2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« お知らせ:2010年度夏ドラマ感想を収納しました | トップページ | 医龍 Team Medical Dragon3 第3話 »

2010年10月28日 (木)

初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その4:観光プラン2

※1ポンド=換金手数料込みで\140と設定しています。料金は2010年1月現在。以下、「観光プラン」の項は同じです。

○デイ・トラベルカードとオイスターカード

デイ・トラベルカードの仕組みはわかりやすいです。
1日限定でZONE1-2限定のトラベルカードは、オフ・ピーク時専用で5.60ポンド(約\784)、終日だと7.20ポンド(約\1008)で地下鉄とバスが乗り放題。

終日カードでも、地下鉄だと2回以上、バスだと4回以上乗ればお釣りがきます。断然お得なのが一目瞭然。

※地下鉄初乗り4.00ポンド(約\560)、バス一回乗車につき2.00ポンド(約\280)。

.

対して、オイスターカードは、実にわかりにくい。

「オイスターカードを使用すると、

地下鉄、及び地下鉄とバス併用の場合、ZONE1-2の初乗りが4.00ポンド(約\560)からオフピーク時1.80ポンド(約\252)、ピーク時は2.30ポンド(約\322)と、安くなる。1日の課金上限はオプピーク時で5.60ポンド(約\784)、ピーク時で7.20ポンド(約\1008)。

バスのみの場合一日何回乗車しても3.90ポンド(約\546)を超えることはない。乗車ZONEは関係ないらしい。

発行時には3.00ポンドのデポジットが必要。残金が足りなくなれば券売機などでチャージする。」

・・・というようなことがたいていのガイドに書いてあります。ああ、目がチラチラする。(汗)

課金上限て何?で、デボジットって???

地下鉄利用時の課金上限というのは、同じZONE(たいていはZONE1-2ですが)内だと、1日何回乗ってもオプピーク時、ピーク時の課金上限を越すことはない、つまり乗り放題だってことらしい。←ここが曲者。ZONEをまたぐと、どう加算されるの???

実は未だにわかっていません。でも観光で、ZONE1-2以上の地域に行くことはあまりないようなので、考えなくでもいいことなのかも。

デボジットというのは保証金という意味なんだそうで、オイスターカードを返すときに返ってくるお金らしい。

でも、それは居住者向けもしくは長期滞在者用のカードのお話みたいです。

観光客用のオイスターカード(ビジター・オイスター)はデボジットではなく、発行手数料2.00ポンド(約\280)がかかり、このお金は返ってこないそうです。残金は戻ってきます。

ですので、観光客がオイスターカードを買うときは、手数料プラス、通常は10ポンド(約\1,400)のチャージ代を支払う・・・みたいです。残金が多すぎると返却時の手続きがめんどくさいんですって・・・駅員によって対応が違う、なんてガイドには書いてありました。本当かどうかわかりませんが。)

後は駅の券売機で5ポンド単位でチャージすればいい。また無記名なので、購入したご本人以外でも使用できる。チャージさえすれば使用可能なので、カードそのものに期限もないようです、今のところ。

2ポンドの手数料を払っても、運賃が地下鉄料金が半額前後になるし、バスだけだと3回の乗車料金で乗り放題だから、得なのはわかります。でも組み合わせなど、仕組みが結構複雑。

観光客相手にこんな複雑な仕組みをよく考えたものです。あんまり考えずに買ってしまうが勝ちなのかもしれません。

たとえ原価償却できなくても、一々切符を買わずに乗れる、という便利さだけで、値段以上の価値はあると思います。

それに、日本のIC乗車カードよりうんと値引率がいいのも事実です。人件費や紙代の節約になるから、というのが英国の考え方です。この点は日本も真似して欲しいです。

.

・・・なんてえらそうに書いていますが、実は、オイスターカードについてはよくわからぬまま旅立ちました。

大雑把に日本のIC乗車カードと同じようなもの、と捉えたので、あまり気にしてなかったんです。
なので、事前に旅行会社の人にも尋ねませんでした。

で、大失敗しました。←仔細は後日書きます。(汗)

帰国してから、この文章を書くために改めて色々調べてみて、ようやく何となくわかってきました。(苦笑)

オイスターカードについては、今後も調べるつもりです。

.

ま、何はともあれ、一人で地下鉄に乗るのは可能なことがわかりました。←実にいい加減な下調べでしたが(^^;;
大きなミュージアムには日本語のオーディオガイドの貸し出しもあるようだし。

※例:大英博物館だと貸し出し料金は4.50ポンド(約\630)。料金はダイヤモンド社発行の「地球の歩き方 ロンドン」を参照しました。

ツアーよりはるかに安いじゃん。←またまた安易な発想です;;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オイスターカードの部分が長くなってしまった(汗)
「観光プラン3」に続きます。観光プラン編は次が最後・・・のはず。

Photo

これが普通のオイスターカード。Wikipediaより引用しました。ビシター用はもっと派手なデザインです。

.

.

その3:観光プラン1
その2:渡航費用など。
その1:プロローグ
その0:帰りました。

« お知らせ:2010年度夏ドラマ感想を収納しました | トップページ | 医龍 Team Medical Dragon3 第3話 »

☆初めてのロンドン旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その4:観光プラン2:

« お知らせ:2010年度夏ドラマ感想を収納しました | トップページ | 医龍 Team Medical Dragon3 第3話 »

作品一覧