2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 熱海の捜査官 最終回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic31「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」 »

2010年9月19日 (日)

龍馬伝 #38「霧島の誓い」

慶応2年(1866)

公式サイト

湯治で霧島を訪れる龍馬とお龍。
高千穂伝説の残る霧島に登頂し、日本を変えていく、自分が引っ張っていく決意を表明します。
ロケが綺麗でした。

一方、幕府はついに長州征伐へ。
同盟を結んだにも関わらず、動かぬ薩摩藩を責める龍馬。。

薩摩が動く時、それは幕府を倒す時だ。江戸へ攻め入って幕府を倒す。それは長州も同じ、と、西郷。

なので軽々しく動けない、時期を見計らっている、ということなのでしょうか。
とにかく、薩摩と長州は武力で幕府を倒すつもりです。

愕然とする龍馬にさらに追い討ちをかける出来事が。
池内蔵太の乗ったワィウルフ号が難破、命を落としてしまいました。

池内蔵太とお元の話は、また、いきなりな。(汗)
ま、このドラマの特徴なので、いいですが。
内蔵太の死を悲しむ誰かの絵が欲しかった、としか思えなかったのが残念です。

「亀山社中は長州とともに幕府との戦いに加わる。」
と決意する龍馬。
今まで喧嘩をせずに日本を変える、という龍馬の信念に賛同しついてきた社中の皆は納得できません。
志を曲げる気か。

「曲げん、けして曲げん。
戦はもう、はじまってしまった。今、わしらが立ち上がらんとこの国はなくなってしまう。
長州のためでもなく、薩摩のためでもなく、日本人としてこの国のために戦うのだ。
わしらは、舞台から降りるわけにはいかんのだ。」

えー、このセリフからは、ぼんやりな自分には、戦はしない、と言っていた龍馬がどうして戦に参加する、と決意するにいたったのかが、よくわかりませんでした。(大汗)
言い方が抽象的というか曖昧というか。

薩摩が長州のためにすぐ動かない、幕府を倒す決意を固めたらしい、というシーンから、龍馬が刀を握って悩むシーンを挟んだだけで、いきなり転換してしまったように見えました。

西郷の「どうしても止めるならば、降りて貰う」という言葉が「舞台から降りるわけにはいかん」ということに繋がることはぼんやり見えますが。しかし、だから、戦に参加する、というのでは、西郷の恫喝に負けたようにも見えます。そういう風に見せたかったとは思えないしなぁ。

また、戦に参加する、ということは、人の命がかかっているわけで、自分ひとりならともかく、社中の皆も道連れにするわけですから。社中のメンバーは龍馬の駒ではなく、同士だし。
「日本のために」と言われれば、彼らが命を惜しむことはないでしょうが、あれだけしつこく公言していた「喧嘩をしない」という信念がどうして転換したのか、情勢なりを交えてもう少し丁寧に表現べきなのでは?と。

いや、実際に亀山社中は参戦しているし、お話的にも長州サイドにつくことには何の異議もないのです。
あくまでこのドラマの中の龍馬の思考の流れが理解できない、ということです。

龍馬の真意は、今後の展開で明らかにされるかもしれませんが、ここは重要な転換点でもあるのだから、ドラマとして、納得のいくように表現して欲しかったです。

絵的には格好良かったのかな?よくわかりません。

「岩崎、岩崎、岩崎、岩崎っ」(爆)

この前の弥太郎の言葉に心動かされた後藤。
改めて13年前の論文も読み直し、やっと弥太郎を一人の人間として認めてくれたのでしょうか?
ついに土佐藩の通商を任されることになった弥太郎。
ジョン万次郎を通詞としてつけてくれる、という厚遇です。
感激する弥太郎。良かったですね。(^^)

・・・でも、これから本格的に龍馬に悩まされそうです。

これでシーズン3は終了しました。
シーズン3。龍馬が長崎へ行ったあたりは、武市の呪縛から逃れた開放感があったのですが、終わってみると、薩長連合という大きなことがあったにも関わらず、スケール感はあまり変わらなかったような。

来週からは最終章。
いよいよカウントダウンなのか・・・

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37

« 熱海の捜査官 最終回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic31「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #38「霧島の誓い」:

» 【龍馬伝】第三十八回 [見取り八段・実0段]
慶応2年3月10日。龍馬はお龍と共に湯治のために薩摩に入った。女人禁制の霧島連山の一つ、高千穂に登る龍馬にお龍は男装して付いてきた。その頂きには伝説の天の逆鉾があり、龍馬は... [続きを読む]

» 龍馬伝 第38回 霧島の誓い [レベル999のマニアな講義]
『霧島の誓い』内容幕府からの追っ手を逃れ、寺田屋で負った傷を癒すため、薩摩にやってきた龍馬(福山雅治)とお龍(真木よう子)向かったのは霧島を臨む塩浸温泉。その後、霧島山... [続きを読む]

