批判され、ますます揺れます。タロウを否定されることは自分を否定されることでもある。自分の「作品」だと思っているタロウが。

旧友の言葉は、一般人代表なんでしょうね。
自分の作品を、生き方を貫くには、そんな意見は「糞喰らえ」と思わないと、やっていけないのだろうなぁ。「人の評価に自分を委ねてはダメ。」なんだ。

揺れる敏子に対して。
タロウは。

太陽の塔の模型の背面に黒い太陽を描き入れる。「太陽にだって影もある。影だって燃えているんだ!」(公式サイトより)

影とは、敏子のこと。影だって燃えている。
光と影。片方だけなんてありえない。二人でタロウの世界を作る、と敏子は腹を括ったようです。
「岡本太郎」しかできないことがある。
自分が撒いた種が花開き、もっと多くの、多種多様な才能が育つことを願うタロウ。
その思いとさらに同化していく敏子。アクションもタロウに似てきたました。

もっとタロウを、タロウの世界を人々に知らしめるために、敏子プロデュースで、タロウは様々なメディアに登場します。
「芸術は呪術。」
日本語の苦手なタロウに代わって評論を書く敏子は、まさしく、タロウのシャーマンとなりました。

有名な「芸術は爆発だ」が誕生した後、鏡を持って来い、といってポーズをとり続けるタロウ。
「おい、はやく持ってこい」(爆)

病に倒れる晩年に至るまで。
タロウをさらし者にしている、という批判も多かったのでしょうね。
自分も、「変な人」という認識しかなかったですから。

しかし。
敏子は、人から叩かれることに芸術家としての存在意義を見出しているタロウの「自分は生贄」と言い切る決意を具現化しただけ・・・というか、そういう「岡本太郎」であって欲しかった、とも言えるかもしれない。

絵筆が握れなくなるほど病が進行していく中、「岡本太郎」でなくなることに恐怖を抱くタロウは、「岡本太郎」でなくなった時は、私が殺してあげます、という敏子の言葉に安心します。

さらに悪化して意識も混濁してしまう中、敏子は倉田から、太陽の塔の模型の背面の黒い太陽はかの子を現しているでしょう?と言う問いを、タロウが否定しなかったことを聞かされます。

複雑な表情の敏子。ここは何とも言えない余韻が残りました。

目覚めないタロウの首を絞める敏子。
瞬間、タロウが目覚め、あのジェスチャーをしてみせます。

もう、いい。もう、休んでいい。

太郎の死後、太陽の塔を目にし、かつて自分が書いたタロウの言葉を、次第に高らかに、唱える敏子。

インタビューに答える敏子。岡本太郎の中にある神聖な火は消えない。
素敵な男の子だった、という言葉が印象に残りました。

.

登場人物は少ないのに、非常に複雑なドラマでした。
難解な作品、という意味ではありません。

岡本太郎、という複雑な人生をわかりやすく整理したストーリーで、印象的なセリフが多く、優れて映像的な作品でした。音楽も素晴らしかったです。
衆に媚びず、かといって自己満足にも陥らず、伝えたいことを表現した作品。

複雑だと感じたのは、普通ではないタロウとその周囲の人々との、心理的な葛藤の奥深さを描いたからだと思います。

最終回の常盤さんは、かの子の寺島さんと一対をなす、迫力がありました。
お二人とも、タロウにとっては母であり、シャーマンだったのでしょう、と書くのは簡単だけれども、それほど単純なものでもないような気がします。
敏子の生き方についても、芸術に、タロウに身を捧げた、というような単純な解釈はできないだろう、と。

書き残した感想がいっぱいあるようであり、書きすぎたようでもあり。

年を取るにつれ、松尾さん演じるタロウが、若き日のタロウ、濱田さんに似てきたように感じました。色々と深いです・・・。

ご本人がシャンソンを唄うシーンは、見た覚えがあります。
病に冒されていたとは、存じませんでした。

エンドロールに流れる美輪明宏さんの「水に流して」。
心に残りました。
あまりシャンソンには興味がなかったのですが、その魅力の一端に、ほんの少しだけ触れさせてもらったような気がします。

NHKの底力を見せてくれた作品でした。

.

.

