2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前) | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第7話 「ニキニキ!拳法修行」 »

2011年4月 3日 (日)

新選組血風録 第1回「快刀虎徹」

公式サイト

原作:司馬遼太郎「新選組血風録」
演出:清水一彦、西谷真一、佐々木善春/脚本:渡邉睦月、川上英幸/音楽:田中拓人/制作統括:後藤高久、加賀田透
出演:永井大、宅間孝行、辻本裕樹、豊原功輔、井上和香、野村宏伸、加藤虎ノ介、斉藤暁、林泰文、近藤正臣 他

.

「燃えよ剣」以前に書かれたこの原作は、何年かに一度再読しています。
この前読んだのは、「新選組!」の時だったでしょうか。かなり前なので、内容はうろ覚えです。うろ覚えのまま、視聴しました。その方がドラマに集中できますので。

以下、感想のみ書きます。

虎徹をめぐる話は覚えていました。
近藤と土方の出会いを含めて、新選組と名乗る前の様子を細かく入れて上手い具合に膨らませいたと思います。

殺陣の見せ場もあり、落ち着いた、正統派の時代劇として楽しめました。

原作では、土方は主人公というより、物語の基調を支えるキャラとして描かれているので、脇に回ることが多かったのですが、そこはドラマ。土方を隠れもない主人公にするようです。
土方を通じて、新選組の興亡を描いていくのでしょうね。

歴史ドラマではなく、あくまで時代劇ですので、勧善懲悪な部分も少し描かれないと楽しめませんので、土方を主人公にしたことでわかりやすくなったと思います。

「近藤さんのために武士になる。」
いいんじゃないでしょうか。土方ファンならば、聞きたかった言葉ですよ。ちゃんと押さえています。

後は、各キャストに馴染めるかどうかでしょうね。
見る人は、各自イメージを持っている人が多いだろうから。

「新選組」はそういうところに、アニメの実写並みに合う合わないが出る。これは否めない事実。
自分の持っているイメージをチャラにして無心に見ることが中々難しいのです、困ったことに。(汗)

でも、そういうことを重々承知の上で製作されたわけですから、その心意気は買いたいかと。

容保公は大藩のお殿様らしくて、ほっとしました。(昨年の大河ではひどい描かれ方だったからなぁ;;)
広沢様も実直そう。

芹沢鴨は、思った通りの悪役キャラで、安定感がありました。
沖田総司は、チャラっとした若造ぶりは出てたかな。まだ、これからですね。
後の壬生浪士の面々も、まだよくわからない感じ。
それぞれのファンの人たちはどう思われたでしょう。

近藤勇は、原作に描かれている、実直でバカがつくほど正直な人柄は出ていたように思います。
土方より大分年上に見えましたが、そこは老け顔、ということで。(汗)

主人公、土方歳三は・・・
このドラマの土方は、屈折した思いは持っていますが、基本的に爽やかな好青年、といったキャラでいくように感じました。原作の土方はもっと影があって、いぢわるなんだけどねっ(^^;;

それでは主人公にはなれないのか、あ、そうか。
「燃えよ剣」の栗塚さんも、ニヒルではあったけれども、基本的には「いい人」ではありましたもの。
でも爽やかな土方歳三は珍しいかな。新しい土方像ですね。楽しみです。

後・・・うーんと、正直に言うと。
土方というより、”近藤顔”のような気がしてならないのです。
もちろん男前ではありますが、「役者のような優男」には見えなくて・・・ごめんなさい!
いやいや、それも含めて、新しい土方像、ということで。←何か必死に自分に言い聞かしているような感じになってる?(笑)

ともかく、時代劇としては、しっかりしているので、面白くなりそうです。
.

「組!」ファンとしては、市中見回りシーンが多そうなのが、羨ましいかも。(滝汗)

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前) | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第7話 「ニキニキ!拳法修行」 »

□新選組血風録」カテゴリの記事

#ドラマ:2011年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組血風録 第1回「快刀虎徹」:

» 新選組血風録 第1回 「快刀虎徹」 [青いblog]
新選組血風録 (角川文庫) 解説 あらすじ 函館で最期の時を迎えようとし [続きを読む]

» BS時代劇 "新撰組血風録" Vol.1快刀虎徹 [**Refreshing-wind blows**]
河出書房・司馬遼太郎カラー版国民の文学26 司馬遼太郎 燃えよ剣/新撰組血風録 【中古】afb価格:1,000円(税込、送料別)新撰組血風録 公式HP第1回「快刀虎徹」【あらすじ】(↑... [続きを読む]

» BS時代劇『新選組血風録』 第1回 快刀... [レベル999のマニアな講義]
『快刀虎徹』内容明治2年春、函館。その日、土方歳三(永井大)は市村鉄之助(岡本りゅうたろう)を連れ、写真館で、自らの写真をとっていた。出来上がった写真を故郷に届けて欲し... [続きを読む]

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前) | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第7話 「ニキニキ!拳法修行」 »

作品一覧