2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« Q10 第5回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic39「エピック・ゼロ」 »

2010年11月14日 (日)

龍馬伝 #46「土佐の大勝負」

公式サイト

少し長めの、ざっくり感想。

後藤の屈力で、ついに容堂公にお目通りかなった龍馬。
慶喜公に大政奉還を進言することを提案します。

それは、大名も武士もなくなるとういうこと。
それらがなくなった時、何が残るのか、と龍馬に問う容堂。
日本人が残る、と龍馬。

龍馬の大政奉還のアイデアのバックボーンは、あくまでも土佐の郷士であること。
だから、他藩の思う「大政奉還」とは違って当然で、そこで様々な齟齬が生まれたのかも。
特に薩摩や長州は、関ケ原の負け組みですから。
日本人、という言葉では括れない異なった歴史と文化を持っているわけです。

勤皇党の同志を弾圧し、処刑した自分を恨んではいないのか、と問う容堂に、恨んでいる、しかし、恨みからは何も生まれない、と龍馬。

実際には、幕末のテロル~戊辰戦争によって新たな遺恨が生まれるわけですが。

どうしても龍馬に会おうとしない容堂を説得するために、後藤は龍馬が薩長同盟を締結したことを奏します。
なぜ、今まで黙っていたのだ、と容堂。

龍馬が妬ましかった。
郷士でしかない龍馬が、自分を差し置いて叔父、吉田東洋に気に入られ、一介の脱藩浪士になっても、次々と大きな仕事をしていく、龍馬が。

自らをさらけ出す、エリート後藤の鬱屈した思い。

自分の階級に近しい後藤の気持ちは、多くを聞かなくても理解できたのかもしれません。
弥太郎の劣等感は理解できないかも。

すべてを決意して、後藤に杯を差し出す容堂。
今まで、後藤を見つめていた苛立たしい目つきが、慈父のようになっていたのが印象的でした。

書き上げられた建白書を前に、握手をする、龍馬と後藤。

青木さん、渾身の回だったように思います。
ドラマとしても、「龍馬伝」は、脇の人物が目立つと、龍馬の存在感が薄くなることが多かったのですが、今回はいいバランスだったと思います。
それは、後藤が龍馬の信念に動かされたことがちゃんと描かれていたからかと。

龍馬という人は、周りの人間を動かす信念を持っていたなんだな、ということや、彼1人ではできなかったことを、信念に共鳴した人々に支えられながらなしえていったのだろう、ということが、珍しくきちんと描かれていたように思います。

・・・今まで、どうしてこういう龍馬を描かなかったんだろう。
史実はともかく、ドラマの主人公として。

いや、今までも描かれていたのでしょうけれども、今回は、武市のエピソードもありましたが、何より後藤のターンが劇的だったので、強く印象に残ったのかもしれません。

久しぶりに帰郷した龍馬を囲んでの宴会ではしゃぐ弥太郎の父、弥次郎。
息子があきんどではなく、日本のために、武士として商いをすることを願っています。
土佐じゃないんですね。意外と勉強している?
とにかく息子が可愛くてしかたがないようで、ダメ親父だけど、こんなにも愛されている弥太郎は幸せものです。

その弥太郎。
主任を解任された後も、長崎の土佐商会でこそこそと(笑)、自分の商売をしています。
それを同輩に見つかってしまい、あわてますが。
岩崎殿が主任を辞めさせられたのには納得がいかない。これからは算盤の時代、という弥太郎の持論に共鳴している。我らもぜひ、手伝わせて欲しい、と言われてびっくり。

初めてですよね、人に慕われたことは。
これが弥太郎の転換点になる?

