2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 医龍 Team Medical Dragon3 第3話 | トップページ | 2010年10月のまとめ:~秋クールドラマの中間報告 »

2010年10月30日 (土)

名探偵ポワロ「マギンティ夫人は死んだ」

2008年 英米制作

BS2にて視聴。

原作:アガサ・クリスティー「マギンティ夫人は死んだ」

以下、ネタバレなし、感想のみ。

第12シーズン。今やポワロそのものとなったデビット・スーシェ。熊倉一雄さんの健在ぶりも、嬉しいかぎりです。

原作は1952年に発表されました。
1920年にデビューしてからおおよそ30年後ですから、晩年の作品のような印象があったのですが、この後、ペースは違えど20年も書き続けているのだから、やっぱり凄い。

原作は昔に読んだので、いい感じに忘れていました。

原作の時代背景は書かれた当時の1950年代ですが、ドラマでは1930年代に固定されているのは、いつもの通り。
しっかりした時代考証による美術と、しっとりした晩秋のロンドン近郊の風景が美しかったです。

お話は、大分簡略化されていましたが、動機も犯人もおおよそ原作通りだったように思います。
かなり複雑なお話なので、トリックの説明など、ちょっと舌足らずな部分もあったのですが、嬉しかったのは、原作通り、スペンス警視と、あの、アリアドニ・オリヴァ夫人が登場したことです。

スペンス警視は1948年に発表された「満潮に乗って」にも登場しています。
そして女流探偵作家、オリヴァ夫人はクリスティーのある部分を投影している、と思われる人物。

売れっ子探偵作家で、自分が作り出した人気キャラ「フィンランド人探偵スヴェン・ハンセン」にうんざりしており、フィンランドのことなどよく知らないのに、どうしてフィンランド人なんかにしてしまったのだろう、なんて愚痴ってますが、舞台化にあたってキャラを変更されるのには断固として抵抗する・・・クリスティーの分身、と、とられても仕方がないかも。(笑)

クリスティー作品に初めて登場したのは、ポワロシリーズではなくてパーカー・パインシリーズ(1934年発表)、その時はまだ作家ではありませんでした。
ポワロシリーズへのデビュー作は「ひらいたトランプ」(1936年発表)、それ以来の登場です。
アルゼンチンに行ってしまったヘイスティングスに代わって、そしてポワロの数少ない心許せる女友だちとして、この後、数々の作品で活躍することとなる、印象深いキャラです。

ドラマではゾーイ・ワナメイカーという英国の大女優が演じており、あきらかにクリスティーを意識したキャラになっていて、興味深かく、嬉しかったです。

あ、ドラマの感想を書いていない。(汗)

男優さんたちが知らない人ばかりのため、見分けがつきにくかったです。キャラもこの手のドラマらしく、わざと類型的に作ってあるし。
その上人物関係が錯綜しているので、原作を知らない人、もしくは英国の俳優さんに詳しくない人には、わかりにくいドラマだったのでは?と思いました。

ま、それを言い出したら、ポワロ及びミス・マープルシリーズは見れないので、置いておくとして。(汗)

容疑者となる4人の女優さんたちが、とても同い年には見えなかったのには、思わず苦笑。
容疑者たちが同い年、ということが大きな謎を呼ぶ話なのです。
そのあたりの伏線の描き方も少し甘かったような気がしました。ムードはエクセレント!なのですが。

.

.

ミス・マープルシーズン3「無実はさいなむ」
ミス・マープルシーズン3「バートラム・ホテルにて」
ミス・マープルシーズン3「ゼロ時間へ」
ミス・マープルシーズン3 「復讐の女神」

« 医龍 Team Medical Dragon3 第3話 | トップページ | 2010年10月のまとめ:~秋クールドラマの中間報告 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第4クール」カテゴリの記事

*アガサ・クリスティー映像化作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵ポワロ「マギンティ夫人は死んだ」:

« 医龍 Team Medical Dragon3 第3話 | トップページ | 2010年10月のまとめ:~秋クールドラマの中間報告 »

作品一覧