2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 己の回 | トップページ | フリーター、家を買う。 第6話 »

2010年11月23日 (火)

獣医ドリトル 第五話

公式サイト

原作:作:夏緑/画:ちくやまきよし

原作未読です。

ざっくり感想。

交通事故に会った猫、ベルを抱えて訪れた、ドリトルの昔馴染みの女性、瞳。
50年前に放たれた鳩を待つ老婦人、弥生。
椎間板ヘルニアに患った犬、ケンタに安楽死を薦められる、トリマーのルミ。

今回も三題話でしたが、それぞれの人と動物の関係が無理なく絡んでいたように思います。
瞳の夫も無理心中だった、というのはちょっとあざとい気もしましたが、そういうテイストのドラマだし、弥生の想いがしみじみ伝わったので、気にしないことにしました。旦那さん、無念だったでしょうね・・・

なによりケンタが助かって良かったです。
たとえ成功する可能性が低くても、それで助かるなら助けて欲しい、リハビリも厭わない、という飼い主の孫、ルミの思いもすんなり入ってきました。
確かに大変だろうけれども。愛情と根気、そして時間的・金銭的余裕もいるだろうな、と。

ケンタの治療を巡って、花菱が土門や土門の息子、勇蔵の本心を知り、ドリトルの元に行き、最後まで手術に立ち会うことができた、という流れもスムーズでした。

ベルの治療費はいらない、というドリトルに驚くあすか。
昔、瞳に世話になった、というだけではないようですね。
しかし、希望を捨てて去ろうとする瞳を説得する言葉は、いつものドリトル式でした。

鳩ね、鳩。
頭もよく、人を恐がらないから、本当に困るんです。
空を飛んでくるので神出鬼没。いったん住処として目をつけられたら、防ぎようがありません。
大変なんですよ、糞が。洗濯物も汚れるし。
近くの公園では餌付け禁止になってます。
鳩に罪はないのですけれど。

あ、話がそれました。
袂をわかった花菱に土門はどういう手を使ってくるのでしょうか。
順平より勇蔵の方が実は危険?

.

.

#1 #2 #3 #4

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 己の回 | トップページ | フリーター、家を買う。 第6話 »

#ドラマ:2010年第4クール」カテゴリの記事

□獣医ドリトル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獣医ドリトル 第五話:

» 獣医ドリトル 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
深夜、瀕死の猫を抱えた瞳(りょう)という女性が、鳥取(小栗旬)を訪ねて来る。 鳥取と瞳は、学生時代の知り合いだった。 猫を鳥取に手渡した直後、熱を出していた瞳は倒れてしまう。 あすか(井上真央)の勧めにより、瞳はしばらく鳥取の病院で過ごすことになる。 翌日、老... [続きを読む]

» 獣医ドリトル 第5話 鳩が結ぶ50年越し... [レベル999のマニアな講義]
『鳩が結ぶ50年越しの夫婦愛内容ある雨の夜。鳥取動物病院をずぶぬれの女性(りょう)がやってくる。女性を見て、、、“瞳さん”という鳥取(小栗旬)車にはねられたという猫を抱... [続きを読む]

» GIANT KILLINGガンバ快勝&ドリトル [別館ヒガシ日記]
GIANT KILLINGは名古屋戦までだが 新旧サポーター対立&監督に抗議して サポーター絡める所は凄く良い感じだし... [続きを読む]

» ≪獣医ドリトル≫★05 [まぁ、お茶でも]
深夜、仕事が終わったあすかは、やっと寝られると喜んでいたが、ドアをノックする音に出てみると、女性が車にはねられた猫を連れて来た。 なんだと出てきた鳥取は、彼女を見るなり、すぐ「瞳さん」と呼んだ。 ベルを助けてと鳥取に渡すと、女性は崩れるように、座り込んだ。 あすかがびっくりして、支えようとすると、すごい熱だった。 ... [続きを読む]

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 己の回 | トップページ | フリーター、家を買う。 第6話 »

作品一覧