2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 獣医ドリトル 第五話 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 #07 »

2010年11月25日 (木)

フリーター、家を買う。 第6話

公式サイト

原作:有川浩「フリーター、家を買う。」

原作未読です。

今週に入ってからとっても忙しくて、視聴しても感想を書く時間がとれない状態です。(汗)
簡単に感想をメモっておきます。

誠一の秘密がばれました。
誠一は、PCをうまく使いこなせないのが原因で、部下達から軽く見られている。←それだけが原因じゃないように思いますけど。
家族からも、嫌われている。
自分を頼ってくれる人が欲しかった・・・偶然の出会いとはいえ、それで「援交」ですか。

奥さんが一番、誠一の助けを求めていたのですけどね。
家族だから見えなくなっているところもあるのでしょう。
寿美子の病気が原因で、そのことに気がついたようです。

で、相手の女性、彰子。
勉強を教えてもらうだけならわかるけれども、金銭的な援助はいかがなものか。
誠一に恋愛感情を持っているようにも見えないし、やっぱり援助交際ですよね。
うーん、彰子のキャラを清純にすればするほど、嘘っぽく感じるというか。
この二人の関係は、なんだか無理矢理きれい事に納めてしまったような気がしました。
ドロドロにすることはないけれども、ひっぱったわりには、腰砕けな感じ。

で、子供達が丁度その場に居合わす偶然。(苦笑)
こういうパターンの偶然で誠一の印象を変えていくのは、安易では?
バランスが悪い、とでもいうのでしょうか。
誠一の変化は、もっと妻と向き合うシーンを重ねることで描いた方が良かったような気がします。

序盤の濃密でシリアスな雰囲気が、ここへ来てばらけてきた、というか、ストーリー構成に無理矢理感が出てきたように感じてしまいました。
それだけ、寿美子の発病のエピソードが強烈だったのでしょうけれども。

それでもしみじみ見れるのは、井川さんの佇まい、そして二宮さんの存在感のおかげだと思います。
ラストの不器用な父と息子のやりとりには、すごく共感できました。

ガツンと言ってやる、と姉、亜矢子。(笑)
亜矢子と言い合えるのが楽しかった、という誠一。
娘と息子の違いがよく出ているなぁ。

哲平は、あかりに思いが通じた途端に事故ですか。それで真奈美のトラウマ再発、ということですね。
西本のおばさんは印鑑商法に引っかかる?

うーん。とても面白いんだけど、面白さの質が変わってきたような気がする。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« 獣医ドリトル 第五話 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 #07 »

#ドラマ:2010年第4クール」カテゴリの記事

□フリーター、家を買う。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリーター、家を買う。 第6話:

» フリーター、家を買う。 第6話 母さんを... [レベル999のマニアな講義]
『母さんを悲しませることすんなよ内容父・誠一(竹中直人)を誘って飲みにいこうと考えた誠治(二宮和也)が、、、その父が、女性(玄里)と一緒のトコロを目撃。後を付けて行くと... [続きを読む]

» フリーター、家を買う。 [to Heart]
フジ 火曜9時              原作 有川浩「フリーター、家を買う。」(幻冬舎) 脚本 橋部敦子 演出 河野圭太 プロデュース 橋本芙... [続きを読む]

» フリーター、家を買う。 (第6話 11/23) 感想 [ディレクターの目線blog]
10/19からフジテレビで始まった『フリーター、家を買う。(公式)』の第6話 『母さんを悲しませることすんなよ』の感想。原作の小説は未読。 いつになったら、家を買うの? もう毎回書いているのだが、既に6話だと言うのに、当初の誠治(二宮和也)の失業と誠治の母・寿美子(浅野温子)のうつ病発症の状況から、一向に誠治の成長や武家の再生が描かれない。いつになったら家を買うんだろう・・・ 父子で、“かまってちゃん”で“見栄っ張り”な性格だから・・・ 母は家族のすべてを... [続きを読む]

» フリーター、家を買う。 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
誠治(二宮和也)は、父親・誠一(竹中直人)が彰子(玄里)と一緒にいるのを 目撃して、動揺を隠せない。 大悦土木では、真田(嶋大輔)が生まれたばかりの赤ん坊の写真を仲間に 見せて、親ばかぶりを発揮していた。 あかり(岡本玲)は、真奈美(香里奈)が既婚者の山賀(真... [続きを読む]

» フリーター、家を買う。「母さんを悲しませることすんなよ」 [のほほん便り]
誠一(竹中直人)父さん、不倫してるかと思いきや、家族でも職場でも叶えられない「頼られる」嬉しさに、試験勉強してる女性を応援してたのでした。 でも、この騒動。疑惑のおかげで、誠治(二宮和也)と亜矢子(井川遥)は、家出した?父親を捜しに、島田彰子(玄里)のもとに乗り込んでいき、結果。裏に隠れて、本当の気持ちを知ることになったのだから、分からないものです。 「母さんが退院した時に、(父さんが)家にいないと母さん、心配するから…」と、遠回しに帰宅をうながす誠治(二宮和也)。「家を出て行ってくれ」... [続きを読む]

» 【フリーター、家を買う。】第6話 [見取り八段・実0段]
何の意味があんだよ。結婚してる人、好きになって何の意味があんだよ。上司である山賀の事を好きな真奈美に、誠治は言い放った。父が会っていた若い女。誠治はそのことでイライラし... [続きを読む]

» フジテレビ「フリーター、家を買う。」第6話:母さんを悲しませることすんなよ… [伊達でございます!]
会社でも家庭でも、誰かに頼られることのない自分の存在にやり切れなさを感じていた誠一。家での態度は、家族に自分の気持ちを言えないことの裏返しだったと。 [続きを読む]

« 獣医ドリトル 第五話 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 #07 »

作品一覧