2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 丁の回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic37「エキサイト・モネ」 »

2010年10月31日 (日)

龍馬伝 #44「雨の訪問者」

公式サイト

ざっくり感想。

タイトルの「雨の訪問者」は、英国人水夫を殺害した人間のことだったんですね。
サスペンス映画のタイトルを思い出した口です。ちょっと前にBSで放送されていたし。
チャールズ・ブロンソンが晩年は認知症だったことなどを思い出しました。ドラマと関係ないですね。(汗)

幕府に大恩を持つ土佐藩としては、幕府に背くわけにいかない、と容堂公。
「大殿様、土佐藩はこれから日本の要にならければ」
おお、言い切りました、後藤。決意のほどが伺われます。

戦に備え、エミュー銃千丁の買い付けを弥太郎に頼む龍馬。
張り切る弥太郎。見事、グラバーからの買い付けに成功しますが。

上記の殺害事件で、海援隊に嫌疑がかけられ、海援隊を束ねる坂本龍馬は、長崎奉行所のお尋ね者になります。
ま、狙い撃ちです。犯人が誰であろうとも、坂本を捕らえることが、幕府の目的。
英国は、取引中止どころか、かつての薩摩、長州と同じく、土佐を攻撃すると。
あわてる弥太郎。

弥太郎と朝比奈の対決はどれも見応えがありました。
こういうシーンは安心して見ていられます。

坂本を庇っていることがばれたお元、キリシタンであることもばれてしまいます。

お元はごく普通の幸せを願っていたのに。せっかく商売がうまくいっていたのに。
全部お前のせいでだめになる。お前は疫病神だ。
わしの前から消えてくれ。

激昂した弥太郎から、絶交を言い渡された龍馬。
英国領事館に乗り込んで、何とか話をつけます。

情報収集も怠らない英国。龍馬を役に立つ男だと値踏みしました。
喧嘩ばかりしてたんじゃ、あの大英帝国は築けません。
比べて、なんと日本の可憐なことか。←司馬さん風に(汗)

お元捜索のシーンは、以蔵を探すシーンを思い出しました。また、大声上げてるし。
今回は龍馬もお尋ね者ですね。街中を1人で歩き回ったりして・・・だから、あぶないって。(苦笑)
ま、それがこのドラマの龍馬ですから、いいですが。

弥太郎が怒る気持ちもわかります。
龍馬が関わると、いろは丸の沈没など、本人の責任ではなくても、いつも綱渡り状態。
そのたびに余波をまともに受ける弥太郎。積み上げてきたものが常に脅かされるのですものね。
まさしく、疫病神。

さて、後4回。
次回は久しぶりに坂本家の皆さんが登場するようです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 丁の回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic37「エキサイト・モネ」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #44「雨の訪問者」:

» 【龍馬伝】第四十四回 [見取り八段・実0段]
おまんは疫病神だぜよ!龍馬、わしの前から消えてくれや。もう消えてしまえや!象二郎は土佐に戻り大政奉還論を説くが容堂に拒否されてしまう。土佐が挙兵すると言う話になり、龍馬... [続きを読む]

» 龍馬伝 第44回 意地!? [レベル999のマニアな講義]
『雨の逃亡者』内容京で薩土盟約を結ばれたあと、土佐へと帰った後藤象二郎(青木崇高)は、山内容堂(近藤正臣)に対し“大政奉還”について説いていた。だが、大恩ある徳川と、、... [続きを読む]

» 大河ドラマ 『龍馬伝』 第44回 レビュー [サブカルチャー・ショック]
大河ドラマ 『龍馬伝』 第44回 「雨の逃亡者」を観ました。 今回の『龍馬伝』。史実の「イカロス号事件」を題材していましたね。いやー... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第44回と視聴率&龍馬暗殺実行犯... [ショコラの日記帳]
【第44回の視聴率は11/1(月)追加予定】注目の福山龍馬の暗殺実行犯、演じるのは歌舞伎俳優の市川亀治郎さんだそうです。役名は、京都見廻組の与力頭・今井信郎。今井と共に襲撃する... [続きを読む]

