2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 冬のサクラ 第6回 | トップページ | 四十九日のレシピ 第2回 »

2011年2月22日 (火)

ハガレンFAのDVD

原作は読んでいません。

アニメも日曜日の午後に放映されていたのを時々目にする程度でした。
この物語、1話でも抜けたら話が見えなくなるので、入り込めないまま。
そもそも最初から見ないと、チビッコ錬金術師と巨大な鎧が旅をしている理由さえわからないんですよね。(汗)
しかしラスト3回くらい、偶然ですが、続けて視聴したところ・・・な、なんだ?どうしてこうなるの?

ということで、番組終了後にレンタル開始。
大体の世界観やキャラ設定がわかりだして来たところで、競争率が高まって全く借りれなくなったのと、最終巻も未発売だったので、9巻で一旦停止。

先日、やっと最後まで視聴しました。
10~16巻まで。
奇跡的に10巻以降、全て揃っていたのです。
でも、時間的に全部は見れないだろうと、とりあえず12巻まで借りて帰宅・・・が、しかし。
「フラスコの中の小人」まで来て、いよいよ「約束の日」を前にして、ここでは止めれないだろう、とあわてて続きを借りに行った、大ばか者です。

結局一気見。全部で14時間弱。
特に14巻以降は眠さも吹っ飛ぶハイ・テンションな展開で、周囲の迷惑も顧みず、全ての用事をストップさせて見入りました。

コアなフアンがいっぱいいらっしゃる作品なので、今更、通りすがりの視聴者が感想を書くなんて大それたことはできません。(汗)
「真理」が何なのかはよくわからないままだし・・・。

とは言え、アニメ全体に渡って全く門外漢の自分が、14時間弱見続けたくらい(止められなかった)の感動を覚えた作品なので、備忘録として、心に残ったシーンをいくつか書き出しておきます。

オリヴィエの登場シーン全て。キメラたちも忘れられません。
お父様の攻撃を食い止めるホーエンハイムを支えるエドとアル。
・・・ラスト4話はどれも。ラスボスとは、まさにこのお父様のことを言うのだろうな、と。
そして、エンヴィーの最後。

アメストリスの変化にとんだ風景、千住明さんの音楽も印象的でした。

放送終了してから1年もたっていないのに、最終の64話など、はるか前に見たように感じました。同時期に「龍馬伝」やら「W」を見ていたとは思えないほど。
見た順番がリアルタイムで61話~64話、そして改めまして(汗)、1話~64話だからかな。
主人公達と一緒に旅をしたような感じです。

原作が優れているのは言うまでもないのでしょうが、パワーを感じた作品でした。

.

.

※「グリード」はその言動といい、やはりオーズに微妙に影響を与えているように感じました。

.

.

« 冬のサクラ 第6回 | トップページ | 四十九日のレシピ 第2回 »

*DVD・映画・観劇 は行」カテゴリの記事

@テレビその他」カテゴリの記事

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハガレンFAのDVD:

« 冬のサクラ 第6回 | トップページ | 四十九日のレシピ 第2回 »

作品一覧