2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 龍馬伝 #39「馬関の奇跡」 | トップページ | 2010年9月の読書 »

2010年9月30日 (木)

2010年9月のまとめ<2010年夏クールのドラマ・まとめ>

急に涼しくなってきました。もう10月ですものね。
夏物と冬物の入替えを大急ぎでやっつけました。

※「自己紹介のようなメモ」にも書いておりますが、ドラマに関するものであれば、以前書いた記事も含め、いただいたTBには必ずお返しするようにしています。
しかし、うまく飛ばない場合もあります。

改めまして、この場にてお詫びとお礼を申し上げます。

以下は初回から最終回まで感想を書いていて、今期で終わったドラマです。 
各作品のタイトルは最終回の感想、もしくはまとめ記事にリンクしています。

<連続ドラマ>

鉄の骨
天使のわけまえ
JOKER 許されざる捜査官
ホタルノヒカリ2
GOLD
うぬぼれ刑事
熱海の捜査官
GM~踊れドクター
ゲゲゲの女房
仮面ライダーW

<継続中>

天装戦隊ゴセイジャー(継続中) 
仮面ライダーOOO(継続中)
龍馬伝(継続中)

<単発ドラマ>

歸國
15歳の志願兵
妖しき文豪怪談

初回から最終回まで、視聴はしていましたが、感想を書いていないドラマ。

「逃亡弁護士」
原作未読です。
時間的に余裕がなくなったため、感想は途中でリタイアしましたが、最終回前あたりから、ドラマのテイストがわかってきたためか、結構楽しんで見ていました。

ツカミに失敗したドラマだと思います。
真船の真意を隠したり、小早川の話をひっぱったりしないで、成田が逃げ続けられる理由を最初に明かした方が良かったのでは。例え真船の真意がわかっても犯人及び黒幕探しは終わらないのだから、支障はなかったように思いました。原作があるので、大幅な変更は出来にくかったとは思うのですけれども。
そういった前提の下に、主人公周辺の人間関係を整理し、逃亡中に触れ合う人々を助けるエピソードをシンプルに重ねていけば、随分違った印象になっただろうと。少なくとも、逃亡中なのになんて無防備な、なんていう突っ込みは減ったと思うのです。
上地さんの表情がどんどん弁護士らしくなっていったのが印象的でした。

「もやしもん」
原作未読です。
最後までお馬鹿なドラマでした。(笑)
途中から主役が長谷川になっていたようにも見えましたが、好きなキャラですので、気になりませんでした。
捉えどころのない樹教授の大人物ぶりや、樹ゼミのみんなはもちろん、会長を守り抜くいじらしいUFO研など、最後までゆるく楽しませてもらいました。
最初の頃は、菌たちの声が聞き取り辛かったのですが、だんだん改良されていったようです。
沢木の菌が見える能力があまり発揮できないまま終わったのはちょっと残念。もう少しこのお馬鹿で能天気でちょっと汚い(笑)農大生たちのキャンパス・ライフを見ていたかったです。

総括として。

大物ライターさんの作品が集中したクールでした。それぞれの個性は発揮されていたと思います。
その他の作品も水準が高かったように感じました。

一番印象に残ったのは「熱海の捜査官」。
問題作でしたし、好みは別れるでしょうが、カルトっぽさで伝説になるかと。
「ホタルノヒカリ2」は文句なく楽しいドラマでした。
「うぬぼれ刑事」はクドカン作、ということで、期待される中、健闘したと思います。

恐らく、この3作が人気投票の上位に来るだろうと思います。

正統派ドラマとして深く印象に残ったのは「鉄の骨」。
描きにくい世界をスリリングに見せた脚本、演出、キャストでした。ミニシリーズではありましたが、今期の中で一番、完成度が高かったと思います。

個人的に一番好きな作品は「GM~踊れドクター」です。
完成度は上記の作品に劣るかもしれませんが、そういう惜しさも含めて、好きでした。
少し苦手だった主役の人を暖かく見守れたのに、自分でもびっくり。(汗)
チームワークが楽しめた作品でした。

「天使のわけまえ」小品でしたが、ほのぼのとゆったり、楽しめました。

「GOLD」野島作品はやはり肌が合わないようで、突っ込みまくりな感想を書いてしまいました。こういう世界を描く人は他にいないだろうなあ、とは思いました。

「JOKER 許されざる捜査官」特別編は見逃しましたが、突っ込みがいがあって(汗)、「熱海の捜査官」とはまた違った意味で、色々と推理を楽しめた作品でした。

「逃亡弁護士」は上に書いた通り。この枠、最近振るわないなぁ。

「ゲゲゲの女房」「仮面ライダーW」についてはクールごとの通常のドラマとは比較できないので、最終回の感想が全て、ということで。どちらも楽しく見続けられました。

○印象に残った女優さん
順当に綾瀬はるかさん、ということで。多部未華子さんも印象的だったのですが、ヒロインとしては一日の長があるかな、と。

○印象に残った男優さん
むむむ・・・難しいです。
長瀬さん、藤木さんはもちろん、ドラマの出来はともあれ、堺さんはさすがの存在感でした。
ここは、朝ドラとのあわせ技で向井理さん、ということに。ブレークした記念の年になるでしょうしね。

以上、あくまで、好みです。お許しくださいませ。

.

.

« 龍馬伝 #39「馬関の奇跡」 | トップページ | 2010年9月の読書 »

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年9月のまとめ<2010年夏クールのドラマ・まとめ>:

» 【平成22年度 夏期ドラマ総評】趣味に走... [見取り八段・実0段]
毎度お馴染みのちょ~独断と偏見の7月期クールドラマ総評です。昨日の「ジョーカー」のスペシャルを急用で見損ない、録画も間違えていたと言うショックから立ち直れません。。。今... [続きを読む]

» 2010秋ドラマ、何見よう? [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
夏もトラバ・コメント・ROM・・・どうもありがとうございました。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ大ヒットドラマはなかったけど、中ヒットは多かったかなここでは2010夏ドラマのまとめと、2010秋ドラマの視聴予定をお送りする。2010夏ドラマ、何見よう?【夏ドラ...... [続きを読む]

« 龍馬伝 #39「馬関の奇跡」 | トップページ | 2010年9月の読書 »

作品一覧