» 龍馬伝44 龍馬クンは疫病神!それとも名探偵?どっちがイイ? [ぱるぷんて海の家]
おいおいおい なんなんだよぉぉぉ 結局 龍馬クン一人の大活躍で 事件はすべて解決したのか? すっごいねぇ 名探偵龍馬クン! 一人でとっとと イギリス公使んちに乗り込んで 要するに 新しい日本作るから見逃せよ って 云っただけで イギリス公使感動....... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第44回★Japan must change [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4) 第44回「雨の逃亡者」 【 おまんは疫病神ぜよ 】  長崎で≪イギリス人水夫殺人事件≫  白袴の武士が目撃されたために、海援隊に嫌疑。  長崎奉行所が捜査するうちに、お元(蒼井優)がキリシタンであることまでバレちゃう。  この騒動を受けて弥太郎(香川照之)は龍馬(福山雅治)に「おまんのせいで、土佐商会も、お元の人生もわやくちゃになったがじゃ」「お元はのう、お元は・・・・当たり前の幸せを望んじょっただけぜよ。それを壊したがは、おま... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第44回『雨の逃亡者』 [徒然”腐”日記]
今日から午後も仕事だったはずなんですが~金曜日からで良いや~~~だって、先生が2号が振り替え休日で休んでる事を先生も知っているので午後もお休みにしてくれたんですわ~~~... [続きを読む]

» 龍馬伝~第44話「雨の逃亡者」 [事務職員へのこの1冊]
第43話「船中八策」はこちら。 前回の視聴率は予想以上の18.0%で久々のトップ [続きを読む]

» 龍馬伝 第44話「雨の逃亡者」 [ぷち丸くんの日常日記]
薩土盟約を受け、後藤象二郎(青木崇高)は土佐に戻り、山内容堂(近藤正臣) に大政奉還論を説くが、容堂は拒否する。 土佐の挙兵のために必要な銃を仕入れるために長崎に戻った龍馬(福山雅治) だったが、白袴の武士がイカルス号という船の英国人水夫を殺した事件で海援隊... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第44回「雨の逃亡者」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
龍馬は薩土盟約を結んだのち、長崎に帰って来ていた。 土佐・高知城では大殿・容堂が歯痛と戦いながら。。 大政奉還の件、で後藤から話をされていた。 公武合体論の容堂が。。 ... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第44回:雨の逃亡者 [山南飛龍の徒然日記]
意味不明な回でしたね。お元の先行きが心配です(´・ω・`)【今回の流れ】・象二郎は土佐に戻り、容堂に大政奉還を説くが失敗・龍馬は戦になった時に備え、銃を購入するよう弥太郎に... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第44回 「雨の逃亡者」 お元を隠れキリシタンと勝手にでっちあげないで下さい! [しっとう?岩田亜矢那]
「龍馬伝」も残り5回である。 そして幕末がいよいよ激動を迎える時期である。 何故この際に 「雨の逃亡者」 なる呑気な題をつけて 「イギリス軍艦「イカルス」号水夫暗殺事件」 に一話を割く必要があるのか? 福田靖さんよ。 ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第44回 「雨の逃亡者」 お元を隠れキリシタンと勝手にでっちあげないで下さい [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
「龍馬伝」も残り5回である。 そして幕末がいよいよ激動を迎える時期である。 何故この際に 「雨の逃亡者」 なる呑気な題をつけて 「イギリス軍艦「イカルス」号水夫暗殺事件」 に一話を割く必要があるのか? 福田靖さんよ。 それも史実を完全に捻じ曲げて。... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第44話 [もう…何がなんだか日記]
第44話『雨の逃亡者』今回はシンプルで、ちょっと番外編ぽい趣き。例によって歴史に疎い私なので定かではないけれど>こればっかりこの事件@イカルス号事件は史実だけれど、中身はだ... [続きを読む]

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 丁の回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic37「エキサイト・モネ」 »

作品一覧