2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 天装戦隊ゴセイジャー epic28「おとうさんの宝物」 | トップページ | 仮面ライダーW 追記 »

2010年8月30日 (月)

仮面ライダーW 最終回

「Eにさよなら/この街に正義の花束を」

公式サイト

ついに最終回を迎えてしまいました。

最後まで依頼人と探偵、というフォーマットを崩しませんでしたね。
良くも悪くも、それがこのシリーズの全てだったと思います。

園崎家がなくなっても、財団Xが撤退しても、残っているガイアメモリを麻薬のように取引する連中が後を絶たない風都。

依頼人のシスコンの少年の姉はそんな連中に囚われていました。
そもそも姉が偶然見つけたガイアメモリを売ったことが発端、いわば自業自得というのがWらしいです。

ミュージアムは連中の伝説になっているようです。後を次ぐこと、すなわちカリスマになること。

懐かしいコックローチも登場しました。バイクにはねられていましたが。(爆)
悪のカリスマを気取っていたのは、サンタちゃんのお店(?)の店員。すっかり無視されているし。

Wの仕事はこれからも多そうです。

1年前にフィリップに体を渡した若菜が覚醒したときに何故錯乱したのか、シュラウドはいつ、どうして死んでしまったのか。
錯乱したのは若菜の時間だけ1年前から止まっていた、ということなんでしょう。なので目覚めた時にガイアインパクトになるパワーを求めた。
そして翔太郎からフィリップが死んだことを知らされたショックで1年前にタイムスリップした、ということでいいのでしょうね。←二度見してわかりました。(汗)

シュラウドさんは、最後までよくわかりませんでした。再会の場所が異空間ならば、ひょっとして園崎家が崩壊する前に死んでいたのかもしれない?
しかし、母として息絶えたことは事実。

「地球(ほし)の本棚」に勢ぞろいする園崎家。これは1年前の出来事なんですよね?

ライト、私の体をあなたにあげる。
人類の未来のために地球を変えるのは園崎の使命。でも、一番ふさわしのはわたしじゃない。
誰よりも優しいあなたよ、ライト。

園崎家は地球に選ばれた家族。

うーん、映像ではっきり描かれていないことを、セリフだけで説明されてもな~。大雑把すぎてわからない。(汗)
いや、もう、突っ込むのはやめておきます。

優しい表情の硫兵衛、初期のスタイルに戻った泣きじゃくる若菜、若菜を抱きしめる(涙)、冴子さん。その優しい眼差しが見れただけで、よし、ということで。(号泣)

なにより、フィリップが復活し、明るく大ラスを迎えれたことが、何より嬉しかったです。

だって年末に映画があるもんね、と思ったのは内緒。

翔太郎はハーフボイルドのままでいい。
ハードボイルドで世界を閉じてしまうより、ハーフボイルド、ヘタレな探偵として、フィリップ、照井竜、亜樹子、そして街のみんなが思わず助けてあげたくなる、そんな存在であり続けることで、街の平和を取り戻す和(輪)の中心になるのでしょう。

以下、総括です。

色んな謎も多く残りましたが、それはいつものこととして。

当初はライダーというより探偵物語?という感じでしたが、それも新鮮でした。これは「ドラマ」として期待できるな、と。

好感が持てた点は、潔いほど無駄な伏線を引っ張らなかったこと、2号ライダーの存在がいい感じで機能していたこと。

そして何より主人公達のキャラにブレがなかったことです。

1話1話の完成度の平均値も高かったし、先週の盛り上がりは最近のライダーの中では出色でした。
久々に1年間見続ける醍醐味を味わえたライダーです。

前回、最終回と、主役の桐山さん、菅田さん、お二人の成長を見届けれて、感慨深いです。木ノ本さん、山本さんを含め、今後の活躍を期待しています。

残念だった点もいくつかあるのですが、ひとつだけ書きます。

翔太郎の背景がほとんど描かれなかったこと。
おやっさんに出会う前はどんな生活をしていたのかを含めて、おやっさんと翔太郎の繋がりをがっつり描いたエピソードがなかったことです。←映画でそこそこ描いてあった、というのは認めない方向で。

でも、凄く孤独な奴なんだ、と感じさせる効果はあったかも。
だから風都のみんながほっとけないのかな・・・

最後、フィリップが戻ってきてくれて、本当に良かったです。

ハーフボイルド・・・明るいラストにも関わらず、心うずくというか、切ないのは、最終回だから、というだけでなく、翔太郎の孤独な身の上を勝手に想像してしまうからかもしれません。

とっ散らかった感想になってしまいました。(汗)

スタッフ、キャストの皆さん、お疲れ様でした。
1年間、楽しくかったです。ありがとうございました。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46 #47 #48 追記

« 天装戦隊ゴセイジャー epic28「おとうさんの宝物」 | トップページ | 仮面ライダーW 追記 »

△特撮:仮面ライダーW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW 最終回:

» いやぁ~良かった!! 仮面ライダーW 最... [やっほっほ~]
フィリップ(菅田将暉さん)が消えて1年、風都タワーは再建されたものの、若菜(飛鳥凛さん)は心を閉ざし、翔太郎(桐山漣さん)は不安を隠しきれない。再び風都に危機が訪れ... [続きを読む]

» 仮面ライダーW第49話「Eにさよなら/この街に正義の花束を」 [OPUS MAGNUM]
今回は第49話「Eにさよなら/この街に正義の花束を」。 ストーリーは仮面ライダーW第49話「Eにさよなら/この街に正義の花束を」で! 終わってしまいました…。 仮面ライダーW。 寂しい気もしますが、1年間楽しませてくれましたね。 前回の最後からフィリップが消えて寂しい展開でした。 左翔太郎もやせ我慢しているところが良く解りましたし。 そんな今の左翔太郎を鏡映しにしたような人物が今回の依頼人。 姉が居なければ何も出来ないと言う少年。 てっきり姉と弟という関係から園咲若菜とフィリップのことを言いた... [続きを読む]

» 仮面ライダーW 第49話(最終話)この街... [レベル999のマニアな講義]
『Eにさよなら/この街に正義の花束を』内容フィリップ(菅田将暉)が消えて1年。失ったモノが大きく傷が癒えていない翔太郎(桐山漣)それでもフィリップが残したロストドライバ... [続きを読む]

» 最終回は前回から一年後ってのは、平成ライ... [狂人ブログ ~旅立ち~]
 つー事で、「W」最終回。 いやいや、後半ちょっと駆け足な印象あったけど、最後はビシッと決めてくれたね。平成ライダーシリーズ中、屈指のバランスの良さだったんじゃないかな... [続きを読む]

» 仮面ライダーW 第49話「Eにさよなら/こ... [MAGI☆の日記]
仮面ライダーW(ダブル)の最終話を見ました。第49話 Eにさよなら/この街に正義の花束をフィリップが消えて1年が経ったある日、鳴海探偵事務所に晶という少年が訪れ、3日前から不明... [続きを読む]

« 天装戦隊ゴセイジャー epic28「おとうさんの宝物」 | トップページ | 仮面ライダーW 追記 »

作品一覧