2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2011年2月のまとめ:~冬クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第8回 »

2011年3月 2日 (水)

四十九日のレシピ 第3回

公式サイト

原作:伊吹有喜

全4話、「起承転結」そのままに「転」の回でした。

思いついたままの感想です。ストーリーの流れ及びセリフは前後していると思います。

夫に会いに行く百合子のことが心配でついてくるイモ。
そんなイモにすっかり懐いている(というのも変ですが)、百合子。

夫との再会は、愛人、亜由美の乱入でやはり修羅場・・・イモ曰く「愛の劇場」(笑)になってしまいました。
「まだまだ続きます?」
イモがついて行ってくれて、やっぱり良かったです。

亜由美には他にも男がいるらしい。愛人が訪れる度に外に追い出される息子、カイト。
そんなカイトを可哀想というより、痛みを持って見つめるイモ。カイトはかつてのイモの姿。
「カイト、ちゃんとした大人になれるかな」
イモはオッカに救われたけれども。

母親と浩之が話している間、外に追い出されたカイトを成り行きで夫の家に連れて帰り、カイトのリクエストでアメドッグ=アメリカンドッグを作る百合子。
「ホットケーキミックスは何でも作れる魔法のお粉」オッカのレシピ通り。楽しそうですが。そこへ亜由美が乗り込んできます。
いい加減な母親に見えた亜由美に「小さな子供に串つきのものを食べさせるなんて」と言われてショックを受ける百合子。

いや、アメドッグ、なんて略すほど息子はコンビニで食べまくってるぞ、とは思わないのね。あ、それともお母さんに止められているから食べたかったのかな?

いずれにしても、子供がいないからわからなかったんだ。全て自分のせいにしてしまいます。
そんな百合子の頑張っている姿が夫を追い詰めていた。

私は家族にはなれなかった、という百合子に、浩之は。
子供ができないことを泣いて謝られるのが辛かった。恐らく不妊治療が実らなかった度に繰り返されたのでしょうね・・・
誰よりも辛いのは百合子だとわかっていたけれども。
子供がいないと家族になれない、子供がいないと幸せになれない、と言われているようで。
「隣にいる俺は家族じゃないのか。」
百合子のために、と買ってきた犬にも見向きもしない。
その犬を引き取ってくれたのが亜由美たち。
犬の様子を見に行っている内に・・・亜由美とカイトと三人で。「家族ごっこをしてみたかったのかもしれない。」

犬がきっかけだったのですね。
もし自分が犬を買ってきた夫の気持ちに気がついていたら。

「励まし続けるのに疲れた。」
「もっと早くにすればよかったわ、夫婦喧嘩。今までずっとありがとう。」

浩之の気持ちはある程度察していたのでしょうが、自分は家族になれなかった、という劣等意識、もしくは被害者的意識でしか見えてなかった夫婦関係が「俺は家族じゃないのか」と言う言葉で、お互い同じ気持ちだったことに気がつきますが・・・

浩之は優柔不断な男ですが、子供を武器にされたらなぁ、弱くもなるでしょうね。例えその子が自分の子供でなくても。切り捨てられないところが優しい、ということなのでしょう。でも気持ちは百合子にあるようなので、離婚はしない、と。困ったもんです。(苦笑)

百合子とは対照的に、本能のまま、「女」全開で何とか自分の居場所を奪い盗ろうとする亜由美。だったらお義母さんにも取り入らなくっちゃ。ここ、ツメが甘いです。(汗)
少なくとも悪知恵の働く人ではないようです。原始的なエネルギーは感じました。
自分が生きるためには自分を他にやる、とまで言う、そんな母親の手をぎゅっと握り締めるカイト。

亜由美がちょっと悪く描かれすぎていて、その分これまでの静かな雰囲気は薄まっていましたが、和久井さんの品の良い佇まいと徳永さんの、ガラは悪いけれども、傷を負った少女の心が悲しく伝わる表情、そして間に挟みこまれる、家で待つ良平のシーンで、テイストは保たれたように思います。

何より、話の紡ぎ方がうまいです。「やってみなけりゃわからない」などの印象的なセリフも一杯。

苦しむ百合子を見て、最初の妻、万里子が子供を亡くした時にかけた言葉、「何、子供なんてすぐできるさ。」が如何に残酷だったか、今更ながら気がついて悔み、オッカの作った弁当を「そんなものいらん。」と言ってしまったことが頭から離れない。そして、どちらにも「ありがとう」の五文字が言えなかった。
「死んだ人間への後悔が一番、たちが悪い。」
珠子は弟、良平の表情から察します。

後悔し、苦しみ続ける父、良平。
言葉をもらっていたのに、その言葉に込められた気持ちに気がつかなかった、そのことに気がついて、さらに自分を責める娘、百合子。

「私がだめだったの。」
「そんなことないぞ。お前だけがダメだったなんて。」

いつも彼岸を見つめている親娘・・・。

ハルミは良平の言葉に動かされて、父の待つ故国に帰る決心をしたようです。
「家族ってものがわからない」
と、二人の中に入らないイモ。
かつて良平と百合子という家族の中に入っていった、「家族でない」オッカは、どんな気持ちだったのでしょうか。イモはどうなるのかなぁ。一緒には暮らせないのでしょうか。彼女を見ていると泣きたくなる・・・

次回、最終回です。

.

.

#1 #2

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 2011年2月のまとめ:~冬クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第8回 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□四十九日のレシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四十九日のレシピ 第3回:

» NHKドラマ10『四十九日のレシピ』 第... [レベル999のマニアな講義]
『別れ道』内容夫・浩之(宅間孝行)と話し合うため、東京に戻った百合子(和久井映見)心配したイモちゃん(徳永えり)が、百合子について行くことに。ふたりがいなくなったため、... [続きを読む]

» 四十九日のレシピ 第3回 [ドラマハンティングP2G]
「別れ道」 総合テレビ 2011年3月1日 午後10時放送 ※BSハイビジョンでは2月25日~3月18日の毎週金曜日夕方6時から放送 百合子(和久井映見)は夫の浩之(宅間孝行)と今後のことを話し合うため、東京へ戻る。だが不倫相手の亜由美(野波麻帆)がその現場を見とがめたことから…... [続きを読む]

» よろしくアメドック [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
四十九日のレシピ第3回。「夢が叶わなかった人は努力が足りなかったのかな」そうツイートした百合っちに対し、イモは「そんな訳ないじゃんそんなこと言い出したらさぁオリンピック... [続きを読む]

» 『四十九日のレシピ』【第3話】 [もう…何がなんだか日記]
第3話『別れ道』ハルミは百合っちの弟につけるはずだった名前。今、熱田家にはブラジルから来たハルミがいて、オッカみたいなイモがいて、百合っちも帰ってきて4人家族―でも、ハル... [続きを読む]

» 「四十九日のレシピ」 第3回 別れ道 [トリ猫家族]
「今頃気づいても遅いね。 私がダメだったの。私が・・・」百合子(和久井映見) 「そんなことないぞ。お前だけがダメだったなんて。 そんなことはない!」良平(伊東四朗) 『お ... [続きを読む]

« 2011年2月のまとめ:~冬クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第8回 »

作品一覧