2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 乙の回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic35「パーフェクトリーダーを探せ!」 »

2010年10月17日 (日)

龍馬伝 #42「いろは丸事件」

公式サイト

短く感想。

いろは丸事件の顛末そのものは緊迫感があって面白かったです。

弥太郎が、お慶や小曽根乾堂、お元たちに囲まれている図や、こと、無事なって皆におだてられ、弥太郎なりに照れる図は微笑ましかったです。
賠償金、倍もふっかけたのね。さすが、弥太郎。
紀州藩に賠償金を言ったとき、龍馬がちょっと驚いた表情をしたのも面白かったです。

紀州藩出身の陸奥の存在が薄かったのは、まぁ仕方がないかな。龍馬の本領発揮の話だし。こうやって外交手段を勉強した、ということなのでしょう。この様子ではお慶とのエピソードも描かれなさそう。

さて、龍馬の口車に乗せられて、御三家、紀州藩と渡り合った土佐藩は、ついに政治の表舞台に。
そして龍馬も今まで以上に敵を増やしていくことになるようです。

事件の顛末はいいのですが、お元との海岸デートは。蒼井さんも付き合わされて・・・じゃない、お元は龍馬が好きなんだった。(苦笑)
ま、これが「龍馬伝」テイストなので、なむなむ。

今回一番印象に残ったのは、紀州藩の勘定奉行、茂田のぎょろついた目でした。ラスト、才谷(龍馬)を襲う伏線も兼ねているのたのは、わかりますけど、本筋より印象的ですらありました。
ま、これは撮り方なのでしょう。

「龍馬伝」て、脚本家がほとんどの登場人物に対して愛情というか思い入れがないのかも、と思ったりしてます。
弥太郎とその家族は別格として、例外は武市(妻の富を含めて)、以蔵、最近では高杉でしょうか。しかも、この人々に対する思い入れが、龍馬が主役であるこのドラマに全て有効に機能していたかどうかは疑問な気がする。
それぞれのドラマは面白かったのですが。

ほとんどコマ状態の登場人物にいかに血肉を通わせるか。
そういうふうに見ると、最近だと、後藤やお元が脚本以上の「何か」を感じさせてくれるシーンを見るのが楽しかったりしてます。←あくまで個人的な好みです(^^;;

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 乙の回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic35「パーフェクトリーダーを探せ!」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #42「いろは丸事件」:

» 【龍馬伝】第四十二回 [見取り八段・実0段]
おそらくこれは、日本で最初の蒸気船事故ですき。土佐は紀州に泣き寝入りした、土佐がそう思われてもええがですか。慶應三年四月、大坂に向かういろは丸は、夜の瀬戸内海で、紀州藩... [続きを読む]

» 龍馬伝 第42回 いろは丸事件 [レベル999のマニアな講義]
『いろは丸事件』内容慶応3年、龍馬(福山雅治)たち海援隊の“いろは丸”は長崎を出港した。瀬戸内を進む中、大きな物音が!!!甲板に出た龍馬が見たのは、沈みつつある“いろは... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第42回:いろは丸事件 [山南飛龍の徒然日記]
8分遅れで視聴開始。観始めた時には既に沈んでました(笑)【今回の流れ】・いろは丸が紀州藩の明光丸と衝突して沈没・龍馬は賠償金を紀州藩から奪取することを画策する しかし、交渉... [続きを読む]

» 龍馬伝42 悪党顔ぞろいの紀州藩士が何とも気の毒? [ぱるぷんて海の家]
今日の龍馬伝 いよいよ いろは丸沈没事件 早めにBSに変えたら・・・ なんと巨人が逆転! 龍馬じゃないけど なんじゃこりゃー! 藤川かわいそーに。 もうストライク取られへんのに 引っ張り過ぎやで! 後がないのに 何で藤川と心中するのか分からんw真....... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 42話 [お地蔵さまの寄り道]
第42話 「いろは丸事件」 船の事故は怖いなぁ〜。 私、泳がれへんから、余計怖い 龍馬って人は、 自分が願い、公言した事を実現させる。 なかなか、出来る事や... [続きを読む]

» 龍馬伝 42 [しなもにあ]
中尾さんここへきても首に巻きものwwww今日は裁判の話ばっかりでしたね逆転裁判みたい(やったことないけど)お元に歌を歌わせるとは・・・なんと卑怯なwで、それがはやるって... [続きを読む]

