2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 熱海の捜査官 #07 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic30「ロマンティック・エリ」 »

2010年9月12日 (日)

龍馬伝 #37「龍馬の妻」

公式サイト

タイトル通り、龍馬とお龍の関係をじっくり描いた回でした。

負傷した龍馬を必死で介護するお龍。
龍馬はいつ果てるかもしれない自分の命をみつめ、お龍に自分の支えになってくれるよう、求めます。
やっとお龍の想いが通じ、妻となります。

薩摩藩の庇護の元、お龍をつれて長崎は亀山社中へ。
薩摩藩から帆船「ワイルウェフ号」をもらう段取りもつけたようで、皆、大喜び。(うう、長次郎;;)

お龍を歓迎する亀山社中のメンバーの中、ひとり、お子ちゃまな陸奥。(苦笑)
お前も乗してやる、と陸奥をなだめる池内蔵太・・・
そしてお龍に嫉妬するお元、お元に嫉妬するお龍。

小曽根、お慶、グラバーの前で、いくさをせずに幕府を倒したい、と言う龍馬は、留学するために長崎に潜んでいた高杉と思わぬ再会を。
未来を語り合う姿にはしんみりしました。

薩摩と長州が幕府を倒すために情報操作などで暗躍しだしました。全てに後手後手にまわる幕府。
土佐藩、山内容堂も後藤から弥太郎経由の情報を得て、色めきたちます
「おんしの言っていたとおりになったの、後藤。嘆かわしいことだが、風向きが変わってきた、ということだ。」
大殿様からお褒めをいただき、ご満悦な後藤。

襖隔てて平伏する弥太郎に、自ら近寄り、杯を傾けながら、公家からの情報ではないだろう、本当はどこから仕入れたのか、と問いただします。

坂本龍馬。

弥太郎からその名を聞いて激昂する後藤。
大嫌いな、自分を愚弄した、あの、坂本龍馬が。そんなはずはない、あいつは下士で・・・

そんな後藤を見据える弥太郎。

「坂本を下士やとひと括りにしてはいけません。薩摩と長州の間にたって手をあわせたのは坂本龍馬です。吉田様は、吉田東洋様は龍馬を認めておられました。」

龍馬はわしに言った。もう、目先のことにばかり見ていてはいけない。日本の国がどうなるか、どうするべきかを考えよと。

「くそ~、龍馬っ」

悔しいけれども、龍馬の言葉を引用した弥太郎。龍馬のことなぞ認めたくないのに。
認めたくない、その気持ちだけは後藤と共通しています。

「後藤様。わしも藩のため、日本という国のために働かしてください。わしはもう、材木屋はやめます!」

一歩も二歩も先んじて大舞台で活躍している龍馬を見て、焦燥感でいてもたってもおられぬ、といった感じです。

今まで、自分を認めてもらうために学問に精を出すも、身分の壁にぶち当たり、ならば侍としてではなく、お金を儲けることで認めてもらおうとしてきた弥太郎が、大きく変わる世の中を体験し、龍馬の言葉を聞いて、自分及び家族のためだけでなく、公のために何かしなくては、という考え方にターンし、そのことを後藤の前で宣言しました。

じっと考え込む後藤。何を思う?

弥太郎、後藤の関係、そして土佐藩の龍馬への対応の変化の兆となるのでしょうか。

本当なら許しなしには踏み入ってはならない上座でじだばた(笑)する弥太郎が印象的でした。

一方、病のために世界一周を断念し、その資金で軍艦を買う高杉・・・

今週もドラマとして、面白かったと思います。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36

« 熱海の捜査官 #07 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic30「ロマンティック・エリ」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #37「龍馬の妻」:

» 【龍馬伝】第三十七回 [見取り八段・実0段]
出血多量と寒さで龍馬の命は危険な状態だった。薩摩藩とお龍の介抱で何とか命を取り戻した龍馬。薩摩にはよか温泉があるからゆっくりと傷を治せ、と言う西郷の言葉にお龍の顔が曇っ... [続きを読む]

» 大河ドラマ 『龍馬伝』 第37回 レビュー [サブカルチャー・ショック]
大河ドラマ 『龍馬伝』 第37回 「龍馬の妻」を観ましたー☆ 今回の『龍馬伝』に於ける岩崎弥太郎。坂本龍馬への羨望から一念発起し、面... [続きを読む]

» 龍馬伝 第37回 龍馬の妻 [レベル999のマニアな講義]
『龍馬の妻』内容寺田屋で逗留しているところを、奉行所による襲撃を受けた龍馬(福山雅治)三吉(筧利夫)の活躍もあり、何とか脱出に成功するが、深手を負った龍馬は、生死をさま... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第37回 「龍馬の妻」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
実際はお元と龍馬は男女の関係であったので 如何に当時とは言え、若しあの席にお元を呼んだら そら、えらい事になっていたでしょうな。 とは言え、お元の名前は後藤象二郎の話の中に出てくるだけなので 実はその存在自体、結構怪しい。 その実在さえ怪しい芸妓が、... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第37回 「龍馬の妻」 [しっとう?岩田亜矢那]
実際はお元と龍馬は男女の関係であったので 如何に当時とは言え、若しあの席にお元を呼んだら そら、えらい事になっていたでしょうな。 とは言え、お元の名前は後藤象二郎の話の中に出てくるだけなので 実はその存在自体、結構怪しい。 その実在...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第37回「龍馬の妻」 [あしたまにあーな]
生死の境をさまよっていた龍馬は、なんとか薩摩藩の助けを受けて命を救うことになります。目を覚ました龍馬のことを何よりも喜んだのがお龍でした。この献身的な看病が、龍馬にお龍と夫婦になろうという決意をさせたのでしょう。今まで様々な女性から好意を寄せられてきた龍馬が行き着いたのはお龍という「龍」つながりなのもなんだか運命的なものを感じます。 目を覚ました龍馬は次第に回復し、薩長の同盟文書にサインをするという重要な仕事を成し遂げます。これで名実共に薩長は手を結ぶことになったのですが、後にその文書を木戸が長州藩... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第37回:龍馬の妻 [山南飛龍の徒然日記]
夫婦になったぜよ(*´∀`*)【今回の流れ】・寺田屋で重傷を負った龍馬は薩摩藩邸に担ぎ込まれる お龍の看病の甲斐もあって何とか動けるように 桂から託された薩長同盟の覚書に裏書... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 37話 [お地蔵さまの寄り道]
第37話「龍馬の妻」 かいがいしく、龍馬の世話をする「お龍」 病気になった男性が、ナースに恋心を持つのもわかる気がする。 「夫婦」めおと。。この響きがステキ ええなぁ〜。 ほのぼのした、ラブストーリーって感じ。 しかし、女性同士の火花にはタジタジ。。。 ヤキモチは怖い。 でも、お龍さんぐらうにヤキモチは可愛い。 ... [続きを読む]