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

« Q10 第5回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic39「エピック・ゼロ」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、いつもTBありがとうございます。

>>・・・今まで、どうしてこういう龍馬を描かなかったんだろう。
史実はともかく、ドラマの主人公として。

大きく頷きました。
本当にそうだと思います。
龍馬という人は、”人を動かす・結びつける”事に長けた人だったのでしょう。
彼自身の手に力はなくとも、力を持った人を巻き込んでいく能力と魅力を持っていたのではないかと思うのです。
ドラマの中でもそれを前面に押し出して表現してくれたら、もっと見応えのあるドラマになったでしょうに・・・・。

次回はいよいよ大政奉還。
象二郎のここ一番の活躍が観られますね。


てんぽ~さん コメントありがとうございます。

>彼自身の手に力はなくとも、力を持った人を巻き込んでいく能力と魅力を持っていたのではないかと思うのです。

全く同感です。

その能力と魅力で人々を巻き込み、"龍 "と言う名のごとく、空の高みまでいくような爽快さを持った人・・・少なからぬ視聴者がそういう龍馬像を見たかったのではないかな、とも思っています。

「龍馬伝」は今の世相を反映しすぎているのかも?なんて感じたりすることも。(汗)
象二郎さんには、史実を改変せず(ここが不安w)、引き続き活躍して欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #46「土佐の大勝負」:

» 龍馬伝 第46回 感想「土佐の大勝負」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は千の鉄砲と大政奉還の腹案で故郷土佐藩に凱旋します。坂本家の人々とも久しぶりに再会しますが、脱藩して二度と会えないと思っていたので喜びもひとしおです。 しかし、あまりに長い歳月が流れており、継母・伊與(松原智恵子)は亡くなり、春猪(前田敦子)には子供がいます。それでも坂本家のほのぼのしたところは変わらず、大黒柱の権平(杉本哲太)、乙女(寺島しのぶ)などが幕末乱世など関係なく平和に暮らしています。 龍馬が届けた一千挺の西洋銃は、土佐の大殿・山内容堂(近藤正臣)も目... [続きを読む]

» 龍馬伝 第46回 土佐の大勝負 [レベル999のマニアな講義]
『土佐の大勝負』内容1000丁のミニエー銃とともに土佐に帰ってきた龍馬(福山雅治)後藤象二郎(青木崇高)は、容堂(近藤正臣)に龍馬面会の意志を伝えるが、“その銃はどこに... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第四十六回 [見取り八段・実0段]
大殿さま。土佐はもう時代の流れに逆らうことはできんがです。今のこの世の中の流れを作ったがは坂本龍馬でございます!龍馬は容堂に大政奉還の建白書を貰うために土佐に入ったが、... [続きを読む]

» 龍馬伝46 後藤伝&容堂伝に武者震いするがじゃき [ぱるぷんて海の家]
龍馬伝最終回は時間変更ってホントかぇ? 龍馬伝は16時15分から 坂の上の雲が17時半から って ホントにホントですか? 容堂)答えや 坂本 武士も大名ものうなった 世の中に何が残る? 何が残るがじゃ! 龍馬)日本人です。 異国と堂々と渡り合う日本人....... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」 龍馬は山内容堂と面談したりしてませんが、、、 [しっとう?岩田亜矢那]
まず第一に、龍馬が桂浜に降り立った時点で 未だ脱藩者の大罪人である。 だから「安芸広島 浅野家家来 小沢庄次」 と変名させて藩庁に届け合法的に滞在させているのである。 この滞在中に二度目の脱藩の罪は許されるのであるが 「内決ゆえ公然...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」 龍馬は山内容堂と面談したりしてませんが、、、 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
まず第一に、龍馬が桂浜に降り立った時点で 未だ脱藩者の大罪人である。 だから「安芸広島 浅野家家来 小沢庄次」 と変名させて藩庁に届け合法的に滞在させているのである。 この滞在中に二度目の脱藩の罪は許されるのであるが 「内決ゆえ公然城下を歩かぬよ... [続きを読む]

