2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« バーテンダー 7glass | トップページ | TAROの塔 最終回「芸術は爆発だ!」 »

2011年3月31日 (木)

さよならぼくたちのようちえん

公式サイト

脚本:坂元裕二/演出:水谷伸生//プロデューサー:次屋尚/チーフプロデューサー:田中芳樹
出演:芦田愛菜、橋本智哉、佐藤瑠生亮、本田望結、黒田博之、庵原涼音、浦島ひかり、水野真紀、西田尚美、横山めぐみ、恵俊彰、小西真奈美、近藤芳正、片桐はいり、犬山イヌコ、岸部一徳、いしだあゆみ

簡単に。

追っかけ再生で観ていたので、途中でレコーダーが誤作動したのかと思った・・・というのが一番の印象に残ったのは、何ともお気の毒。

※以下、再放送を観るつもりの方はネタばれしていますので、ご注意下さい。

.

「幼稚園の友だちなんて覚えていない」と言う、保育士という仕事に生きがいを見出せず、もうすぐ退職する万里。
そんな彼女の視線も交えて描かれているので、全編シニカルなテイストで描かれていたように感じました。
子供たちもカワイイ、というより、それぞれ癖のある子ばかりで、無垢な残酷さがリアルでした。そして大人たちがうやむやにしようとした「いなくなる」という本当の意味もちゃんとわかっている。
カンナは母子家庭なのかな?
他の子と比べると、かなりいい子ちゃんに描かれていましたが、それでも、「子供独特の話の折り方」がこまっちゃくれているというか、なまいきで、らしかったです。

一番の見せ場は、病院での二人だけの卒園式なのでしょうが、幼稚園の時の友だちなんて覚えていない、と言っていた万里がぼつぼつ、幼いカンナ相手に、同年代の友人のように思い出を語るシーンも、雰囲気があって、印象的でした。休憩所がラブホテル、というのも含めて。

音楽も抑え目で、編集やカメラワークなど、NHKぽいタッチだな、とも。
BGMを少なくすることで「さよならぼくたちのようちえん」という唄を際だ出せていました。

子供たちが野原を歩く牧歌的なシーンから、やがて一人減り、二人減っていき・・・そして夜の不気味なシーンへ。「スタンド・バイ・ミー」の舞台脚本を書かれた坂元さんらしい流れかな、と。

でも、その流れがぶった切れてしまいました。途中の事故が悔やまれます。
非常に繊細なドラマだったので、影響は大きかったように思います。

母に去られた拓実が、パンケーキのくだりで、ひょっとしたら軽い発達障害を持っているのではないか、と思わせるシーンが前後したことと、美琴が何故パニックを起こしたのかが良くわからなかったこと。写真の女の子は確かに美琴に似ていたけれども・・・?
つまり、ドラマの大事な部分が抜けたしまったような。

抜けた分を延長するかと思ったら・・・・ばっさり切っちゃったんですね。

おきてしまった事故はとりもどせないとしても、なんとも融通が利かないというか、デリカシーがない、というか。
あれだけ力を入れて番宣していたのにな~。処理を含めて、見たことのない事故でした。

良いドラマだった、と推測でしか言えないのが、視聴者として残念だし、スタッフ、キャストの方々がとてもお気の毒です。

再放送されるようですので、また、観ます。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« バーテンダー 7glass | トップページ | TAROの塔 最終回「芸術は爆発だ!」 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならぼくたちのようちえん:

» さよならぼくたちのようちえん  。。。。... [レベル999のマニアな講義]
内容それは、卒園直前の出来事だった。父・光彦、母・由佳(西田尚美)に連れられ、谷口洋武(橋本智哉)は入院した。思い出すのは、“ひなた幼稚園”のお友達。。。。。。。寂しそ... [続きを読む]

» 大丈夫、どうせ直ぐに忘れるから [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
急に真っ黒やたら、2回言うドラマやったけど同じ場面がまた出た芦田愛菜さんが史上最年少ドラマ主演奥さんが森口瑤子なんて羨ましすぎるMotherの坂元裕二が脚本のさよならぼ... [続きを読む]

» さよならぼくたちのようちえん [Akira's VOICE]
泣いてもうた。  [続きを読む]

« バーテンダー 7glass | トップページ | TAROの塔 最終回「芸術は爆発だ!」 »

作品一覧