2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーオーズ/OOO #01「メダルとパンツと謎の腕」 | トップページ | TBの調子が悪いです »

2010年9月 7日 (火)

GM~踊れドクター #08

公式サイト

「ひぃー」って何かと思ったら、「火」だったのね。(爆)

懲りずに今度は「ラメラメ詐欺」に引っかかりそうになる後藤。先週の「ファイアー先生」からまた格下げになってました。

以下、専門用語についてはよくわからなかったので、公式を参照して書きました。

今回の患者は、IT企業の若手社長、小島。いつものパターンで、一見嫌な奴、として登場しました。

消化器外科の井上医師に、がん細胞は見つからないものの、胸部CTで食道に大きな腫れが見つかったなどの理由から食道がんだと判断され、一週間後に食道切除の手術を受けることになります。一方で喘息らしき症状も訴えたので、ソウシンにまわされることに。

ファイアー後藤は、小島のCT画像を見て、食道の腫れが局所的でないことから、がんではない、と直感で言い切ります。
今まで後藤の勘が外れたことがないことから、ソウシンメンバーも信じることに。
しかし、食道がんの判断を下した井上は、町谷とは因縁の仲。加えてVIP待遇で名峰病院に出入りしているとか。
異議を唱えるのはかなり勇気がいります。
で、リーダーを自負している氷室と後藤が談判に行きますが、あっさり粉砕されます。
役に立たないなぁ。(爆)
氷室がヘタレなのはわかっていたけど、後藤も借りてきた猫状態だし。人と争うのが苦手なのかもしれない。

こうなったら、手術までに本当の原因を見つけるしかない。
ということで、いつものようにカンファレンスしながら、様々な可能性を探っていきます・・・氷室以外。

その合間に、こちらもメンバー決定までに一週間とせまったコンサートに、なんとかソウシンのメンバーを参加させようと、一人一人を説得してまわる桃子。
それぞれの弱みをつついてはいるのですが、「どうして私が。」と、結局全く相手にされず。
いや、木本はやる気まんまんだぞ。(笑)

結局、後藤のひらめきで、手術当日にHES(突発性好酸球性増多症)であることが判明し、食道切除を回避することができました。ステロイド投与などで症状は直るようです。

井上にがんではない。総合的な観点から病名を割り出していくことこそソウシンの役目、と告げた町谷。何かまた嫌味を言われるかと思いきや、「手術は患者の負担になる。いい仲間に恵まれたな」と。

あれ~、えらくいい人になってました。
以前、町谷の悪口を吹聴していたのは、判断ミスの責任を押し付けた後ろめたさの裏返しだった・・・ということにしておきます。(苦笑)
井上の言葉を聞いた町谷、そしてソウシンのメンバーたちの、とても嬉しそうな様子にほっこりしたので。

貧乏だった時に結婚し子供までいる妻を、成功した後、貧乏くさい、と言って捨てた小島。そんなんじゃ会社もうまくいかなくなるよ、とつい、思ってしまった。(汗)
しかし、がんだと告知されてから(違っていましたが)、自分が流されていたこと、そして失ったものの大きさに気づきました。
失ってみないとわからないものがある。

小島の境遇と自分を重ね合わせる後藤と氷室。

後藤は地方の大病院の息子だった。アイドルデビューに失敗した後、親の言うなりに医者になり、海外へ留学し、世界最高峰の総合診療医(GM)となってしまった、と後悔。小島を含め、皆さん、突っ込む気すら失せたようです。(笑)

氷室の方はしみじみ我が身を振り返っています。流され続けた人生を送った末に、妻に去られてしまった自分。

他のメンバーがソウシンに働く意義と居場所を見つけ、生き生きと働きだしているのに、氷室がだけうつろです。
そんな氷室の様子を見て、「君は本当は何がしたいんだ。」と、問うイノセント後藤←イノセントは自分が勝手につけました。

そうそう、何がしたいんでしょう?

何がしたい、と言えば、曽根がこそこそ動き回っています。リストに載っている院長の名を消したり、医者の顔写真入りのレポートを破ったり。
情報通の漆原は何か感じているようですけれども。

ソウシンの存在意義をアピールしつつ、氷室と小島をリンクさせることで、次回への伏線を張ったお話でした。あ、後藤もリンクしているのか。傍目からはちょっと違うように見えるのですが、本人はいたって真面目ですからね。

コネタ、例えば「時代の寵児」→「居酒屋兆治」→・・・などなどありましたが、ちょっとすべり気味だったかな?(汗)

あ、「僕の名前はボニー」(概略)の字幕はちょい、うけました。

今回はダンサーの説得に失敗するたびに舌打ちをするお菊人形がツボでした。うまいですね、舌打ちの仕方が。(爆)

後田もチームに加わる気になったようです。あの踊りで大丈夫かなぁ。(笑)

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7

« 仮面ライダーオーズ/OOO #01「メダルとパンツと謎の腕」 | トップページ | TBの調子が悪いです »

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GM~踊れドクター #08:

» GM~踊れドクター 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
IT系企業の社長・小島(袴田吉彦)を診察した井上(光石研)は、食道がんの可能性 が高いと判断し、早めの摘出手術を勧める。 だが、喘息のような症状も出たため、小島は総合診療科に回される。 後藤(東山紀之)は直感的に、食道がんではないと判断するが、はっきりとした根... [続きを読む]

» GM~踊れドクター 第8話 食道がん [レベル999のマニアな講義]
『食道がん』内容ある日のこと、週1回、井上洋介医師(光石研)が名峰病院に来ていると知る。VIP待遇できているらしい。その井上のいる消化器外科に、時代の寵児と言われるIT... [続きを読む]

» パラグアイに勝利&リボーン&踊れドクター [別館ヒガシ日記]
は戦で1対0で勝ちリベンジで 香川ゴールなど欧州組の動き良い感じも 次の7日に行われる戦も楽しみだよ [続きを読む]

» 『GM~踊れドクター』第8話 [もう…何がなんだか日記]
第8話「立ち上がった、無駄に顔の良いバカ2人が」バトンが一巡して、各人が少しずつ何かを掴んで>ヒムロン除くいつしか芽生えた連帯感、つーか絆を持ってして、今回は総診一丸とな... [続きを読む]

« 仮面ライダーオーズ/OOO #01「メダルとパンツと謎の腕」 | トップページ | TBの調子が悪いです »

作品一覧