2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 世にも奇妙な物語20周年スペシャル・秋〜人気作家競演編〜 | トップページ | Q10 第1回 »

2010年10月16日 (土)

初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その2:渡航費用など。

2010年初夏に、10月初旬の6日間(機中2泊、ロンドン3泊)、関空発、という条件で各種ツアーをネットで検索しました。

本当はタイトルにあるとおり、初めての海外旅行、その上英語も喋れませんので(ここ、重要)、添乗員さん同行、もしくは現地で滞在員が迎えてくれるツアーを選びたかったのですが、やはり高くて予算オーバー。(汗)

特別危険でも辺鄙でもない国なので、一人でも何とかなるか、と、ツアコン及びガイドなしの安いツアーを探すことにしました。

なお、直行便のない関空発を選んだのは、家に近かったため。成田発なら直行便が出ているのですが、成田までの移動に要する時間と費用が大変だと思ったからです。・・・この経費節減が後で響いてくるとは。うむむ。

○旅行代金

安くて有名なH社とS社に絞りました。他社とは同じ条件(例えば航空会社や指定ホテルなど)で、最小でも4万円の差があったのです。ひょっとしたら初心者ゆえに読み取れなかったサービスの差はあったかもしれません。

H社はサーチャージ(燃料費)込みで\114,000一人参加だと追加料金\34,000(3泊分)。現地ホテルの朝食つき。
S社はサーチャージ別料金(\18,000/2010.10月現在)で一人参加の追加料金込みで\98,500。現地ホテルの朝食つきなのは同じです。
どちらもホテルは選べません。

H社はおおよそ計\150,000、S社は\116,500。空港施設使用料・空港諸税等はどちらも別途料金です。

ま、この時点で決まったようなものですが、申し込む前にもう少し内容を比較してみました。

○ヒースロー空港ーホテル間の移動手段

なんせ初めてですからね、一番不安な部分でもあります。

H社は「到着時、空港→ホテル間は往路専用車送迎付き!」。復路はオプションで\8,000。ですが、1名様のみでご利用の場合は倍額要なんだそうで、つまり\16,000ということです。高い汗)。他に同じホテルに泊まる人がいない、もしくはオプションを申し込む人がいない、つまり同乗者がいない場合もありえるわけで。

S社は空港から指定のホテルまでの往復とも自力で。

・・・うーん、どちらにしても自力でタクシーをひろうなんていうのは語学力がないので無理、無理、無理、無理。(汗)
運賃は通常は40~70ポンド(\5,600~\9,800)くらいするとのこと。

※1ポンド=換金手数料込みで\140と設定しています。以下、同じく。

では、他に移動手段はないのかな、とガイド本を読んでみて、ヒースロー空港から市内への移動はタクシー以外に3種類あることがわかりました。いずれも電車です。

その1 ヒースローエクスプレス <ヒースロー~パディントン駅までノンストップ、所要時間は20分前後> 1等で26ポンド(約\3,640)、2等で18ポンド(約\2,540)
その2 ヒースロー・コネクト <ヒースロー~パディントン駅まで途中5駅停車、所要時間は30分前後> 7.9ポンド(約\1,185)
その3 地下鉄 <ピカデリーライン 市内中心部まで所要時間は60分前後> 4.5ポンド(約\630)

※以上、タビトモシリーズ「ロンドン」(JTBパブリッシング 2010年3月発行)を参照しました。

なお、ネットなどで検索した結果、他社ですが、片道のみの利用だと一人\6,000が、往復利用だと\10,000、というように割安になる送迎オプションがついているツアーもありました。旅行会社が手配してくれるのだから安全ですよね。でも乗車が一人だけだと、うんと割高になるのは同じです。

周囲の人は、一人旅であっても完全パック旅行か、もしくは社用で旅行している人(当然、現地ガイドがいる)がほとんど、そもそも英国に行った人が少ないので(汗)、この点についてはアドバイスを受けれませんでした。

しかしガイド本などを読んでいると、電車移動は3種類ともそれほど難しくなさそうに思えてきました。自力で何とかなるだろう、と。

こうしてH社を選んでも復路は自力で移動するのならば、S社と条件はあまり変わらない、ということを確認して、S社に決定しました。

さて、ようやく、電話で申し込み。
ネットでもできたのですが、直接聞きたいこともあったので。

○支払い合計

しかしここで予想外のことが。

あれこれ調べているうちに、期日が迫りすぎて、希望している日の座席がキャンセル待ち状態になってしまったのです。でも、休みはもうずらせない。自分てなんてバカなんだー。