» 龍馬伝 龍馬の妻 [のほほん便り]
なるほど。だから、お龍さん、だったのですね。 ずっとモテモテ龍馬が、なぜ結婚の決意を? そして、なぜ彼女だったのか… と謎だったのですが、 このように九死に一生を救われ、瀕死の身に、これだけの献身的な看護。その結果、渾身の仕事の成功(薩長同盟の裏書き)を共に目の当たりにする機会があれば、縁の神様が舞い降りたのも納得、だったのでした。 祝・結婚! 勝気で、やや不器用なお龍も、真木よう子が演じると、目が、ボディランゲージが、男前さの中にも色気が匂い立ち、説得力です。お元(蒼井優)への... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第37回★お龍さんvsお元さん〜怖っ!! [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON3) 第37回「龍馬の妻」 【 口移しで薬を 】  薩摩藩邸で死の淵をさまよっている龍馬(福山雅治)にお龍(真木よう子)が口移しで薬を飲ませてる。  この看病を受けると、世の男はだいたい回復する。 で、お龍のかいがいしい看病で徐々に回復していく龍馬に西郷(高橋克実)が「もう京におったらあかん」として安全が確保できる薩摩での療養を勧めます。  側で聞いていたお龍さん、龍馬が薩摩に言っちゃうことを憂いて心配顔・・・。  で、薩長同盟の密... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第37回と視聴率「龍馬の妻」 [ショコラの日記帳]
第37回の視聴率は、前回の16.8%より上がって、17.6%でした♪次回は第3部の最終回。更なる盛り上がりを期待します♪龍馬とお龍さん、ご結婚、おめでとうございます♪でも早々に... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第37回『龍馬の妻』 [徒然”腐”日記]
暑っつぅ~朝涼しかったから油断してたよ今ムシムシしてるぅぅぅさて、先日の高熱の余韻からか頭がぼわわ~~~んとしてるてんぽ~ですえ?それが素だろうって?・・・・そうかも知... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 37話 [お地蔵さまの寄り道]
第37話「龍馬の妻」 かいがいしく、龍馬の世話をする「お龍」 病気になった男性が、ナースに恋心を持つのもわかる気がする。 「夫婦」めおと。。この響きがステキ ええなぁ〜。 ほのぼのした、ラブストーリーって感じ。 しかし、女性同士の火花にはタジタジ。。。 ヤキモチは怖い。 でも、お龍さんぐらいのヤキモチは可愛い。 ... [続きを読む]

» 龍馬伝 第37話「龍馬の妻」 [ぷち丸くんの日常日記]
寺田屋の襲撃で死のふちを彷徨った龍馬(福山雅治)は、薩摩藩邸でお龍(真木よう子) の看病を受けて何とか動けるようになる。 不自由な体で木戸(谷原章介)が送って来た密約の文書に裏書きし、西郷(高橋克実) の勧めで安全な薩摩で療養することになる。 龍馬はお龍に妻と... [続きを読む]

» 龍馬伝~第37話「龍馬の妻」 [事務職員へのこの1冊]
第36話「寺田屋騒動」はこちら。 前回の視聴率は16.8%。もうちょっといくかと [続きを読む]

» 龍馬伝、一目惚れだったようです!! [函館 Glass Life]
今週のハイライト{/star/}{/star/} 何と言っても後藤象二郎に初めて刃向かった弥太郎{/cat_7/} 下士中の下士弥太郎が目覚めた瞬間です。 後藤象二郎とタッグを組み明治維新へと向かう二人 に注目です{/face_fight/} 政治感覚は抜群、金銭感覚に全く疎かった後藤と真 逆の弥太郎。 この二人も幕末の土佐を支えた傑物だったと言って も過言ではないのです{/kirakira/}{/kirakira/} ところで やはり今週は龍馬とお龍の結婚がメインテーマのよ うですね{/kaer... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第37話 [もう…何がなんだか日記]
第37話『龍馬の妻』先週の必死の疾走に続き、今週は必死で龍馬を看病するお龍。好きな人のために一生懸命な姿は共感も感動も湧くてなもんだけど、そんなに入れ込んでも良いの... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第37回「龍馬の妻」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
寺田屋騒動。龍馬に襲いかかる捕り方。瀕死の状態で伏見薩摩藩邸に運ばれた龍馬。寺田屋にも詮議。おりょうは口移しで水を飲ませる。意識を取り戻した龍馬。おりょうの呼びかけにこ... [続きを読む]

« 熱海の捜査官 #07 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic30「ロマンティック・エリ」 »

作品一覧