2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーオーズ/OOO #26「アンクとリングと全部のせ」 | トップページ | TAROの塔 第3回「戦友」 »

2011年3月23日 (水)

冬のサクラ 最終回

公式サイト

昨日、やっと見れました。
2時間強。やむを得なかったとは言え、ちょっと長かったです。(汗)

命を落としかけた航一が目にしたものは。
自分のために必死で頭を下げる母、章子と、かつて恫喝とともに追い出した肇が、輸血に応じる姿でした。

これで航一はすっかり改心しました。
安奈の、今までの患者に対する態度を見ると、芯からヘンな人ではない、と言う言葉を信じたいです。

父親が山形出身の航一は物凄く珍しい血液型で肇は繋がっていた。
章子が、かつて信じていた人に裏切られた、というのは、自分の夫なのかも。
と、いうことは・・・このあたりは肇だけが何となくひっかかりを感じるだけで、後はぼかしてありましたが、このくらいで丁度良かったように思います。あくまでサイド・ストーリーだと思うので。ひょっとしたら航一親子は気づいていたかもしれませんけれども。

すっかりいい人になった航一と章子を描ききった後、祐と萌奈美をじっくり描いていました。

萌奈美が息を引き取った後、初めて、愛している、と告白する祐。

そして萌奈美は・・・

肇は駆けつけているのに、石川家の人々が臨終の場にいないのはちょっと不自然でしたが、ま、いいです。
ついでにもう一つ・・・琴音ですが、自分の家ではなく、祐の家で最後を過ごした母に対して、事情はわかっていても、複雑な思いがあったろうなぁ、と。

萌奈美の願い通り、喪失感を胸に秘めながらも、前に向って歩み始める祐の姿は良かったです。

個人的には、一番感動したのは、肇のプロポーズのシーンだったりしたのですが。(汗)
一番大事な人であることを、なくしてから気づくのではなく、今、ちゃんと向き合って大事にしたい。(大意です。)
安奈もいい子だし、幸せになって欲しいです。

さて、数々の障害を乗り越えて、純愛を貫こうとする二人を淡々と美しく描いたドラマ。
悠々たるテンポをまどろっこしいと感じるか、ゆったりと楽しめたか。人によるでしょう。
最後に皆が良い人になるのは、お約束ですが、お約束を守ることによる安定感は感じました。

ただ、裕と萌奈美が「恋愛」をしているようには、あまり見えなかったかな。
萌奈美は祐より琴音に意識がいってましたし、そんな萌奈美を祐は保護者として、ある意味肉親のように見守っていた、という印象が強いです。

ですので、祐が萌奈美を失う悲しさは、「愛する人」のそれではあっても、「恋人」ではないように思えました。

それはそれで「ある愛の形」として美しくはありましたけれども。

見返りを求めずに、想いをぎゅっと我慢し、ある時は暴走してしまう祐は、草なぎさんにぴったりで、抜群の安定感がありました。
高嶋さんの怪演のおかげで、大いに盛り上りましたし。

佐藤さんウォッチャーとしては、キャストの皆さんに恵まれたこともあって、またキャリアを伸ばした作品だと思います。
肇と安奈のカップルは、いつも祐や肇の味方であった安奈役の加藤さんの好演もあって、微笑ましく見守れました。

全体的に見て、慨視感はあるけれども、このジャンルをあまり見ないためか、それなりに面白かったです。
暖かい気持ちになれました。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 仮面ライダーオーズ/OOO #26「アンクとリングと全部のせ」 | トップページ | TAROの塔 第3回「戦友」 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□冬のサクラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のサクラ 最終回:

» 冬のサクラ 第9話(最終回) [レベル999のマニアな講義]
『今夜完結!!春は必ず来る… 互いに支えあい冷たい冬を乗りこえてきた2人- その愛が…そして見守る皆の思いがあふれ… 想い出の桜に“希望”という名の美しい花を咲かせる内... [続きを読む]

» 冬のサクラ 最終回 [しなもにあ]
長い・・・・長かった・・・プラトニックな愛を貫いたのねー・・・キスぐらいして欲しかったような気もするんですが・・・これぞ純愛っていうのを書きたかった?でも何の関係もない... [続きを読む]

« 仮面ライダーオーズ/OOO #26「アンクとリングと全部のせ」 | トップページ | TAROの塔 第3回「戦友」 »

作品一覧