2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 外交官 黒田康作 最終回 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第10話 »

2011年3月20日 (日)

デカワンコ 第9話

公式サイト

原作:「デカワンコ」森本梢子

今回は色々多忙のため、本当に簡単感想のつもりなんですが・・・(汗)

全編まるっと見れて、本当に良かったです。

ワンコのハナ、ミハイルのハナ。お互いの友情。
そして田村さんがミハイル・・・ミ・ハイルを思う気持ちとガラさんを含む13係がワンコを思う気持ちが、すべていい塩梅で描かれていました。
匂いだけで逮捕できるのか?という疑問にも見事に応えたお話でもありました。

犯人の動機がほとんど描かれていない、なんて、気にならなかったです。←甘いと言われてもいいです。(汗)

一件落着の後、ペースダウンどころか、コメディとしてさらにヒートアップしたお話でした。

まず、冒頭の墓参り。予告のカットで想像していた流れより、うんと可笑しくて、大満足。
お墓に眠っていたのは10歳で亡くなったミハイルの父でした。ミハイルも、もう8歳だそうで・・・・
13係のチームワークと今回のテーマである警察犬の寿命の短さを、ちゃんと絡ませる。
このドラマがいかに繊細に創られているかが伝わってくるシーンでした。

ヤナさんの「フランダースの犬」ネタで、前を歩くボスが笑ってたのも楽しかったです。

ミハイルとは違う匂いを追ったワンコ。
コマさんたちはワンコのハナを信じて、容疑者を別件で逮捕しましたが、彼にはアリバイがあった。
いったん逮捕した容疑者を釈放すると逮捕しにくくなる、というワンコに、そういうやり方はしたくない、とシゲさん。
笑いの中にも筋が通っていて、まるで刑事ドラマみたい・・・て、刑事ドラマなのですが。(笑)

雪のシーンは本当に寒そうでした。
セリフも合わせてました。アドリブ、というよりスタッフ、キャスト全員による現場処理のような気がします。寒かっただろうけど、楽しい現場だったんだろうなぁ。

さて、謹慎を命じられ、落ち込むワンコ。さらには、総監が前回の件で(秘密漏洩の件ね)責任をとって辞任することも知って、ガラさんに面会にいきます。
憑き物が落ちたようにすっきりしたガラさんは、ハナだけに頼るな、全身を使え、現場100回、と励まします。

やる気のでたワンコは捜査に参加したいと、ボスに電話。(爆)
しかし、今は大人しくしていろ、と。
煮詰まったワンコはミハイルを尋ねますが、彼は引き篭もりになっていました。
田村さん曰く、ミハイルに年齢的に限界がきているのでは、と。引退させることも考えているようです。
そんな田村さんを、もんじゃ、食べましょう、と実家の店に誘うワンコ。

ここからは、よくあるシークエンスなのですが、テンポが良くって、わくわくするほど可笑しかったです。
挙動不審な、以前は刑事だった、声が渋いと評判の、田村さん。(爆)
琴美もオカシイ。
なによりあの小さな部屋に13係が全員集まっているシーンが嬉しかったです。
何故かワンコの隣を陣取ろうとするコマさん。
皆を無自覚にまたぐワンコ、おいおい。(笑)

ワンコのハナを知らず知らず頼りにしていたことを反省する13係。
前回が最終回かと思った、で、「花森一子」のテロップって。(爆)

ともかく、仲間の気持ちを知ったワンコはハナを封印して、シゲさんのワトソン役として犯人を推理。
ミハイルの引き篭もりの原因は疲労からではなく、田村さんから「相棒」として見放されたと感じたから。
しかし田村さんは、ミハイルに長く生きて欲しかったから、警察犬の激務から解放させたかった。その時は自分も引退するつもりだった。
その気持ちはミハイルに伝わりました。

立ち直ったミハイルと田村さん、そしてワンコたち13係外回りメンバーで犯人逮捕に向かう図。(笑)
行き先が魚屋さん、ていうのも落ち着いて考えると、なんだかおかしい。

ミハイルのしょんぼりした姿、田村さんやワンコを見つめる瞳、走る姿、そして極めつけはあの跳躍。
丁寧に撮ったスタッフとシェーンくんの名演技に拍手。

ちなみにミハイルの人間体は、原作でもミハイルが人間体で活躍するエピソードがあるので驚きませんでしたが、「田村さん」はほとんどオリジナル・キャラです。

「相棒の匂いがします」

可笑しくって、テーマもちゃんと描かれた、いい話でした。13係全員から可愛がられる多部ちゃんを見ると、無性に嬉しくなっちゃいます。

ああ、楽しかった。

ワンコとの別れもなく辞任してしまった総監ですが、ワンコの出生(?)の秘密、おじいちゃんとの件もあるので、これでおしまい、ではないと思うのですが・・・このドラマに限っては、次シリーズに続く、でも許せそうな気がする(^^;;

面白いドラマが見れる幸せを、しみじみと感じました。
次回は最終回。どうかこのまま楽しく明るく、はじけて欲しいです。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 外交官 黒田康作 最終回 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第10話 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□デカワンコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デカワンコ 第9話:

» デカワンコ (第9話 3/19) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/15から日テレで始まった『デカワンコ (公式)』の第9話『警察犬が喋った!?』の感想。 今週も“あばたもえくぼ状態”だが、一点だけ。 リピーターさまはご存知の通り、サントラを買う程(記事)のこのドラマのファンの私には、十分にスルー出来る範囲だし、今回のはまあしょうがないって範囲だが。 天候が雪だったり雨だったり前後のシーンで天気が繋がってない。まあ過酷なスケジュールの中の撮影で自然の力には勝てないってのは十分理解できるから、この際OK!。でも、小松原(吹越満)のサングラ... [続きを読む]

» デカワンコ FILE.9 警察犬が喋った... [レベル999のマニアな講義]
『警察犬が喋った!?内容在庁番の十三係の面々は、ミハイルの、、、父の墓参りに来ていた。やがてミハイルとともに現れる田村(田口トモロヲ)そんななか、とある公園で殺しの知ら... [続きを読む]

» デカワンコ #9 [blog mr]
 ん、やっぱり面白ぇ。  一子の増長ぶりがよい。いつの間にかそれによりかかってた十三係。  デュークが自分の名前を誤訂正。いつかやってくれると思ってた。  妙にイケメンなミ・ハイル人間体も好きだ。  前半で、匂いを嗅ごうとする一子をヤナが止めてるが、その「待て」に反応するミ・ハイルが健気。  言えば、魚屋での匂い関係捜査は本当はつらいんじゃないかと思うけど、それはスルー。まぁしょうがあるまい。  匂い担当の警察犬って人を襲う訓練受けてるのかしらん。  そんな中に挿入される、総監辞任の記者会見。... [続きを読む]

» 「デカワンコ」 第9話 警察犬が喋った!? [トリ猫家族]
 今回は、ミッハイルが引きこもり?!の巻!! オープニングはお墓参りから・・・ みなさん、真っ黒いサングラスに喪服着用。 ワンコもかわいいゴスロリ服の黒バージョンですョ。 ... [続きを読む]

» ミハイルの気持ち、君に届け!(デカワンコ#9) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
タワレコ渋谷で展示されていた黒沼爽子@多部未華子と風早翔太@三浦春馬の制服、桜の花びら入り生徒手帳、テスト対策用ノート。『君に届け』、DVD&Blu-ray絶賛発売中多部ちゃん、春 ... [続きを読む]

» デカワンコ 第9話 [ドラマハンティングP2G]
洋品店を営む男が河川敷で刺殺された。 現場に残された足跡から犯人の匂いを追った一子(多部未華子)と警察犬ミハイル(フィトス・オブ・セイントフジJr)は、それぞれ別の場所に辿り着く。 一子の鼻を信頼する小松原(吹越満)は一子が嗅ぎ当てた男・樋口啓一を犯人だと…... [続きを読む]

» デカワンコ 第9話 [ぷち丸くんの日常日記]
洋品店の経営者が刺殺される事件が発生する。 一子(多部未華子)は警察犬・ミハイルと、犯人のものと思われる 足跡のニオイを嗅ぎ、追跡する。 一子はあるアパートの住人・樋口(並木幹雄)のニオイを嗅ぎ、犯人 だと断定する。 逃げようとする樋口を、桐島(手越祐也)たち... [続きを読む]

» ≪デカワンコ≫#09 [まぁ、お茶でも]
ミハエルの父犬の命日だった。 田村さんは、昔、刑事だったが、相棒に恵まれず、命まで狙われてから、すっかり人間不信に陥り、鑑識に移動。警察犬担当となった。犬は、人を裏切らないからと。 なぜか、13係は、チャンコさんを覗いて全員集合で墓地に集まった。 墓参が終わり、食事と係帳が言った直後、事件の一報があった。 東京タワーに近い公園で、男性が殺されていた。 ... [続きを読む]

» デカワンコ 警察犬が喋った!?  [のほほん便り]
今回、スポットが当たったのはミハイル。そして、一子(多部未華子)の自慢の鼻が「…あれれ?」な結果になり、彼女に頼りすぎてた、十三係の面々も、しばし反省。「現場、百回」の捜査の原点を見直すオハナシでした。 冒頭シーンも、ミハイル父の、一同墓参りシーンからとは… 「ん?」と思わせて、遊び心です それにしても、一子の幻想シーン。ミハイルの人間姿は、ハンサムな外国青年姿で、一子のバッテン・マスク姿ともども笑えたのでした。 また、いつもミハイルを連れてる田村(田口トモロヲ)の事情も描かれて、... [続きを読む]

» 『デカワンコ』-FILE.9- [もう…何がなんだか日記]
「相棒の匂いがします」☆☆☆FILE.9☆☆☆ミハイルは「美歯居留」と書くのね>ぇ最終回の様だった先回のガラさんエピの次にミハイルを持ってくるところが憎いね。毎回、13係の誰かを... [続きを読む]

« 外交官 黒田康作 最終回 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第10話 »

作品一覧