2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ゲゲゲの女房 第25週 | トップページ | 遅れます。 »

2010年9月24日 (金)

キングオブコント2010

以下、一お茶の間ファンの寸評です。
あくまで個人の好みですので、ご容赦くださいませ。

■1stステージ

1.TKO
ご焼香ネタ。「半年後にできるオモシロ話」はちょっとツボりました。持ち味が良く出ていて、手堅く面白かったです。最初の演者なので、点数が微妙だったのが気の毒。もしかしてよく演ってたネタなのかな?

2.ロッチ
指パッチンでいきなり寝てしまう、という催眠術ネタ。魔法合戦みたいで面白かったのですが、寝るリアクションをもう少しオーバーにしたら、もっとメリハリがついたような気がしました。

3.ピース
恐いけれどもほのぼのした、山姥ネタ。こちらも持ち味が良く出ていて、面白かったです。でもオチにちょっとインパクトがなかったように思いました。

4.キングオブコメディ
誘拐ネタ。メリハリが利いていて、コンビネーションもよく、ここまでで一番面白かったです。いつもは傍若無人なキャラの今野さんがちょっとビビる設定も面白かったです。どうしても今野さんのキャラが目立つのですが、高橋さんの「悪者」キャラもおかしくて、バランスが良かったと思います。

5.ジャルジャル
擬音だけで構成された、外国人にもうけそうなネタ。ただ、緊張していたのか、初め、少し二人の呼吸が合っていないようにも見え、一部、擬音が飛んだりするのが気になりました。

6.エレキコミック
生意気なガキが、本当にムカついた。(笑)
面白くないことはないけれど、空まわりしていたような気がしました。

7.ラバーガール
ちょっとすかした空気を持った、低血圧コンビ。ネコカフェがネタでしたが、こういったコンテストに必要な爆発力は感じなかったかな。また、オチがいまいちだったような気がしました。

8.しずる
シナリオの通りに進行する、ちょっとショートショート的な味わいのある個性的なネタで、面白かったです。「演技者」としての意気込みを感じました。

-----------------------

1stを終わった時点での順位

1.キングオブコメディ 908点
2.しずる 898点
3.ラバーガール 864点
4.ジャルジャル 829点
5.ピース 827点
6.ロッチ 826点
7.TKO 820点
8.エレキコミック 727点

キング・オブ・コメディが1位なのは納得。しずるも斬新で勢いがあったので順当かと。
しかし、ラバーガールが3位なのとTKOが7位なのは意外でした。

-----------------------

■2ndステージ

1.エレキコミック
1stの空回り感を払拭できなかったように思いました。ネタそのものより、リアクションが少し古臭く感じたのと、ツッコミが弱く、ボケが浮いているような気がしました。

2.TKO
適度に力がぬけていて、テクニックもあるし、安定してました。暗転のタイミングがずれたのは気の毒だったかも。1回目の点数が不当に低かったためか、今度は補うかのように高得点・・・だったように感じました。(汗)
ネタそのものは1回目のほうが面白かったように思います。

3.ロッチ
コカドさんは安定しているなぁ。ロッチの世界は良く出ていたと思います。

4.ピース
面白かった!毒がないのにインパクトがあるって素晴らしい。思いっきり馬鹿馬鹿しくて、笑った後に優しい気持ちになれました。ボケもツッコミもそれぞれ安定感が抜群、かつ新鮮な空気を感じました。これからもこの路線で頑張って欲しいです。何かファンになっちゃった。(笑)

5.ジャルジャル
うーん。1stよりもっと子供向け。インパクト優先というか。シュールな味はあるのだけど、「おばさん」連呼に頼らずに、おばさん自身がもっと笑いを生むツッコミやリアクションをしないと、世代を超えた笑いにはならいのでは、と思いました。

6.ラバーガール
コント上の「醒めた観客」と同じ気分になってしまいました。はいはい、ていう感じ。間の取り方も微妙だったし、ラバーガールならではの世界を表現していなかったように思いました。

7.しずる
1stで成功していた、芝居っぽい演技とお笑いのバランスが壊れたように感じました。これはもう、コントじゃないよね、という感じ。境界線は微妙なんですけどね、何と言うか、空気が。ネタそのものも1stの方が面白かったです。

8.キングオブコメディ
いつもの感じで、今野さんのキャラを前面に出したネタ。面白かったのですが、緊張していたのでしょう、ツッコミが噛んだりする部分もあり、力を出し切れてなかった気もしました。

-----------------------

2ndのみの順位。

1. ピース 942点
2. キングオブコメディ 928点
3. TKO 916点
4. ジャルジャル 898点
5. ラバーガール 830点
6. ロッチ 781点
7. しずる 772点
8. エレキコミック 720点

この回はほぼ納得できる順位だったように思います。
ロッチはもっといけると思ったのだけれども、ひょっとしたら普段の舞台よりできがよくなかったのかもしれない。仲間が審査すると、そういうところも採点されるように思いました。

-----------------------

結果の順位。

1. キングオブコメディ 1,836点
2. ピース 1,769点
3. TKO 1,736点
4. ジャルジャル 1,727点
5. ラバーガール 1,694点
6. しずる 1,670点
7. ロッチ 1,607点
8. エレキコミック 1,447点

"不運な"キングオブコメディ、優勝、おめでとうございます。
キングオブコメディは平均的に面白くて、実力通り、納得の優勝でした。特に1stが面白かったです。

逆にピースは1stが残念だったかな~。点数通り、全部のネタの中で彼らの2ndのネタが一番面白かったと思います。

「好みでしょうね~」@松本
去年は東京03がダントツでしたが、今年は実力伯仲だったと思います。特に2nd。
1stは自分が思わず笑ってしまった演目と順位にちょっと差がありましたが、これも好みでしょう。

回を重ねるごとにコンテストらしくなってきました。
他のコンテスト番組のようにカメラワークにイラつくこともなく、生中継をこなすダウンタウンの司会も安心して見れました。さすがです。

来年も楽しみです。
.

.

« ゲゲゲの女房 第25週 | トップページ | 遅れます。 »

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

@お笑いコンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングオブコント2010:

« ゲゲゲの女房 第25週 | トップページ | 遅れます。 »

作品一覧