2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 配線が・・・ | トップページ | 外交官 黒田康作 第4回 »

2011年2月 4日 (金)

美咲ナンバーワン!! 第4回

公式サイト

原作:「美咲ナンバーワン!!」藤崎聖人

原作未読です。

先週よりは集中して見ましたが。
※毒、満載です。ご注意下さい。

・・・うわ~。
この脚本を書いた人及びOKを出した人たちのご意見を伺いたい。(汗)

身元確認しないで雇う店とか・・とにかく、突っ込みどころがありすぎて。

これだけは書いておきます。
キャバクラの仕事の厳しさとして、こんなことしか描けないの?で、そんな解決法なの?それでキャバクラ嬢の厳しさがわかるの?

ここがダメダメだから、今回のテーマ、唯が「働くことの厳しさ」を経験する、という話に説得力を感じませんでした。

なので、唯と父親の絆にまつわるエピソードも、阿南さんの熱演が気の毒なくらい浅い話に見えてしまいました。せめてここだけでも丁寧に組み立てて欲しかったなぁ。

学校で何してんだか、という生徒たち。
ダメ生徒たちの吹き溜まり、という設定なのは百も承知で突っ込み。
辞める、辞めるって。金払っているのは親でしょう、しかも私立でしょ?と。
例えば、唯の家。街の八百屋さんにとってはかなりな負担だと思うのです。そういうことは全く考えないのね。

それでもって、5人組がたむろしている、中途半端にゴージャスな、店みたいな部屋みたいな店?(苦笑)、何なのでしょうか。何か説明ありましたっけ。見逃したかな。この部屋、妙にイライラするんです。
「有閑倶楽部」のようなドラマならいざ知らず。
どういう設定なのかなぁ。
生徒たちに全然感情移入できないのが、つらいです。

お気楽なドラマのはずなのに、ある意味、こんなにワンカット、ワンプロット、ワンシークエンスに感情をゆさぶられるドラマは他にないかも。(毒)

と、突っ込みつつ。
次回は美咲が転落した原因である元彼が登場するようなので、もう1回見てみます。

.

.

#1 #2 #3

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 配線が・・・ | トップページ | 外交官 黒田康作 第4回 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□美咲ナンバーワン!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美咲ナンバーワン!! 第4回:

» 美咲ナンバーワン!! 第4話 [レベル999のマニアな講義]
『生徒がキャバ嬢!?』内容進路志望の調査表を2Zに配る美咲(香里奈)だったが、どうも、真剣さが足りないことにいらつく美咲。その日の夜。和真(藤ヶ谷太輔)らと、夜の街に繰... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
唯(大政絢)が、和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)たち5人で 夜遊びしていると、唯の父親・光彦(阿南健治)と出くわす。 翌日、光彦は和真たちと付き合わないように注意するが、唯は 聞く耳を持たない。 やがて、光彦は学校へやって来て「娘を立ち直らせるためには、... [続きを読む]

» 美咲ナンバーワン!! (第4話 2/2) 感想 [ディレクターの目線blog]
1/12から日テレで始まった『美咲ナンバーワン!! (公式)』の第4話 『生徒がキャバ嬢!?』の感想。 キャバクラでキャバ嬢が若者を更生させるドラマだっけ? どうやらこのスタッフは、美咲(香里奈)の人物的背景なんてどうでも良いらしい。その点はもう期待しない。 なぜなら、今回(の唯:大政絢の部分)は、仕事を舐めてる女子高生をナンバーワンキャバ嬢が更生させると言う意味で、美咲が担任教師でなくても成立するから。 そして残念なのは、美咲がキャバ嬢のままの方が面白いこと。ママ(財前... [続きを読む]

» ≪美咲ナンバーワン!!≫★04 [まぁ、お茶でも]
2-Zでも進路希望を書くように美咲は、みんなに言った。が。誰も書こうとはしなかった。 女子は、キャバ嬢が一番人気で、ただ笑っていれば伽むとのコミュニケーションが取れているとおもっていた。 そこへ教頭が、化粧品の詰まったバッグを持って現れた。 2-Zに違いないと持ってきたのだ。学業に関係ないものを持ってくるのは ... [続きを読む]

« 配線が・・・ | トップページ | 外交官 黒田康作 第4回 »

作品一覧