2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 美咲ナンバーワン!! 最終回 | トップページ | デカワンコ 第9話 »

2011年3月18日 (金)

外交官 黒田康作 最終回

公式サイト

こちらも、まずは無事に放映されて良かったです。

しかし・・・終わった後、思わず、なんだこれは、と思ってしまった。(大汗)
突っ込む気にもなれない・・・なので感想は短く。

えーっと。副大臣の演説と、黒田と外務大臣の対談(違)で、終わりですか。
集中力が大幅に欠けていたので、ラストのCIAとの駆け引きもよくわからなかったです。

ここでもう一度、初回を思い出してみよう。←誰に対して言っているだか。(汗)

ちゃちくてもカーアクションはありました・・・ね?
黒田も走ってたなぁ。
利香子も何故かサンフランシスコまで行ってたし。
そうそう、副大臣自作自演の、スローテンポなテロもありましたっけ。

ああ、遠い昔・・・まるで違う作品のようです。

で、その副大臣の演説が目玉?
一生懸命演じられていたキャストの方には、まことに申し訳ないのですが、はっきりいって、キャスティングしたスタッフのミスでしょう。
悪役でもなく、単純な正義感の持ち主でもない、という複雑なこの人物に対する台本の書き込み方も非常に中途半端だったので、お気の毒と言えばお気の毒なのですが。
だからこそ、ここは表情一つで強引にでも画面をさらっていける、プロの、それもベテランの俳優さんを持って来るべきだったと思います。

さらにですが。このクライマックスは、最初から決まっていたことなのでしょうか。
だとしても。
何だか、途中からどうしようもなくなって、無理矢理引き伸ばした挙句、強引に終わらせたような印象をうけたのは間違いのないことでして。
つまり、作品をまとめよう、盛り上げようとするスタッフの意欲とエンターテイメント性がほとんど感じられない作品になってしまった、ということです。

これで続きを映画を見たいと思うだろうか。

やはり、あの王女エピから急速に失速したような気がします。
各キャストの皆さんには、お気の毒、としかいいようがありません。

利香子の「ちくわぶ」が一番印象に残りました。
今度の上司も厳しそうだけれども、やりがいはありそうで、良かった、良かった。

それにしても、「黒田と利香子」をどんなチームにしたかったのだろう。どんなテイストで描きたかったのだろう。
チームにもなってなかったしなぁ。
チームにするつもりはなかったのかな?
それさえも、ああ、何もかも、さっぱりわかりませんでした。

だからと言って、映画を見る気にはなりませんよ。だって黒田のその後に興味が持てないのだもの。

最初は期待していたのに。(泣)
海外ロケで始まるドラマはコケる、というジンクスは、残念ながら生きていたようです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 美咲ナンバーワン!! 最終回 | トップページ | デカワンコ 第9話 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□外交官 黒田康作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外交官 黒田康作 最終回:

» 外交官・黒田康作 (第10話 最終回 3/17) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/13からフジテレビで始まった『外交官・黒田康作 (公式)』の最終回『この國の未來へ』の感想。 「追加編」と言うか、「意味無いまとめ編」と言うか… あれだけ引き伸ばし、辻褄合わせも無視し、続けてきた本作を、よくもここまでまとめたなぁと言うのが第一印象。やはり前回で終わっていても問題ないし、結局は「黒田康作物語」だったと思う。 ここまで、雰囲気重視で黒田康作役の織田裕二さんオンリーだと、織田さんが好きな私でも「今後大丈夫?」と不安になる… 「政治家がダメだから日本... [続きを読む]

» 別館の予備(フリージング&外交官 黒田) [スポーツ瓦版]
3月18日 フリージング&外交官 黒田 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10832496109/c5ed3a13 [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
アトロン訴訟の裏で動いていた黒幕の正体を掴んだ黒田(織田裕二) に、鴨下(大倉孝二)から連絡が入る。 鴨下は黒田に、11年前の大使館立てこもり事件の犠牲となった 霜村(香川照之)の妻・倫世(紺野まひる)の検視調書を極秘扱いに したのは、自分だと打ち明ける。 そ... [続きを読む]

» 外交官 黒田康作 第10話(最終回) [レベル999のマニアな講義]
『この国の未来へ』内容国際会議において、霜村(香川照之)らにより行われた人質事件。アトロンの薬害の真相の公表を狙ったモノだった。黒田(織田裕二)は、斉藤外務大臣(近藤正... [続きを読む]

» 踊らされた大捜査線〜アンダルシアで撮影せよ!(外交官 黒田康作#9・10最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『外交官 黒田康作』悠木副大臣秘書官@萩原聖人は観上外務副大臣@草刈民代に銃を突きつけ、佐々木藍子@片瀬那奈はプラスチック爆弾で外交会議出席者を脅迫!妻・倫世@紺野まひ ... [続きを読む]

» ≪外交官 黒田康作 ≫★10 [まぁ、お茶でも]
1週間後。 新居田が、利香子に、すっきりしない結末だと言いに来た。 あれだけの騒動が起きたのに、政府の火消しで、あんな結末になった。 復讐を止め、霜村を救おうとする黒田だったが、待っていたのは、非情な結末だった。 安藤に、会って、また元の仕事に戻るように言われたが、後5日あるし、もう少し調べると言った。 ... [続きを読む]

» 外交官 黒田康作  最終回 [のほほん便り]
「この国の未来へ」… 結局、主人公、黒田康作(織田裕二)は、かっこいいポジションを維持したまま、いろいろ画策した後、シェーンのように去っていってしまったんですね。なるほど、続きは映画で (^^;) 人情としては、せめて、あれほど懸命に黒田に協力した大垣利香子(柴咲コウ)にぐらい、ひとこと別れの挨拶を… と思ったのですが、コレも美学だったのでしょうか? かっこいいポジションといえば、かぎりなくゲスト出演者のジョン(イ・ビョンホン) も、そうでしたね 個人的に霜村瑠衣(夏帆)と大垣ファ... [続きを読む]

« 美咲ナンバーワン!! 最終回 | トップページ | デカワンコ 第9話 »

作品一覧