#1 #2 #3

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« さよならぼくたちのようちえん | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前) »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□TAROの塔」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
いや~何かやっと記事書いたけど、私も例によって書きすぎてしつこかった気もするし、書き足りてないことがいっぱいあるような気もします。
なんか、心にドカンと穴をあけられたような衝撃的な作品でした。
Largoさんが書かれているように、登場人物は少ないんだけど
一人一人の内面が複雑すぎて、ついつい書きながら追求してしまうというか・・(笑
どの登場人物も激しくて、魅力的で・・・
何か松尾スズキさんのイメージ変わっちゃった・・・(笑
劇中で流れる音楽も、エンディングの美輪さんのシャンソンも
ぴったりで盛り上げましたよね。
録画したのとってあるので、また何度でも見たいドラマですよ~

きこりさん、こんばんわっ

>なんか、心にドカンと穴をあけられたような衝撃的な作品でした。
衝撃的過ぎて、沸き起こる余韻をどう表現したら良いか、わからなくなってしまうドラマでした。
文字にすると、何か違う、そういうことじゃない、とか。(汗)
今も、迷いつつ書いています。

>劇中で流れる音楽も、エンディングの美輪さんのシャンソンも
ぴったりで盛り上げましたよね。

すごく良かったですね。
ラストの美輪さんの唄には、本当に、がつんときました。

丁寧だけど、語りすぎていない。見た人の経験や状況で、どのようにでも感じられる「隙」をうまい塩梅で創ってくれていたような気がします・・・なんて、てうまくまとめることもないのかな。(大汗)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TAROの塔 最終回「芸術は爆発だ!」:

» NHK土曜ドラマ『TAROの塔』 第4回... [レベル999のマニアな講義]
『芸術は爆発だ!』内容太郎(松尾スズキ)とともに“岡本太郎”を作り始めた敏子(常盤貴子)やがて、太郎の異才は“万国博”のテーマプロデューサーという立場を呼び込む。それは... [続きを読む]

» 「TAROの塔」 最終回 芸術は爆発だ! [トリ猫家族]
「だって岡本太郎はいるのよ、ここに。そうでしょ? 何で、いないなんて言うの? 今も一緒に戦っているのよ。 まだまだ岡本太郎はこの世界に必要なのよ。 だから、まだ、な〜んにも ... [続きを読む]

» 【TAROの塔】第四回 最終話 [見取り八段・実0段]
最終話は万博成功から太郎の晩年まで。敏子はどうする?もし、これが失敗したら、今度こそ岡本太郎は終わるかも知れないよ。と言う太郎。メチャメチャに見える岡本太郎にもいっぱし... [続きを読む]

» TAROの塔 [Akira's VOICE]
最終回の感想  [続きを読む]

» TAROの塔 最終回 「芸術は爆発だ!」 [青いblog]
TAROの塔 BOX [DVD] NHK 土曜ドラマ岡本太郎生誕100周年企画 TAROの塔 オリジナル [続きを読む]

» TAROの塔 ♯4 [しなもにあ]
晩年の太郎さんの姿はちょっと痛々しくって・・・見たくなかった気もした敏子さんも喫茶店とか最後のインタビューのところとかちょっと「イタイ」感じがしたのは私だけでしょうか。... [続きを読む]

» 常盤貴子目当てで見るTAROの塔 最終話「芸術は爆発だ!」 [V36スカイラインクーペが欲しい!]
べらぼうなのはこのドラマだ! 今日はいよいよ本題、大阪万博の太陽の塔ができる経緯を描く。常盤貴子目線で言わせてもらえれば、太陽の塔を見た泣く常盤貴子の姿が感動した。私は ... [続きを読む]

» TAROの塔 第4回(最終回) [ドラマハンティングP2G]
「芸術は爆発だ!」 昭和42年。世の中では、反戦、反万博の機運が高まり、岡本太郎(松尾スズキ)は追い込まれていた。発表した太陽の塔の評判も芳しくなく、テーマ展示のための予算も不足していた。必死に交渉に駆けずり回る太郎。一方、敏子(常盤貴子)の不安もピー…... [続きを読む]

» TAROの塔 最終回 [のほほん便り]
「芸術は爆発だ!」… 知りませんでした。たぶんに、ドラマ的・誇張か創作だったのかもしれませんが、 この有名な語は、敏子(常盤貴子)が、太郎(松尾スズキ)の台詞や仕草から引き出し、磨きをかけたパフォーマンスだったんですね。 してみると、敏子は太郎にとって、秘書であり、通訳であり、名プロデューサーでもあったのだなぁ、と、改めて感心してしまったのでした。 当然、丹下(小日向文世)がチクリと苦言してきたように、中には、そのようなもてはやされ方を苦々しく思ってる面々もいる訳で… でも、... [続きを読む]

» 【TAROの塔】第四回 最終話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
最終話は万博成功から太郎の晩年まで。 敏子はどうする? もし、これが失敗したら、今度こそ岡本太郎は終わるかも知れないよ。 と言う太郎。 メチャメチャに見える岡本太郎に...... [続きを読む]

« さよならぼくたちのようちえん | トップページ | 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前) »

作品一覧