2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« バーテンダー 2glass | トップページ | デカワンコ 第6話 »

2011年2月18日 (金)

外交官 黒田康作 第6回

公式サイト

簡単に感想。

先週、先々週の王女エピのダメージがじわじわ効いてきて、視聴意欲がこの一週間ですっかりダウン。そんな気持ちを奮い立たせつつ、視聴しました。

オープニングがまた変わった?いつも最初を見逃すからなぁ。(汗)
今週初めてこのドラマを見た人なら、ちょっとわくわくするオープニングかも。
内容もこの路線でやってくれていたら・・・

霜村が犯人だったの?
だったらあの映像の時系列は視聴者をひっかける映像トリックだったということですね。
それまで時系列無視で作っていたドラマじゃないから、すっかり引っ掛かってしまいました。
個人的には、推理モノとしてはフェアじゃないような気がしました。

殺害シーンは霜村の幻覚だった、ということはないですよね?
でも、君島の様子や次回予告を見ると、どうやらアドロンは中毒性で、幻覚作用がともなうようなので、何とも言えないかな。

フリーライターの佐々木も霜村の仲間だった。
ついに正体を現した山路と黒田の格闘シーン。
ぼこぼこにされる山路がちょっと可哀想だったけれども。

そして、黒田と利香子のタッグが組まれた、と。6話目なんですけれども・・・
いくらなんでも、遅い!回り道しすぎ。

黒田に謎が多いのも、事件が進まないのも、仕掛けや伏線があるからいいとしても、今まで、利香子をあまりにもないがしろにしすぎていたような気がしました。

ラストのおでん屋のシーンは好みのテンポでしたが・・・ドラマのテイストが何だかごちゃごちゃになってきたような気がします。王女エピはやっぱりいらなかったと思うなぁ←ひつこい。

黒田をオープニングのナレーションのようなスタンスにして、助手というか視聴者と同じ目線である利香子をきっちり描いてくれていたら。
今回にいたっては地図の能力なんて、どこかへいっちゃったしなー。

それから副大臣のセリフ回し、いや発声が気になって気になって。彼女がセリフを言う度にドラマの世界から現実に引き戻されてしまうのです。風格はあるのですけれども。

ちなみに「かわい~」とかいって利香子に簡単に黒田の居場所を言う西園寺は・・・シーンのテンポが良かったので、自分的にはOKでした。

さて、もう一人標的がいるようです。それは外務大臣?
アドロン問題以外に何か秘密がある?

.

.

#01 #02 #03 #04 #05

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« バーテンダー 2glass | トップページ | デカワンコ 第6話 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□外交官 黒田康作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外交官 黒田康作 第6回:

» 外交官・黒田康作 (第6話 2/17) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/13からフジテレビで始まった『外交官・黒田康作 (公式)』の第6話『悲しき犯人逮捕』の感想。 もはや“奴のすり替え”並みの展開になってる! 女芸人・椿鬼奴さんのトークの中で巧みに話の内容を逸らしていく技が『奴のすり替え』。本作は正に『黒田のすり替え』。最初に起きた事件はどこへやら状態。 とにかくメキシコやサラ王女と、次々と捜査対象ばかり増やし、今週は山路(岩松了)にすり替え。 最も困るのは… 次々起こる(作る)全ての事件に、霜村(香川照之)が関与して... [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 悲しき犯人逮捕 [のほほん便り]
なにやら、霜村(香川照之)が絡む事件に、薬害訴訟が関係してきました。11年前の立てこもり事件で、唯一、霜村妻・倫世(紺野まひる)が犠牲になったのは、じつは流れ弾の事故でなく狙撃された疑いが そして、気がつくと、大垣利香子(柴咲コウ)、黒田康作(織田裕二)の機転で、初手柄。でも上司の山路(岩松了)を尾行し、お縄にすることになろうとは ネットでは、事件そのものより、ショックをうけた大垣が、なかなかの飲んべえさんで、黒田の好物が「ちくわぶ」であったことが判明。話題になってのが可笑しかったのでし... [続きを読む]

» 外交官 黒田康作 第6話 [レベル999のマニアな講義]
『悲しい犯人逮捕』内容フリージャーナリスト佐々木藍子(片瀬那奈)の話から霜村(香川照之)が、薬害訴訟に絡んでいると分かってくる。被告となっているブライトン製薬の新製品発... [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 #06 [ドラマハンティングP2G]
「悲しき犯人逮捕」 黒田康作(織田裕二)は佐々木藍子(片瀬那奈)の話から、霜村毅(香川照之)が絡む一連の事件の裏に薬害訴訟が起因している可能性を知る。その真実を確かめるべく、黒田は当時、被告となっていたブライトン・ジャパン製薬の吉村進社長(大河内浩)を…... [続きを読む]

» 別館の予備(Rio&国選弁護人&外交官 黒田) [スポーツ瓦版]
別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 2月18日 Rio&国選弁護人&外交官 黒田 TBアドレス h ... [続きを読む]

» ≪外交官 黒田康作 ≫★06 [まぁ、お茶でも]
吉村社長殺害現場に、利香子の上司がいたことから黒田は、利香子と連絡を絶った。 霜村が、事件に関与している事は明らかになった。本庁では、一連の事件を公開捜査することとし、テレビでニュースとして流した。 瑠衣に、結果として父が犯罪者だと知らせた。 利香子は、黒田と連絡が取れず、また山路に、嫌味を言われた。 重い足取りで帰宅し、瑠衣に黒田が母親の死にかかわっている事を再度聞いた ... [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
黒田(織田裕二)は吉村殺害現場に、刑事たちがいち早く駆け付けた ことを不審に思っていた。 警察への情報漏れを懸念する黒田は、利香子(柴咲コウ)との連絡を 絶つ。 安藤(鹿賀丈史)に会った黒田は、機密文書扱いになっている立て篭もり 事件の資料の中に、11年前に死... [続きを読む]

» 外交官・黒田康作 第6話 「か、課長、タイホします」(柴咲コウ) あらすじ・感想 [シーズンXX]
外交官・黒田康作 第6話 (2月17日放送)「おまえがみることはないんだよ、ちーずーつくってろ」課長(岩松了)あらすじ前回からのつづき。製薬会社社長を殺害したのは霜村(香川照 ... [続きを読む]

» おでんと言えば、ちくわぶ。異論は認めない(外交官 黒田康作#5・6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『外交官 黒田康作』ファストファッションを身に纏ったアリトリア王国のサラ王女@ジェーニャは、初恋の人・黒田康作@織田裕二と“東京の休日”を過ごし、“地図の鬼”大垣利香子 ... [続きを読む]

« バーテンダー 2glass | トップページ | デカワンコ 第6話 »

作品一覧