・・・と、思わずパニクると、「追加航空券代金」を支払えば、座席を確保できる日もある、との説明を受け、追加料金\12,000を払ってなんとか希望近くの日に予約を入れることができました。
この代金は、キャンセルが出た場合は返金されるとの説明を受けましたが、結局出なかったようで、返金もありませんでした。

なお、他にも希望日前後で空いている日を調べてもらったのですが、もっと混んでいる日だと\20,000の追加料金がいるとのこと。
実は、この座席確保システムはいまだによく理解できてません。

ただ、予約は早めにしなければいけない、ということは、よくわかりました。←こんなレベルから始まった旅なんです。とほほ。

結局、旅行会社に支払った金額は以下の通り。

海外旅行代金 \98,500
現地税・空港税 \9,500
サーチャージ代 \18,000
関空使用料 \2,650
追加航空代金 \12,000(予定外;;)

合計 \140,650

↑はい、今回の「関空発、カタール航空利用、ドーハ経由ロンドン 6日間の旅」の料金です!

・・・「追加航空券代金」のために最安値なのかどうかなのか、微妙な金額になってしまいましたけれども。(汗)

これ以外、空港までの移動費、観光地めぐりの交通費は別にして、旅費としてかかったお金はありませんでした。

※旅行代金がシーズンによって違うのは知っていましたが、10~11月が一般的に安いシーズンだってことは知りませんでした。検索を重ねるうちにわかってきた事です。なんともはや。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長くてすみません。次回は旅支度その他、なんとか飛行機に乗るまで書くぞ!

Photo

写真はわかりにくいですが(汗)、ドーハ空港に停まっているカタール航空機です。


その1:プロローグ
その0:帰りました。

.

.

« 世にも奇妙な物語20周年スペシャル・秋〜人気作家競演編〜 | トップページ | Q10 第1回 »

☆初めてのロンドン旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~Largo さん、一人旅とは度胸ありますね。
英語は・・・・本当にしゃべれないのかにゃ?(笑
私も、中学生レベルぐらいの理解力しかないんで、通じないことを考えると怖くて踏み出せない・・・とんでもないことに巻き込まれそうで(←マイナス思考だわ~)
でも、私も、昔から行くならイギリスかフランスって思ってました。
アガサ・クリスティも好きだし、ピーターラビットやナルニア国物語好きだから。あの世界が生まれたところを見てみたいな~って・・・。
いろんな庭も見たいけどね。
ゆっくりと列車の旅がしてみたいな~
しかし、チケット確保するまででも大変なのね。
Largo さんがどんなところに行って、どんな美味しいもんんを食べたのか楽しみに読ませてもらいますよ~(* ̄m ̄)

きこりさん、ドラマと関係のない記事を読んでいただいて、ありがとうございます。

>英語は・・・・本当にしゃべれないのかにゃ?(笑

本当に喋れないんです。せいぜい「アイ キャント スピーク イングリッシュ」ぐらい。(滝汗)
実際に困ったのはヒヤリングが全くできななかったことです。
そのことについては、おいおい書きますです。(汗)

>通じないことを考えると

それも考えたのですが、日本で知らない土地を歩いてたとしても、そんなに人と話すことはないやん、と、すごく楽観的に考えてしまったのです。←大きな間違いでした。(汗)

>アガサ・クリスティも好きだし、ピーターラビットやナルニア国物語好きだから。あの世界が生まれたところを見てみたいな~って・・・。

ミステリーが育った土地ですもんね。
ピーター・ラビット好きでした(^^)。
あと、メアリー・ポピンズとか・・・、イギリスが舞台じゃないけれども、ナルニアの作者の親友が書いた指輪物語とか、夢中になって読みました。
この部分を書き出すと長ーくなって、いつまでたっても「ロンドン」にたどり着けそうにないので、大分割愛して書きました。(苦笑)

現地では余裕がなくて、せいぜいメモ程度しか記せなかったのですが、記憶を頼りに、なるたけ海外旅行というかロンドン旅行初心者の方の参考になるようなことを思い出しながら、書いていくつもりです。

記憶が薄れないうちに書かなきゃ(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その2:渡航費用など。:

« 世にも奇妙な物語20周年スペシャル・秋〜人気作家競演編〜 | トップページ | Q10 第1回 »

作品一覧