2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 冬のサクラ 第2回 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第3回 »

2011年1月26日 (水)

フェイク~京都美術事件絵巻 第四回

公式サイト

今回の美術品は、尾形乾山の陶芸作品、特に水指でした。@公式参照

誘拐されたのは人ではなく、持ち主が大事にしている骨董品。
呉服屋の女主人が、謎の暗号の指令で京都を東から南から西へと引っ張りまわされ、最後の指定場所が右の母親の店だった、という所までは純粋推理物っぽくて面白かったです。
暗号にも、わかり易いものでしたが(汗)、京都の街ならではの趣向が凝らしてありました。
骨董の価値は人の思い入れで決まる、という右の母、曜子の言葉も、このドラマのテーマ
に添ったもので、すっと胸に入りました。

しかし、後半がまた、ばたばたしていたように思います。
詰め込みすぎ、というか・・・
協力者の青年が殺される設定はいったのかな?水指に執着する人物の存在はありとしても、「殺人事件」はいらなかったような気がしました。ま、そうすると娘を誘拐する理由もなくなるか。(汗)

.

入り婿だった夫が手に入れた尾形乾山の水指が、実は贋物だとひと目で見抜いた老舗の呉服店の家付き娘の慧眼。
情話ものとして、家族それぞれの気持ちをじっくり描けば、彼女の水指にこめられた思いが具体的に明かされるラストがもっと生きたように思いました。今回はここがキモだと思ったので。協力者の青年の役割ももう少し膨らませれば、家族の話だけで完結したかも、とも。

他の作品と比べるのはあまり良いことではないとは思いますが・・・今回に限って感じたことは、例えば殺人事件を描かずに、人の心の機微を描いた「京都迷宮案内 」「新・京都迷宮案内」のような持って行き方もあったんじゃないかな、と思ったりしました。

その方がより、美術品(骨董品)の存在が重くなって、このシリーズのテーマがはっきりしたように思うのです。でも、これは好みですね。

天才贋作師、Kに関することは今回もでてきませんでしたが、どうするのかな?

.

.

#1 #2 #3

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 冬のサクラ 第2回 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第3回 »

#ドラマ:2011年第1クール」カテゴリの記事

□フェイク~京都美術事件絵巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェイク~京都美術事件絵巻 第四回:

» NHKドラマ10『フェイク京都美術事件絵... [レベル999のマニアな講義]
『尾形乾山誘拐事件』内容曜子(藤村志保)の店に、尾形乾山の鉋目皿を探す男(小木茂光)が現れる。5枚一組の角皿で、松の絵が描かれているモノを探しているよう。無いことを曜子... [続きを読む]

» フェイク 京都美術事件絵巻 第4回 [ドラマハンティングP2G]
「尾形乾山誘拐事件」 総合テレビ 2011年1月25日 午後10時放送 BSハイビジョンでは金曜午後6時から放送 大学のゼミの最中、右(財前直見)は亜子(南野陽子)の呼び出しを受ける。身代金1千万円の誘拐事件が起きたが、さらわれたのは人間ではなく尾形乾山の「四方水指」と…... [続きを読む]

» 「フェイク 京都美術事件絵巻」 第四回 尾形乾山誘拐事件 [トリ猫家族]
 さて、先週は第一発見者、来週は容疑者になる予定の忙しい右ですが・・・ 白石(南野陽子)の信頼も厚くなってきてるようです。 老舗呉服店「いそべ」に関わる誘拐事件で、また ... [続きを読む]

» フェイク「尾形乾山誘拐事件」 [blog mr]
 今回は、なかなかいい具合に振り回してくれた。ラスト近くで、右が乗ってるタクシーの行き先を変える感じはなかなかサスペンスフル。  でも、その後をもうちょっとゆっくり描いて欲しかったな、とは思う。  細かいくすぐり、例えば、白石とカップルなのか、って若手刑事がビビるところとか、真野が「俺は暇か」ってあたりは結構、好き。  今回も、浦沢曜子が最後にちゃんと皿を見つけ出してきた。さすが、陰の主役。  言えば、終盤近くで出てきた人が真犯人、ってのは推理ものとしては問題らしいんだけどな。  女将が偽者を... [続きを読む]

« 冬のサクラ 第2回 | トップページ | 美咲ナンバーワン!! 第3回 »

作品一覧