2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 霊能力者 小田霧響子の嘘 #04 | トップページ | Q10 第4回 »

2010年11月 5日 (金)

医龍 Team Medical Dragon3 第4話

公式サイト

原作:「医龍 Team Medical Dragon」乃木坂太郎

原作未読です。

感想のみメモります。

医療の質を審査するために訪れたIMAを総力を挙げて出迎える、亀頭と野口。

初回の感想で、「伊集院はともかく、黒木の影響を受けるのは誰か」というようなことを書きましたが、一番まともに影響を受けたのは伊集院でした。
加藤も別の意味で影響されてはいますが・・・

一旦、黒木チームに加わった荒瀬は、冷静に黒木のことを観察していました。

オペをともにしてよくわかった。
あいつは人間を見ていない。あいつが見ているのは底知れぬ闇だ。

ロス手術・・・黒木が朝田に言ったことはもっともなように聞こえました。
でも、それって、カテーテルでも同じことなのでは?少なくとも、誰もが黒木の様な技術を持った医師になれるわけではないのでは、と思いました。
だとしたら、カテーテルでも「そこそこ」の医師は、影にまわることなるのでは?

えっと、カテーテルの技術習得の難易度がわからないので、的外れなことを書いているかもしれません。(汗)

それはそれとして。医者としての存在を認めてもらえないのは、つらいかも。
黒木のねぎらいに泣き崩れるほど伊集院を追い詰めていたもの。
それは、自分に自信が持てきれないこと、しかし、医師としてのキャリアには自負があること、そしてその気持ちをくみ取らなかった加藤。

いや、今の加藤にその余裕はない。(←元々そういう人なのかどうかは、新参者なのでわかりません;;)かつ、加藤の気持ちが推測できるほど伊集院は大人じゃない。

黒木はチームドラゴンの一番弱いところを狙ってきたわけですね。
まさしく悪魔の囁きです。

さて、これからどうなるのかな?

.

.

第1話 第2話 第3話

« 霊能力者 小田霧響子の嘘 #04 | トップページ | Q10 第4回 »

#ドラマ:2010年第4クール」カテゴリの記事

□医龍 Team Medical Dragon3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医龍 Team Medical Dragon3 第4話:

» 医龍3 誰も知らないカルテ [のほほん便り]
まだまだ続く、チーム・ドラゴンの劣勢と、その崩壊… 宿敵・野口(岸部一徳)がアメリカから連れてきた、黒木(遠藤憲一)による華麗なるカテーテルオペ・ライブデモンストレーションに会場は拍手喝采。すっかり魅了してしまいます。 朝田(坂口憲二)は、予定されてたライブ患者の少女が、思春期の乙女心から不安がり嫌がってた気持ちを優先。独断でカメラ中継を切ったのでした。加藤(稲森いずみ)のもくろみは、大ハズレ でも、分かる人は分かるのですね。中継こそ無かったものの記録を見た審査員に朝田の手術を素晴らしい... [続きを読む]

» 医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:04 [ドラマハンティングP2G]
朝田龍太郎(坂口憲二)は患者の意思を汲んでライブデモンストレーションの中継映像を遮断するが、その代わりにと野口賢雄(岸部一徳)が流した黒木慶次郎(遠藤憲一)のカテーテルオペは審査員から賞賛を浴びる。鬼頭学長(夏木マリ)は、記者会見で明真はカテーテル治療…... [続きを読む]

» 医龍TeamMedicalDragon3... [レベル999のマニアな講義]
『誰も知らないカルテ内容患者のためと、ライブデモンストレーションの中継を中断した朝田(坂口憲二)その行いにショックを受ける加藤(稲森いずみ)であったが、次の瞬間、野口(... [続きを読む]

» 「医龍 3」 第4話 [トリ猫家族]
 ( ゚Д゚ )あら〜伊集院が取り込まれちゃったワ・・・ 自分のことをぞんざいに扱う胸部心臓外科に見切りをつけたか・・・  ERに来た乱暴者・横田のおっちゃん(本田博太郎)のACS(急性冠症候群)を見つけ、IMA取得に大きく貢献したにも関わらず、ちょい褒め程度で終....... [続きを読む]

» サムライガール&ナサケの女&医龍3 [別館ヒガシ日記]
サムライガールは新キャラ直江兼続も 宗郎&千し千マスターサムライで 1度で後は自分でマスター覚醒も 最終的マスターサムライ何人あるんだ ナサケの女は塾&脱税リベンジも... [続きを読む]

» 「医龍3」第4話★伊集院はアナキン状態 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「医龍3」第4話 『誰も知らないカルテ』 医龍(23)価格:550円(税込、送料別)  なんか、『医龍』への期待感からすると、異常に面白くないんですけど・・・。 【 かったるい 】  黒木(遠藤憲一)のカテーテルオペが終わって、ライブデモンストレーションの観衆が喝采。  壇上で野口(岸部一徳)が「サンキュー、サンキュー」  ここまでで、番組開始から6分強を要したカテーテルオペが、かったるかった。  時間だけが流れて行くんだけど、緊迫感は伝わってこない。 【 前座 】 ... [続きを読む]

» ≪医龍3≫☆03 [まぁ、お茶でも]
朝田が、患者の意思を尊重して、カメラを切ったため、野口には好都合となった。 黒木の桧舞台。日本初のカテーテル大動脈弁留置術が始まった。 弁輪経20mm。初お目見えはさらに太い23mmの黒木特注のカテーテル・K-VALVEが登場。 ... [続きを読む]

» 【医龍 TeamMedicalDragon3】第4話 [見取り八段・実0段]
あいつが見ているのは闇だ。自分の中の闇。とてつもなく深い闇だ。ライブデモンストレーションは、黒木が日本初のカテーテル大動脈弁置換術を成功させて終了。ロス手術の方も、もち... [続きを読む]

« 霊能力者 小田霧響子の嘘 #04 | トップページ | Q10 第4回 »

作品一覧