2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 冬のサクラ 第4回 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第5回 »

2011年2月 9日 (水)

フェイク~京都美術事件絵巻 最終回

公式サイト

感想中心に書きます。
BSで見られる予定の方はネタばれしていますので、ご注意下さい。

今回の美術品は、喜多川歌麿の肉筆美人画でした。

ついに天才贋作師、Kの正体が暴かれました。
でも、あんなに思わせぶりなカメラワークで見せる必要はなかったように思います。
だって、「え、あの人が?!」という人じゃないから、見ている方は、「誰?この人」、てなもんですよ。(汗)
死体で発見された山科画伯の息子であることはわかっていても、所詮は「新参者」ですから。

右のスケッチをするシーンはあったけれども・・・もっと今までの事件にKの影を絡ませてくれれば、緻密なミステリに見えたかも。
もしくは山科画伯。時々店を訪れる品のいい初老の男性が、実は高名な元画家だった・・・や、実にベタですが(汗)、ミニシリーズだからこそできる仕掛けはあったように思います。

父親に捨てられ、女手ひとつで息子を育てた母。
その母を父が描くと知って、その絵の贋作を同時に作成したのが、贋作に手を染めるきっかけだった。
描いた贋作は市場に売り払い、父は、その贋作が息子のものだと知って、画家を引退。
そして10年たっても息子がまだ贋作を作り続けていることを諌めるために、自らの命を断った。

Kが贋作を製作したことが、父の画家としての生命だけでなく、本当の命も奪った、ということです。

Kが贋作師になった理由を、このシリーズの流れにそって人情がらみに描いていたのは、しっくりきました。

しかし、父親に死を賭して諌められても贋作をやめないK。後悔は多少ある?贋作作りを止めて欲しくて右につきまとっていた?←右の推測ですが。

彼には彼の哲学があるようです。

芸術品に本物も贋作もない。
贋作を生み出しているのは右たちだ。
本物だと思って手に入れた人たちは、それで幸福なのだ。
君たちはその幸福を奪っている。(概略)

ここがこのドラマのポイントなのでしょう。
人の心を豊かにするものであれば、本物も贋作もない。
そこには良い芸術品があるだけ。
本物と断定することで、お金が動き出す。
価値の高い作品を高い技術で贋作すれば、それも芸術品、ということなのでしょうか。

贋作だと知らない方が幸せ・・・一見正論のような気もしましたが。
でも、やはり贋作行為はオリジナルを作った人への冒涜行為だと思います。
構図、手法、視点、思想・・・先陣を切って作り上げた人々への。
(模写行為は修行の一つで贋作行為ではありません。)

今回も一番格好良かったのは右の母、曜子さんでした。
骨董品の世界に国家権力は役に立たない。←セリフをメモったのですが、なくしてしまった(汗)。

Kがデーモン風な容貌だったこと及びその思想の一端が彼の口から聞けたことと、曜子さんのおかげで、思っていたより「がっくし」とはならなかったので(汗)、まずまず、良かったです。

シリーズ全体の感想。

無理に殺人事件を絡ませなくてもよかったのではないかな、と思いました。
4話の感想でも書きましたが、殺人がない方が、より美術品を中心とした事件の数々の奥行きが生まれたのではないかな、と。
製作スタッフの「いつかこの『美』の古都を舞台に『美』に翻弄される人たちのドラマを作りたいと思っていた。」(@公式サイトより)などの意気込みを生かしきれなかった、もったいないドラマのように思います。

天才贋作師K、という伏線もあまり生かしてなかったように思う。これも、もったいなかったです。

全6話のうち、第2話が一番面白かったです。

Kはまだ贋作作成を続けるようです。
続編を作るつもりなのかな?
テーマは面白いし、まだまだネタはありそうですが。

だったら、無理があることを承知でこっそり言ってみます・・・

今度は、曜子さんが主役ではいけませんか?(大汗)

.

.

