2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« バーテンダー 4glass | トップページ | TAROの塔 第1回「太陽の子」 »

2011年3月 4日 (金)

外交官 黒田康作 第8回

公式サイト

外務大臣、斎藤から霜村の事件から手を引け、と命じられる黒田。
警察にも同じ圧力がかかったようで、本庁の新居田管理官らも事件から外されます。

利香子は山路がいなくなったため、重石が取れたように活動しはじめます。
しかし、新居田からは動かれると目立つので迷惑だ、と釘を刺されてしまう。彼らは外されたことに納得がいかず、単独でも真相を探ろうとしてるのです。
利香子は、真相を知りたい気持ちは同じだ、と訴えます。
硬かった新居田の目がちょっと和んだぞ。ちょっとは新居田に認められた?
一方で黒田に「呉越同舟だ」と協力体制を結ぶことを提案する新居田。

タイトルを「管理官 新居田一彦」にすれば、と思ったほど(笑)、格好良かったです。

黒田は事務仕事に専念させられ、押し付けられた雑用を淡々とこなしています。ここぞとばかりにこき使う同僚達。
そんな黒田を見るに忍びない西園寺。
あなたのやり方には賛成できないが、霜村の事件は追って欲しい、あなたしかできない仕事があるはずだ、と訴えます。
「霜村の事件は調査続行中だ。君の書類にミスが3つ。そして、君は思った以上に骨のある外交官だ」(概略)
と黒田。黒田の今回一番の見せ場だったかな。

アトロンの製造元、ブライントン製薬が日本での会社設立のために買収した企業(名前を失念しました)は、その企業の全てを食い尽くして、破産に追い込んでいたらしい。
かつて、その企業があった場所には、その痕跡も残っていない・・・

と、色々動きがあった今回。
湊教授殺人事件の真犯人、そして怪しさ満点だった副外務大臣の秘書、悠木の正体も明かされました。
湊教授の「病気になったものが悪い」は、ひどいいい様です。
霜村、君島の怒りの元となる、加害者側の対応を象徴していたと思います。

前回、色々当て推量を書きましたが、ことごとく外れてしまった。(汗)
なので、面白かったです。
霜村の最終目標もやっぱり、というか、もっと大物でしたし。さすがにそのまんま社長、ということではなかったので、ほっとしました。

自分の中では視聴意欲が少し持ち直しました。
圧力に負けない本庁の新居田、鷹村のバディの動きがクールだったのも好印象。

対して。黒田と利香子は?
そうそう、電話で話してましたね。利香子からの電話に、謎のような受け答え。
このシーン、黒田、いかに知らない人ばかりの席とは言え、「しもむら」の名を言うのはどうなんだろう?とちょっと気になりました。壁に耳あり障子に・・・
そもそもあの電話に何か意味があったのかな?うーん、また何か見逃したかも。(汗)

そしてラスト、瑠衣と君島の潜伏場所に登場、霜村の潜伏場所を君島に尋ねます。そして重大な事に気がつく・・・
外交官だから活動できることは、これくらいなのでしょうか。
利香子は瑠衣と君島を見つける役目を自らに課していていたわけですが。

それにしても、今のことろですが、(といってももう、8話目)、利香子の存在意義が薄すぎるのでは。
相棒の利香子の存在が薄いってことは、すなわち、「黒田耕作」の存在も薄いってことなのかも・・・いや、ここからですよね、活躍は。

あと2話。
予告ではかなりのところまで見せていましたが。
最終話では真相を追ってまた、海外へ飛ぶのかな?←また、外れそうな予感。(汗)

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« バーテンダー 4glass | トップページ | TAROの塔 第1回「太陽の子」 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□外交官 黒田康作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外交官 黒田康作 第8回:

» 外交官 黒田康作 「最後のターゲット」 [のほほん便り]
またひとつ謎が解けました、ずっと謎だった悠木の正体。彼はアトロン製薬会社に潰された日和製薬の一人息子。その復讐劇だった訳ですね。 また、霜村が狙っているのは、次のアトロンの社長ではなく、元総理大臣の矢田部!! 瑠衣と君島祐太朗の逃避行は、教会を経て、学校へ。必死で追う、利香子。そして、黒田によって阻止されます。(ジャストタイミングで「待ったぁ」するとは、なんという抜群の勘!) しかし、君島は、透析を続けなければ、もたない身体。ついに、目の前でバッタリ。救急車のひと、となります。瀕死... [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 #08 [ドラマハンティングP2G]
「最後のターゲット」 黒田康作(織田裕二)と大垣利香子(柴咲コウ)は、霜村毅(香川照之)の潜伏先を突き止めるのだが、瑠衣(夏帆)の妨害で取り逃がしてしまう。その後、瑠衣も君島祐太朗(西島隆弘)とともに姿を消してしまった。 黒田は、斉藤修助外務大臣(近藤…... [続きを読む]

» 外交官 黒田康作 第8話 [レベル999のマニアな講義]
『最後のターゲット』内容黒田(織田裕二)大垣(柴咲コウ)は、ついに霜村(香川照之)の居場所を突き止めるが霜村の娘・瑠衣(夏帆)により確保に失敗する。そんななか、斉藤修助... [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 (第8話 3/3) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/13からフジテレビで始まった『外交官・黒田康作 (公式)』の第8話『最後のターゲット』の感想。 こりゃまた、お店を広げたね!それにあと2回もあるとは(驚) 第8話にして、さらにお店を広げた印象。おかげで最終回並みの盛り上がりを見せたと思ったら、あと2回も引っ張るとは驚き。とにかくいろんな政治家の謎を引っ張り出して、事件だ捜査だ日本保人保護だと騒いでも、主人公・黒田(織田裕二)に捜査権はないし、刑事たちも動いているだけで捜査している感ゼロ。もう、物語の感想の次元でないような... [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
黒田(織田裕二)は斉藤外務相(近藤正臣)から、霜村(香川照之) に関する事件の調査中止を命令される。 しかし、黒田は西園寺(田中圭)が独自に探し出した霜村のリポート を受け取り、再び調査に乗り出す。 そんな黒田に、新居田(田中哲司)が接触してくる。 公安に指揮... [続きを読む]

» 別館の予備(Rio&国選弁護人&外交官 黒田) [スポーツ瓦版]
別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 3月4日 Rio&国選弁護人&外交官 黒田 TBアドレス http ... [続きを読む]

» ≪外交官 黒田康作 ≫★08 [まぁ、お茶でも]
一連の霜村たちの犯行を、追い詰めて行く黒田に、斎藤外相から呼び出しがあった。 下村の事件から、手を引けというものだった。 公安を動かし、さらに外相が圧力をかけて来る、この事件に、黒田も、利香子も、続行していた。外務省に急きょ戻れと言われ、仕事をあてがわれて、動きが取れない黒田。 利香子は、消えた瑠衣を捜すことで、自分の罪滅ぼしを考えていた。新居田が... [続きを読む]

» ダイジナコト判明!無限ループ終了(外交官 黒田康作#8) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『外交官 黒田康作』斉藤外務大臣@“LOCONDO・ロコンドー!”近藤正臣に朝食に呼ばれ、調査の中止を命じられた黒田康作@織田裕二は、食糧庁長官・・・じゃなくて観上外務副大臣@ ... [続きを読む]

« バーテンダー 4glass | トップページ | TAROの塔 第1回「太陽の子」 »

作品一覧