» 龍馬伝 土佐の大勝負 [のほほん便り]
龍馬(福山雅治)、帰省して、最後の大仕事。人生最大級の大勝負に出る編… やはり、坂本家は女系ですね。ひさしぶりの坂本家のにぎわいがあいかわらずで、実にイイ感じでした。緊張の前の、ホッと感がヨイです 印象に残ったのは、後藤象二郎(青木崇高)の「妬ましかったがです!」って心情の吐露かな? でも、時代の流れには逆らえず、同時に、龍馬の大きさを実感。全てうけいれ、彼のために尽力して、面談が出来るようにお膳立てするあたり、やはり「やる時はやる!」です 容堂(近藤正臣)に、龍馬が大政奉還... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第46回★早よう春がこんかのう [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4) 第46回「土佐の大勝負」  坂本家に久しぶりに戻った龍馬  姪の春猪(前田敦子)には子も生まれている・・・パフ!! 【 妬ましかったです! 】 nbsp;nbsp;容堂(近藤正臣)に龍馬(福山雅治)との会談を進言する象二郎(青木崇高) nbsp;nbsp;象二郎が、龍馬の考えや、大政奉還の考え方などをこと細かく報告していなかったことを指して言ったんだと思うのだけど、容堂が「どうして、それを... [続きを読む]

» 龍馬伝、山内家のDNA?? [函館 Glass Life]
『武士も大名もなくなったら世の中に何が残る?』 と容堂{/kaminari/} 『日本人です、異国と堂々と渡りあえる日本人です 』と言い切る龍馬{/kirakira/} 史実とは違うのは百も承知ですが、中々の名言です ね{/good/} 坂本龍馬から聞いたとされる大政奉還論、後藤象二 郎はたいそう感銘を受けたそうです{/panda_2/} 薩長同盟をもとに武力倒幕を考えていた薩摩と長州 ですが、薩摩藩の小松帯刀・西郷隆盛・大久保利通 らもこの大政奉還論に同意したと言われています{/fuki_osh... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第46回『土佐の大勝... [徒然”腐”日記]
今日11月15日は坂本龍馬の誕生日で命日・・・と言われてますねま、誕生日については別の日付とする説もあるんですが命日と誕生日が一緒だって方がドラマティック?はい、てんぽ... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第46回:土佐の大勝負 [山南飛龍の徒然日記]
時間の確保が難しいので、短縮バージョンで(´Д⊂【感想】密度の濃い回でしたね。特に後藤と容堂公。後藤には思うところもありましたが、この二人だったからこそ、ここまで辿り着け... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第46回「土佐の大勝負」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
慶応3年9月、ついに龍馬は土佐に戻った。無血倒幕のために山内容堂を動かさなくてはならなかった。最新式のミンエー銃千丁。「どっちに向かって使う気か!?」という容堂。後藤は... [続きを読む]

» 龍馬伝 第46話「土佐の大勝負」 [ぷち丸くんの日常日記]
土佐に着いた龍馬(福山雅治)は、象二郎(青木崇高)を通じて、容堂(近藤正臣) に直接会いたいと願い出るが、容堂は相手にしない。 坂本家に久しぶりに戻った龍馬を、家族は温かく迎える。 継母の伊与(松原智恵子)は亡くなり、姪の春猪(前田敦子)には子供も生まれて い... [続きを読む]

» ≪竜馬伝≫☆46 [まぁ、お茶でも]
慶応3年(1867年)9月 龍馬はついに土佐に戻った。目指すは、血を流さずに徳川を政権の座から引きずりおろすこと。そのためには、土佐の大殿様 山内容堂公を動かさないといけなかった。 土佐城に最新式ミニエー銃1千丁が運び込まれた。 象二郎は、容堂公に薩長は今にも 幕府に攻めかかろうとしていると ... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第46話 [もう…何がなんだか日記]
第46話『土佐の大勝負』死に向かって、どんどん進んでいく龍馬。死へのカウントダウンで締める第4部。死を見据え、身辺整理しながら歩んでいるかの様な描き方。一つ一つを綺麗にクリ... [続きを読む]

« Q10 第5回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic39「エピック・ゼロ」 »

作品一覧