#1 #2 #3 #4 #5

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 冬のサクラ 第4回 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第5回 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□フェイク~京都美術事件絵巻」カテゴリの記事

コメント

>でも、あんなに思わせぶりなカメラワークで見せる必要はなかったように思います。
そうですよね~!
そんなことされて、最後に「K」登場!とかやられても、はぁ?って感じでしたよ~
すっきりと顔を見せて、その後、右とバトルをやらせた方が良かったんじゃ・・・
「K」が贋作を作り続ける理由はわかったけど、右に固執する理由がいまいちよくわからない・・・止めて欲しいなら須藤教授でもいいような・・・たまたまパリで見破られちゃったから?
>無理に殺人事件を絡ませなくてもよかったのではないかな、と思いました。
そうだ、そうだ~!
無すまれるとか詐欺にあうとかそういうアレでも良かったんじゃ・・
右からもっと美術品あるある話を聞きたかったなぁ・・
天才的な目利きという右の設定をもっと生かした脚本にして欲しかったです。
>今度は、曜子さんが主役ではいけませんか?(大汗
激しく同意(笑
全体的に曜子さんの方がキャラ立ってたような・・・
なんか惜しいドラマでしたわ~

きこりさん、こんにちわ。

>すっきりと顔を見せて、その後、右とバトルをやらせた方が良かったんじゃ・・・
激しく同意です。
元々正攻法なドラマなのだから、例え病院の屋上であっても、崖っぷちであっても(汗)、きちんと真っ向から対決させて欲しかったですね。

>「K」が贋作を作り続ける理由はわかったけど、右に固執する理由がいまいちよくわから
ええ、私もよくわかりませんでした。きこりさんの言われるとおり、パリの件を引きずっているような気はしましたが・・・右に惚れた、とはあまり思えないのはなぜ。(大汗)

>天才的な目利きという右の設定をもっと生かした脚本にして欲しかったです。
右がね、それほど天才的な目利きに見えなかったように思いました。

>全体的に曜子さんの方がキャラ立ってたような・・・
美味しいところをきちんと持っていかれてましたね。
曜子さん主役案、賛同していただいて嬉しいです。

>なんか惜しいドラマでしたわ~
ほんと、惜しいドラマでしたね~。
だからこそ、こんだけ突っ込んでしまうというか。(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェイク~京都美術事件絵巻 最終回:

» NHKドラマ10『フェイク京都美術事件絵... [レベル999のマニアな講義]
『歌麿の鎖』内容オークション会場にやってきた右(財前直見)喜多川歌麿の浮世絵が出品される。。。ということでやってきたのだ。が。。。そこにあったのは、天才贋作家Kの贋作。... [続きを読む]

» フェイク 京都美術事件絵巻 第6回(最終回) [ドラマハンティングP2G]
第6回「歌麿の鎖」<終> 総合テレビ 2011年2月8日 午後10時放送 BSハイビジョンでは金曜午後6時から放送  美術品のオークション会場で、浦沢右は喜多川歌麿の浮世絵の精巧な贋作を目にした。謎の天才贋作家Kの手によるものだった。その翌朝、鴨川べりで日本画の大…... [続きを読む]

» 「フェイク 京都美術事件絵巻」 第六回(最終回) 歌麿の鎖 [トリ猫家族]
 σ(´-ε-`)・・・・なるほどねぇ・・・ なんだろう・・このガツガツしなさかげんは・・・ このドラマ自体、骨董屋さんの商売みたい。 商売っ気あるんだかないんだか・・・ こうい ... [続きを読む]

» 「フェイク 京都美術事件絵巻」第6話(最終話) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
10年前に引退した日本画家の謎。 第6話(最終話)『歌麿の鎖』 [続きを読む]

» フェイク「歌麿の鎖」 [blog mr]
 なんじゃそら。  単に天才贋作家の正体を明かしただけやん。  前にも書いたけど、犯人を終盤でいきなり出すってのはルール違反。  何がしたかったんだろう、このシリーズ。  中盤で全く触れられなかったところをみると、その天才贋作家を軸にしたかったわけでもなさそうだよな。  第一話では、右と因縁があるようなこと言ってなかったっけか。  権力ではどうしようもない美術品の世界を知っている浦沢曜子がいたから辛うじて締まってるけど。  パート2が作れる終わり方になってるけど、このままだと、やっても見ねぇと... [続きを読む]

« 冬のサクラ 第4回 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第5回 »

作品一覧