» 龍馬伝~第38話「霧島の誓い」 [事務職員へのこの1冊]
第37話「龍馬の妻」はこちら。 前回の視聴率は17.6%。的中。やっぱりラブコメ [続きを読む]

» 『龍馬伝』第38回★福山雅治の肉体美!! [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON3) 第38回「霧島の誓い」 【 福山雅治の入浴シーン 】  薩摩で龍馬が湯治・・・・第3部の掉尾を飾る福山雅治の入浴シーンであります。  真木よう子の入浴シーンだけでは女性ファンから不公平だと思われるから、今回はたっぷりと福山雅治の上半身を披露!?【予約】 お龍 真木よう子写真集価格:2,940円(税込、送料別)  (真木よう子は、入浴シーンを含む写真集まで出るそうですねぇ)  打倒”イモト”を掲げ、肉弾戦を挑む『龍馬伝』でしょうか・・... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第38回と視聴率「霧島の誓い」 [ショコラの日記帳]
【第38話の視聴率は9/21(火)に追加予定】今回、最終的に、幸せだったのは弥太郎だけって感じでしたね(^^;)前半の龍馬とお龍の新婚旅行のような薩摩旅行は、2人とも幸せだった... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第38回 「霧島の誓い」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
良い子はマネをしてはいけません。 良い子はマネをしてはいけません。 良い子は決してマネをしてはいけません。 しつこいようですが、良い子は絶対マネをしないように!! この高千穂の天逆鉾をひっこ抜くというエピソードは 乙女姉さんに宛てた手... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第38回 「霧島の誓い」 [しっとう?岩田亜矢那]
良い子はマネをしてはいけません。 [続きを読む]

» 龍馬伝 霧島の誓い [のほほん便り]
薩摩に到着した、龍馬夫妻… 龍馬(福山雅治)とお龍(真木よう子)は、塩浸温泉で療養しつつ、神話にも登場する神聖な場、霧島で決意を新たに! 個人的に、京都博物館で、龍馬の手紙… この様子を読んでただけに(絵手紙で、じつにユーモラス!)、「ふむふむ。な~るほど! こういう経緯で、こういう感じだったのですね」と大いに感慨深いものがあったのでした。 大きな画面に雄大な風景は映えるなぁ… 映像の懲り具合には定評のある龍馬伝だけに、なおさら、です。なんて、ダイナミック! (^-^*) 女人禁制... [続きを読む]

» 龍馬伝 第38話「霧島の誓い」 [ぷち丸くんの日常日記]
龍馬(福山雅治)とお龍(真木よう子)は薩摩に向かい、温泉で療養することになる。 そこで龍馬は霧島山に伝わる神話、ニニギノミコトが国を治めるためにこの山に降臨 して、天逆鉾を頂上に突き刺したという話を聞き、登ろうとする。 女人禁制のこの山にお龍は男装し、龍馬と登... [続きを読む]

» 龍馬伝、山の祟りかも知れません?? [函館 Glass Life]
お龍と一緒に女人禁制の山に登るは、山頂の天逆鉾は抜き取る はとやり放題{/cat_6/} まだ完治していない状態で逆鉾を抜く事など出来る筈がありま せん{/m_0152/} かなりオーバーな演出でしたね。 もしかして龍馬が暗殺されたのはこの山の祟りかも知れません{/s2_sum_mount/} ところで いよいよ動き出した後藤象二郎。 ドラマでは下士いじめをしている上士として描かれているよう ですが、実際はかなり違った人物像だと僕は思っています。 資金に詰まった亀山社中に手を差し伸べ龍馬に海援隊... [続きを読む]

» 龍馬伝 38 [しなもにあ]
池さんあっけなかったっす・・・お元はどう感じたんだろう?ちょっとは心動いたの?あの逆鉾 かるそ~~~でしたね小道具さんしっかり!弥太郎 なんだかんだいって後藤さんに愛さ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第38回『霧島の誓い』 [徒然”腐”日記]
やっと書けました感想レポ個人的意見・感想の記事ですご了承ください今回で第3部も終わりですか龍馬1番の見せ場・薩長同盟と寺田屋事件がメインあったろうと思われる第3部1部、... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第38回:霧島の誓い [山南飛龍の徒然日記]
やっと時間が取れたけぇ、今回の感想を書くっちゃ。内容忘れてるけど(ノ∀`)アチャー【今回の流れ】・薩摩で療養中の龍馬は霧島山に登ることを決意 女人禁制なのにお龍も登ってき... [続きを読む]

» ≪竜馬伝≫☆38 [まぁ、お茶でも]
慶応2年(1866年)3月10日 薩摩 龍馬は、お龍とともに、薩摩に到着。 幕府の追手から逃れ、寺田屋で負った傷の手当ても兼ねていた。 龍馬が身を潜めたのは霧島連山を望む塩浸温泉だった ... [続きを読む]

« 熱海の捜査官 最終回 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic31「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」 »

作品一覧