2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 医龍 Team Medical Dragon3 最終回 | トップページ | SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 癸の回(最終回) »

2010年12月18日 (土)

武士の家計簿

公式サイト

2010年 日

会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。江戸時代後期、加賀藩も例にもれず財政状況は逼迫していた。加えて武家社会では出世するにつれ出費も増え続けるという構造的な問題があった。猪山家の家計が窮地にあることを知った直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断、家族全員で倹約生活を行うことにする。(goo映画参照)

監督:森田芳光/脚本:柏田 道夫/音楽:大島ミチル/原作:磯田道史/エグゼクティブ・プロデューサー:原正人
出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊

@MOVIXにて

ネタばれなし、感想を短く。(あまり良いことを書いていないので、ご注意ください。)

原作は今年の9月に読みました。以下、その時に書いた感想を再掲載します。

膨大で複雑であろう資料を、新書という制約に収まるように、時代及び文化の背景を踏まえつつ、平易で簡潔にまとめておられるのに感服しました。何より「猪山家」に対する愛情が感じられるのが心地よく、大河小説のような深みを感じました。ノンフィクションのお手本のような本。

先日、著者、磯田道史さんが爆笑問題の番組にゲスト出演されているのを偶然見たのですが、本から受けた印象のまま、フットワークの軽そうな方でした。お話もクレバーで非常にわかりやすかったです。なお、今は忍者の実情に興味があるとか。面白そう。本にまとめられるのが楽しみです。

さて、松竹配給のこの映画。

今まで明らかにされていなかった下級武士の生活を活写した原作をどう映像化するのか、大変楽しみにしていたのですが。

単なる人情時代劇になってました。

原作はノンフィクションなので、「映画」にするために父子の関係など、オリジナルなエピソードを入れているのはわかるのですが、そちらの比重が多すぎて、原作の具体性を表現しているシーンがあまりにも少なすぎたように感じました。
なので原作の核心ともいうべき下級武士の文化が伝わってこなかったんですね。おこずかいのエピソードもなかったし、親戚付き合いの意味もあまり描かれていなかったし。

また、原作に漂うウィット(機知)に富んだ軽快さが前半、借金返済計画をたてるあたりまでは感じられたのですが、後半は・・・ひたすら情感に訴える映像のオンパレード。

別にこの原作でなくても作れそうな映画になってしまったように感じました。

飄々とした中村さんと堺さんのやりとり、松坂さんと仲間さんのすっとぼけた嫁姑関係、草笛さんの算術問題を解くのが趣味、というおばあさまは面白かったです。
しかし若い嫁役の女優さんが、演技がどうの、ということではなく、空気が違うような気がして、凄く気になりました。作品そのものが後半、失速していたためもあるでしょうけれども。

もっとモダンでお洒落な感覚・・・例えば全盛期の市川昆監督のようなテイストで描いて欲しかったかな。あくまで好みですが。

.

.

« 医龍 Team Medical Dragon3 最終回 | トップページ | SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 癸の回(最終回) »

*DVD・映画・観劇 は行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武士の家計簿:

« 医龍 Team Medical Dragon3 最終回 | トップページ | SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 癸の回(最終回) »

作品一覧