2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« うぬぼれ刑事 #09「強火」 | トップページ | 2010年8月の読書 »

2010年9月 4日 (土)

熱海の捜査官 #06

公式サイト

また四十万新也に殴られていたレミー。
何か弱みを握られているようです。
それより、二人は異母兄妹だったんですね。新也は愛人の子。
「愛しく思う気持ちと憎らしく思う気持ち」
と、レミーに対する気持ちを表現しましたが、本当のところはどうなんでしょうか。あのバスに乗せないようにしたようではありますが?

クリーチャーは行方不明の手品師、蛇川だった。
クリーチャーになって人を脅かしていたのは、バス事件をおどろおどろしくしたかったから。
・・・・
それより、3年前に死んでることになっている件はどうなるのでしょう。

焼かれた絵はもう、どうでもいい?

旧寮から発見された椹木が書いた数式は「人間が踏み込んではいけない領域」、つまりラインを超えたもの・・・?

平坂と市長の関係にも裏があるようで。

東雲の記憶が戻りつつある?
彼女の両親は何者?

新宮寺は殺されたのではなく、事故だった。
行方不明になった他の3人が生きているのなら、殺人は起こってないことになります。

兄のヌードをスケッチしたレミー。何かわけがあるのでしょうか。
映画を再開したのは、何かと目立ちたがるレミーの意識をそらしたい父の思惑だと思うのですが。

相変わらず隠微なムードで満ちていました。
明かされた謎もあるけれども、それ以上に新たな謎がばらまかれたような気がします。ま、ミステリーの常套手段ではありますが。

北島がしゃきしゃき頑張ってましたが、頑張っていただけで。(笑)

後、2回。どうなるのでしょう?
思わせぶりな予告だったなぁ。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5

« うぬぼれ刑事 #09「強火」 | トップページ | 2010年8月の読書 »

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海の捜査官 #06:

» 熱海の捜査官 第六話 新宮寺は如何にして... [レベル999のマニアな講義]
『新宮寺は如何にして命を落としたか』“犯人わかりましたよ…失踪と第2の殺人!!内容バス運転手・新宮寺(山中聡)の海で水死体として発見された。状況から見て、物取りの犯行で... [続きを読む]

» 【熱海の捜査官】第6話 [見取り八段・実0段]
きゃ~~~。。。桂東さんっっっブラインド閉める前に窓の外をよく見てね事件じゃなくて事故ですね。これは魚と争った形跡だと思いますよ。新宮寺の死は他殺でも自殺でもなく事故だ... [続きを読む]

» もはや東雲さんよりレミーがマドンナと言っても過言ではないのだ(熱海の捜査官#5・6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『熱海の捜査官』東雲麻衣@さくら学院三吉彩花が、南熱海警察署まで走ってきた!!!駆けつけ3杯、天然水をね(爆)バスが消えた後、4人はバスから降りたですとということは、行方不明の生徒たちは、まだ生きてる可能性が・・・事件の再検証をする星崎剣三....... [続きを読む]

» BLEACH&疾風伝&うぬぼれ刑事&熱海の捜査官 [別館ヒガシ日記]
はウェコムンドのヤミー戦だけど 空座町へ一緒に戻るまでも 隊長の&&共演だが 流石に空座町の隊長より強そうだし オマケ最後7不思議... [続きを読む]

» 「熱海の捜査官」 第6話 新宮司は如何にして命を落としたか [トリ猫家族]
 さて・・・新宮司(山中聡)の死体を見て、泣き女のように絶叫する敷島( 藤谷文子)でしたが、その不自然さを自然に指摘する四十万(山崎賢人)。 「ねぇ、先生・・・そんなに泣く理由はないはずだよ」  北島(栗山千明)は、新宮司の死をバス消失事件と結びつけ、他殺....... [続きを読む]

« うぬぼれ刑事 #09「強火」 | トップページ | 2010年8月の読書 »

作品一覧