» 龍馬伝 いろは丸事件 [のほほん便り]
なんと龍馬、偶然「いろは丸」に、乗り合わせていたのですね。でも、船と積み荷は沈没したものの、衝突の結果。ぶつかってきた紀州藩の船「明光丸」に救済され、まだしも犠牲者がなくてヨカッタヨカッタ。 でも、せっかく船を得た海援隊です。形としては、紀州藩の船がいきなり突っ込んできて積み荷もろとも沈没の災難… それを、千両の金でごまかし、丸くおさめようとする紀州藩、 しかし、これは、日本での最初の事故・・・ これから蒸気船同士の事故が増え、今後必ず引き合いに出されるという龍馬の発想の、じつに先を見据... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第42回と視聴率「いろは丸事件」 [ショコラの日記帳]
【第42回の視聴率は10/18(月)追加予定】10月11日に、『龍馬伝』はクランクアップしたそうです。この日に収録された最終シーンは、第45回「龍馬の休日」(11月7日放送予定)で長崎の海... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第42回★尖閣追突事件みたいな・・・龍馬は毅然と対応 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4) 第42回「いろは丸事件」  今回のシナリオはいつ書かれたんでしょうね。  龍馬たちと紀州の交渉事を描いた今回のエピソードは、9月7日の『尖閣追突事件』と、その後の日中間の出来事に対する風刺ネタのような・・・。 【 泣き寝入りしたと・・・ 】  「いろは丸」が、夜の瀬戸内海で紀州藩の船「明光丸」と衝突しタイタニックのように沈没。  龍馬(福山雅治)たち海援隊は、明光丸に乗り移って命は助かったが、鞆の浦で紀州は千両の見舞い金で事を済... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第42回『いろは丸事... [徒然”腐”日記]
個人的感想の記事ですネタバレ及び突っ込みがありますんでご注意ください今回は「いろは丸事件」海援隊が大洲藩から借用したいろは丸と紀州藩の明光丸が衝突し、いろは丸が沈没それ... [続きを読む]

» 龍馬伝 第42話「いろは丸事件」 [ぷち丸くんの日常日記]
大坂に向かういろは丸は、夜の瀬戸内海で紀州藩の船・明光丸と衝突し沈没する。 龍馬(福山雅治)たち海援隊は、明光丸に乗り移って命は助かったが、鞆の浦で 紀州は千両の見舞金で事を済ませようとした。 龍馬は長崎で船と積み荷の賠償を懸けて談判を始める。 陸奥陽之助(平... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第42回 「いろは丸事件」 [しっとう?岩田亜矢那]
さすがに福田靖も気付いたらしく 巧くぼやかしていたが よく言い伝えられているように 龍馬が「いろは丸事件」で持ちだした 「万国公法」は海事の事は扱っておらず 賠償金の算出に使われたに過ぎない。 また、今日の放送で述べられていた... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第42回 「いろは丸事件」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
さすがに福田靖も気付いたらしく 巧くぼやかしていたが よく言い伝えられているように 龍馬が「いろは丸事件」で持ちだした 「万国公法」は海事の事は扱っておらず 賠償金の算出に使われたに過ぎない。 また、今日の放送で述べられていた 「航海法(航海条例)」に... [続きを読む]

» ≪竜馬伝≫☆42 [まぁ、お茶でも]
慶応3年4月23日 4日前に長崎を出港したいろは丸は10名の客と 大坂で売る  米や砂糖などの荷を載せて、瀬戸海の讃岐沖にさしかかった。 霧が深くなり、小島も多くなり、気をつけるようにと龍馬が言った途端に衝撃音がした。 皆立っていられないほどの強い揺れを感じた。 右舷に船があった。さらに衝突し、皆は、その船に乗り移った。 ... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第42話 [もう…何がなんだか日記]
第42話『いろは丸事件』「何じゃこりゃあ!?」ということで、いろは丸沈没。紀州藩の明光丸との衝突によって。海援隊の中で、ちょっぴり浮いてた感のある陸奥の出身地というところ... [続きを読む]

« SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 乙の回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic35「パーフェクトリーダーを探せ!」 »

作品一覧