2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その10:ドーハ→ヒースロー空港 | トップページ | 外交官 黒田康作 最終回 »

2011年3月18日 (金)

美咲ナンバーワン!! 最終回

公式サイト

原作:「美咲ナンバーワン!!」藤崎聖人

原作未読です。

まず、無事に放映されて良かったです。
リアルタイムで見たのですが、感想を書くのが遅くなったので、簡単に。

急に登場したラスボス、理事長にキャバ嬢だったことがばれてピンチの美咲。
そして赤点でも2年に進学できたので、危機感もなく、真剣に期末試験に取り組まない2Zたち。
ところが、理事長が急に、赤点を取ったら、いや、他の学年の平均点、80点以上を取らなければ即退学、と言い出して大騒ぎ。

そんなこと急に言われたってできっこない、学校を辞めてやるっと反発しますが(苦笑)、美咲にハッパをかけられて猛勉強。
結局、平均点は上がったけれども、80点に届かない生徒達もいました。
美咲は、自分が教師を辞めるから、その代わりこの子達は進級させてあげて欲しい、と理事長に願い出ます。
理事長はこの取引に応じます。
生徒は3年で卒業していくけど、先生はずっといるから、というわけです。私立ですもんね。
で、2Zは無事全員3Zに。
しかし、実はそのために美咲が教師を辞めることになったことを聞いて・・・

と、まぁ、ハッピーエンドでした。

あ、碓井くんにセリフがあった!
山本さん(教頭の娘)はやっぱり「頭のいい方」に入ってました。
5人組にも絡んでいたし、編入はラス前だったけれども、カットもセリフも他の生徒より多くて、良かったです。力のある人なので、これからが楽しみです。

さて。

最後の最後までゆるゆるなドラマでした。

お話そのもの後味は、けして悪くなかったです。
しかし「ドラマ」としては、コップに注がれたまま3時間ほど放置された発泡酒のようでした。←回りくどい喩えで、すみません。(汗)

突然現れた理事長が、突然あっさり折れたりするのは、些細なこと。
赤点とった生徒達の「こんな学校、辞めてやる」ってねぇ~。開き直るなよっ、て思わず突っ込んじゃいました。
そして無理矢理なガールズコレクション・・・ま、華やかで良かったですけれどもね。(苦笑)

一番の問題は、そんな彼らを諭す、美咲の言葉に説得力を感じさせない、ドラマのつくりでしょう。

シリーズ途中から、「生徒達に心配される教師」というパターンが見えてきたので、それはそれで面白かったです。でも、これは「元キャバ嬢」そして「進学校で落ちこぼれた不良がかった生徒たち」という中途半端な設定をもてあました結果のように見えました。

例えばですが、最初からそういう路線、つまり、「つい元キャバ嬢の癖が出てしまう、ドジな新米教師だけど、真面目で真直ぐで、生徒より純粋。男子も女子も、つい守ってあげたくなる」(長い;;)美咲、というキャラを、生徒たちのキャラも含めてきちんと組み立てていれば、もっと面白くなったかもしれない、と思うと残念です。

最初は危惧された生徒達ですが、回が進むごとにスキルアップしていったように感じました。特に「不良」の設定がうやむやになってから。(苦笑)
ですから、なおさら、残念です。

「ごくせん」に囚われすぎたというか、「ごくせん」のスキルが裏目に出てしまったように感じました。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その10:ドーハ→ヒースロー空港 | トップページ | 外交官 黒田康作 最終回 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□美咲ナンバーワン!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美咲ナンバーワン!! 最終回:

» 美咲ナンバーワン!! (第10話 最終回 3/16) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/12から日テレで始まった『美咲ナンバーワン!! (公式)』の最終回 『Z生徒の未来のために』の感想。 フツーの教師ドラマ… 最終回ほど、フツーの学園、いや教師ドラマな回は無かった。これは良い意味で、問題発生、教師と生徒のぶつかり合い、他者からの攻撃とその守備、問題解決と言うフツーの流れが踏襲されていた。ただ、最終回と言うのが残念。もっと早くからやっていれば… 最終回まで「なぜ元キャバ嬢の必然性」は見えず… 私は当初から「元キャバ嬢である必然性」が描かれ... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
学年末テストが終了し、2年Z組の生徒たちは浮かれる。 だが、美咲(香里奈)は全員がすんなり進級できるか心配していた。 テストの結果は、クラスの28人中、和真(藤ヶ谷太輔)、長瀬 (市川知宏)、星田(大野拓朗)を含む18人が赤点だった。 嫌な予感が的中し、ガック... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! 第10話(最終回) [レベル999のマニアな講義]
『生徒の未来のために』内容学年末テストも終わり、和真(藤ヶ谷太輔)たち2Zの面々も浮かれ気味。そんな姿に、美咲(香里奈)は、進級出来るかどうかを心配するが。。。。そんな... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! 第10話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
「生徒の未来のために」 学年末テストが終了し、「終わったー」と浮かれる和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、唯(大政絢)ら2Zの生徒たち。「3年になれるなんて思ってなかった」「美咲ちゃんのおかげ」という生徒たちの言葉にジーンとくる美咲(香里奈)だったが…... [続きを読む]

» みんな、頑張れよ!(美咲ナンバーワン!!・スクール!!最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『スクール!!』たぶん抜けもあると思うけど・・・「俺はその昔、○○の鬼と呼ばれた男だ。」シリーズ発破の鬼、九九の鬼名前覚えの鬼、Sケンの鬼、授業妨害の鬼、トイレ掃除の鬼デ ... [続きを読む]

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その10:ドーハ→ヒースロー空港 | トップページ | 外交官 黒田康作 最終回 »

作品一覧