2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 感想遅れます&おいしかった | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 「宇宙海賊現る」 »

2011年2月15日 (火)

江 姫たちの戦国史 第6話

公式サイト

出遅れたので、駆け足感想です。

世に言う「光秀の三日天下」を描きつつ、江のスーパーレディっぷりを描いていました。
江を中心にまわっていることに違和感を感じない人なら、面白いお話だったと思います。

伊勢上野城近くまで家康に送ってもらい、家来までつけてもらったお江は、野武士達に捕まってしまいますが。

この時代、男子ならいざ知らず、女子がそれほど人質として価値があったかどうか、という疑問はおきました。そういうことが気になる人は見れないかも。
事実を描いているかどうか、ということより、あまりにも現代の感覚であの時代の人の動きを描きすぎているかもしれない、とは思いました。
大名の娘であっても名前すら残ってないのが普通の時代ですから。←通称はありました。

光秀が江に何故信長を殺したのか、と問いただされて、自分にもわからない、と答えたシーンは心に残りました。
実際、信長を討ち取った後の動きを見ても、確たる信念があったようには思えないだけに。

ただ、腹心の斎藤利三を遠ざけてまで、本音を江に言うのは、無理があるかな~?と思った人も多いかも。(汗)
蘭丸の手紙も、あざといと言えばあざとい。

秀吉の「中国大返し」は一瞬でした。

このドラマの秀吉は「人たらし」より策略家の面を強く描いています。はっきり言ってあまり好感は持てません。いや、策略家でなければ天下は取れないのですけれどもね。
この秀吉に嫁ぐ茶々の気持ちをどのように描くのか、興味はあります。
来週描かれるお市の方の決断が大きく影響する、ということなのでしょうか。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 感想遅れます&おいしかった | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 「宇宙海賊現る」 »

△大河:江」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。トラックバックありがとうごさいました。
この時代、女子が野武士に捕まれば、売られてしまいますよね。このドラマは、戦国時代であっても主人公に都合良く展開することになっているので仕方ないです。
来週のお市の決断が興味ありますね。やはり秀吉憎しで勝家に嫁ぐのでしょうかね。
また来ます。

haruさん、いつもありがとうございます。

人の気持ちは今も昔も変わらないと思うのですけれども、社会の仕組みが違う。
違うからこその葛藤があったのでは、なんて思うと、これだけ安易に仕組みまで現代風にされてしまうと・・・。
二次創作物としてみれば、面白いのでしょうけれども。
二次創作物も嫌いではないだけに、複雑です。
ともかく突っ込むモチベーションが保てるところまでは、見てみようとは思っています。(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江 姫たちの戦国史 第6話:

» 大河ドラマ"江"/姫たちの戦国 Vol.6光秀の天下 [**Refreshing-wind blows**]
 【送料無料】歴史街道2011年02月号[雑誌]価格:630円(税込、送料別)↑ 内容は歴史街道HP江 公式HP江 公式HP(大津放送局版)第6回「光秀の天下」【あらすじ】(↑のHPから拝借)天... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~【第6回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
光秀の天下  「姫様…、約束を守れませなんだ…」by明智光秀(市村正親)。 ぎゃ~~~~~~~~~~~っ!!!信長(豊川悦司)に続き、光秀までもが命尽きる直前に江(上野樹里)を思い出しちゃいましたっ!!!もうやめて~~~~、こっちが死ぬ~~~~っ!!! っていうか、見ちゃった。てへっ!!!←文句言いつつ見ちゃうなんて、マジで製作者の思う壺だわ…。 イヤでもちょっと、もうなんかこう怒りを通り越して笑いが出ちゃうレベルに達しちゃいました。ファンタジー大河ドラマだし、トンデモ大河ドラマになっちゃって... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第六回 光秀の天下 [レベル999のマニアな講義]
『光秀の天下』内容光秀(市村正親)により伯父・信長(豊川悦司)が、京・本能寺で倒された。堺において、事態を知った江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)とともに、伊賀越えを... [続きを読む]

» 約束が違うではないか [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「あやつの好きな物なら 分かります 私の嫌いな物を選べば 良いのですから」初恋の人、森兄弟の死を知りショックを受けるも、清洲城へ逃げる為に荷造りする饅頭大好きお初ちゃん... [続きを読む]

» 江 第6話 [しなもにあ]
史実とは・・・違うよね?明智と会ったり?約束したり?明智も最後に思い出すのが江ってどうなのよ?蘭丸の文?ほんとなの?頭痛いわー。だいたいOPの踊りがいやだわぁ音楽に合わせ... [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国』第6回〜9歳・江姫の信長礼賛と55歳・明智光秀の哀愁 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『江〜姫たちの戦国』 第6回「光秀の天下」 満9歳の江ちゃんと55歳の明智光秀さんの会話が妙な意味で印象的でした。 原作脚本・田渕久美子氏による強烈でシュールな物語は、もはや「パラレルワールドSF」か、あるいは「信長礼賛スピリチュアル・ファンタジー」か・・・ 【 秀吉ゴロゴロ、ゴッツン 】 備中高松で、信長の訃報を聞いた秀吉(岸谷五朗)がショックで壊れてる。 床をゴロゴロゴロゴロ〜〜〜。 柱に頭をゴッツン、ゴッツン、ゴッツン、ゴッツン〜〜〜。 凄いのなんのって、血ぃ出るで... [続きを読む]

» 【江~姫たちの戦国~】第6回と視聴率「光秀... [ショコラの日記帳]
第6回の視聴率は、前回の22.0%より大幅に下がって、19.6%でした。初めて20%を切ってしまい、最低視聴率でした。危惧した通りで、残念です。光秀と江が会っただけでも、主人公特... [続きを読む]

» 【江~姫たちの戦国~】第六回 [見取り八段・実0段]
天正10年6月。江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と命がけの伊賀越えの末、無事、伊勢に到着するが、野武士に捕らえられる。一方、光秀(市村正親)は、天下人どころか孤立無援と... [続きを読む]

» 大河ドラマ江、光秀の辞世!! [函館 Glass Life]
昨日、HDに録画していた江を見ましたが… 今週の感想!! そもそも江を主人公にしたドラマ自体に無理があった のてはないのでしょうか{/kuri_5/} 江の存在を際立たせればするほどチグハグになってい くのです{/cat_6/} 視聴率を考えると現代風にアレンジするのは仕方ない のかも知れませんが、その視聴率も上がっていない様 です{/fuki_oshirase/} これって… 光秀の辞世の句と言われているものです。 『心知らぬ 人は何とも 言はば言へ 身をも惜しま じ 名をも惜しまじ』 自... [続きを読む]

» 江「光秀の天下」 [blog mr]
 江に謀反の理由を聞かれた光秀が「わからない」と答えたのは、期待通りで良かった。  家臣の斉藤の、立場が変わったのだ、とか言ってしまう小物臭さもマル。  この人が、オーズの真木だってことを知ったのは火曜日のこと。  その前、城で野武士に襲われたときの江の表情が良い。子供っぽさを残しつつも、「姫」としての迫力が表現されている。  馬に乗って城に入るときの凛々しいこと。  光秀と秀吉の対峙。対岸が CG なのは当然として、川の流れも CG に見えたのだが、俺の見間違い?  CG ってば、オープニング... [続きを読む]

« 感想遅れます&おいしかった | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 「宇宙海賊現る」 »

作品一覧